彼氏が欲しいのに出来ない女性

「彼氏が欲しい。でも出来ない」

あなたはそんな風にお悩みではないですか?

以前、彼氏が欲しいのに出来ない女の子にありがちな10の特徴という記事をアップしました。

しかし年を重ねて、心と体が大人になるにつれ徐々に恋愛事情も変わってくるもの。

今回は【25歳以上】に限定して『彼氏が欲しいのに出来ない女性にありがちな8つのこと』を紹介します。

【1】忙しくて恋をする時間がない

時間的な余裕がない

好きな人からのメールの内容に一喜一憂したり、デートの前日に相手を思って眠れなくなったり。そうした一見無駄にも思える時間は、2人の恋の炎をより強く燃え上がらせてくれます。

しかし、精神的・時間的に忙しくて余裕がないときというのは、なかなかこうした時間を取ることができません。むしろ恋に振り回されることを「めんどくさい」と思ってしまいがち。

すると「ちょっといいかもな」くらいの気持ちからなかなか恋が進展しないまま、気づいたときには疎遠になってしまった……などということも起こりやすくなります。

たとえ相手の方が燃え上がっていたとしても、あなたの方が忙しくてタイミングが合わないことが続けば、相手もやがて「縁がなかったな」と諦めてしまう可能性もあり。

「恋がしたい」と思ったときには、まずは心と時間に余裕を作り出してみてください。仕事の都合などでなかなか難しい場合もあると思いますが、そうした中でも自分をいたわる時間を持つように心がけると、気持ちも少しずつ変わってきます。

【2】色々考えすぎて恋に慎重になっている

いろいろ考えてしまう

学生生活を終え社会人となった女性にとって、次の大イベントはやはり結婚。20代の半ば頃になると、同年代の友人にも結婚する人が出はじめるかと思います。

10代の頃はただ「好き」という気持ちだけで出来た恋。
長い目で人生を考えられるようになったからこそ、それ以外に求めるものが増えてしまうのも仕方がないかもしれません。

しかし「結婚するなら……」「子供のことをかんがえると……」「老後は……」などと色々なことを考えれば考えるほど、恋に踏み出せなくなってしまいがち。

慎重になるのは決して悪いことではありません。

しかし、ときにはそうした『頭の声』を無視して、自分の『心から湧き上がってくる気持ち』に忠実に行動してみることも大切です。

というのも、ほとんどのことは気持ちさえあれば乗り越えられるから。しかし逆にそうしたモチベーションがなければ、些細な出来事にも対処するのが億劫になってしまいます。あなたの『心』が喜ぶのはどんな相手でしょうか?

今一度じっくり自分と向き合ってみると、条件や建前を無視した、あなたにとっての『本当の理想の相手』が見えてくるかもしれません。

【3】人間関係が固定されてしまい新しい出会いがない

同じグループ

人は大人になるにつれて、良くも悪くも『居心地の良い人間』とばかりつるむようになってしまいがちです。すると、ストレスの少ない『楽しい時間』を過ごすことはできますが、新しい出会いは少なくなってしまうもの。

ときには普段はあまり接点のない人たちと交流をしてみましょう。『お一人様』になってみるのも、全く知らない人と交流するチャンスが生まれやすいのでおすすめです。

【4】焦って無理矢理に恋をしようとしてしまう

無理矢理好きになろうとしてしまう

「私もそろそろ彼氏を作らないとやばいかも」

仲が良かった友人が結婚したときや、子供が生まれた報告などと受けたとき。こんな風に思った経験のある人は多いのではないでしょうか。

しかし「早く恋人を作らないと」と焦り無理矢理に好きな人を作っても、自分が本当に心から好きになれる人でなければそれはなかなか幸せな未来にはつながりません。「これでいいのかな」「もっといい人がいるかも」という気持ちも沸き起こりがちだし、何より焦る気持ちが先立って、恋愛を楽しむ心の余裕がなくなってしまいます。

恋愛のタイミングは人それぞれ。焦る必要は全くありません。若くして結婚した人には良い面もあれば、やはり苦労する面もたくさんあります。隣の芝生は青く見えるもの。焦らず誰かと比べたりせずに、自分のペースで恋を楽しんでみてください。

【5】恋活・婚活に疲れてしまった

婚活に疲れてしまった

「なんか……別に恋とかよくない?」

恋活・婚活を頑張っている女性ほど、ときに徒労感からこうした気持ちに襲われがちです。

恋愛はとても多くのエネルギーを使うもの。誰かを好きになったり、誰かから好かれたり、期待したり落ち込んだり、すれ違ったりぶつかったり。そんな日々が続けば、疲れてしまうのも当然のことです。

そんなときにはあまり無理をせずに、恋愛のことを忘れ、1人の時間や女友達との時間を大切に過ごしてみてください。無理をして恋活や婚活を続ける必要はないけれど「もう恋なんていらない」と投げ捨ててしまう必要もないからです。

おすすめなのは「ちょっと放置」してみること。
肩の力を抜いてリラックスすると、また違った視点でものをみることができ、それまで動かなかった物事が動くようになるかもしれません。

【6】恋愛に対する憧れが薄れてしまった

恋愛への憧れ

恋愛には、良い面もあれば悪い面もあるもの。
自分自身の体験や人から聞いた話で『恋愛のダークサイド』にうんざりしてしまった女性もいるかもしれません。

こうなると好きな人を作ったり、恋愛をすること自体が億劫になってしまいがち。

ちょっといい感じになった異性がいても、自ら関係を壊すようなことをしてしまう場合もあります。具体的にはメールのやり取りをしていた男性がいても「どうせ浮気をしてどこかへ行ってしまう」などと想像し、一方的にやり取りを打ち切ってしまう……など。

本人が意識している場合も無意識の場合もありますが、『恋愛』そのものに対して不安や恐怖を抱いているのであれば、それを意識して塗り替えて行くことが大切です。確かに恋愛には、喧嘩やすれ違いによるダークサイドもありますが、そうではない部分もたくさんあるのです。

これからする恋愛がどんなものになるか。
それはまだ、誰にも分かりません。どんな関係を築きどんな恋愛をするかは、あなたとあなたの恋人の行動によって決まります。未来はあなた次第で変えることができるのです。だからこそ、ダークサイドだけをみて恋にうんざりしてしまうのではなく、ぜひ勇気を出して、恋に飛び込んでみてください。

【7】似たような女友達が周りにたくさんいる

女友達

恋人ができない女性の周りには、同じように恋人ができない女性がいます。なぜかというと、やっぱり同じ境遇の友達と過ごすのは居心地が良いからです。また、そうした存在は、大きな安心感を与えてくれます。

しかし、それゆえにその状況に慣れてしまうと、今度はそこから抜け出すことが怖くなってしまうもの。また、友達を残して恋人を作ることに罪悪感を覚える場合もあると思います。

ズバッと断ち切ってしまえば良いのですが、なかなかそうも出来ないもの。

そんなときにおすすめなのは、とにかく全力で周りの友達の幸せを願うことです。

人間というのはなんだかんだで自分を基準に物事を考えています。自分が「取り残されるのが嫌だな」と感じていると周りからも同じように思われているように感じてしまうし、逆に「ぜひ最高の恋をしてほしい」と思っていれば、周りの友達も同じように自分の恋を応援してくれているように感じるものです。

「そろそろ今の環境から卒業したいな」と思うときにこそ、人のことを応援する。意外かもしれませんが、その行為自体がが自分の背中を押すパワーにもなります。

この方法はとてもおすすめなので、周りも似たような友達ばかり……という女性はぜひ行ってみてください。

【8】恋愛よりも大切なものがある

もっと大切

年を重ねるにつれて、任される仕事が増えたり、私生活でも自分でコントロールできるものも多くなると思います。また、親のありがたみも分かってきたり、気心が知れた友達との時間がいかに貴重かということを知ったりと、自分が持っているものの価値に改めて気づいたりするもの。

『それらを失いたくない』という気持ちが、新しい何かを始めることにブレーキをかけてしまう場合もあります。

大切なものが増えるのは、素晴らしいこと。
今あなたがたくさんの大切なものに触れられているのは、それだけあなたが大きくなったからです。

「これ以上は守りきれない」と感じることもあるかもしれません。でも、ぜひ欲張ってください。大丈夫。あなたはまだまだ、これからたくさん成長します。成長すればするだけ、両手に抱えられるものは多くなります。

もちろん、無理に恋をする必要はありません。「別にいいや」と心から思うのであれば、それはそれ。

でも「恋もしたい」と思うのであれば。自分自身の可能性を信じて、ほんの少しだけ勇気を持って恋愛にも手を伸ばしてみてください。きっとその恋はあなたをますます成長させ、あなたに大切なものを与えてくれますよ。

出来ることから少しずつ

いかがでしたか?

人にもよると思いますが、25歳を過ぎたあたりから、年齢のことを考えるとどうしても焦る気持ちが出てきてしまったり、不安になることもあるかと思います。

でも、今の自分の年齢をどう考えるかは、その人次第です。10歳の小学生からすれば「20歳過ぎたらもうおばさん」かもしれませんが、80歳の人からすれば「30歳なんて子供と変わらない」かもしれません。それはどちらが間違っているか正しいかということではなく、10年しか生きていない人と80年生きた人とでは感じ方が違うだけです。

私たちは、自分が過去に持っていた年齢のイメージを、今の自分にも重ねてしまいがちです。

だからこそ、考えてみてください。
今のあなたは若さに溢れ、たくさんの時間を持っています。それはとても素晴らしいこと。

「年齢が……」と焦って過ごすのは、なんだかとてももったいないことな気がしませんか?

あなたのペースで、焦らずじっくり。恋も人生も楽しんでください。

いつも温かい応援、ありがとうございます。
あなたの毎日がますます充実したものになりますように……☆