恋人募集中のサイン

ちょっといいなと思う人が現れたとき。
まず最初に気になるのは、相手に恋人がいるのかどうか。

これが分からないことには、恋を始めることすらも出来ません。

だからこそ「彼氏が欲しい」と思っているときには周りの異性にフリーであることを知ってもらうのがとても大切。

今回はその方法を紹介します。

【1】やんわりとフリーであることを匂わせる

フリー

一番確実なのは言葉で「彼氏がいない」と伝える方法。

とはいえ、「彼氏が欲しい」「モテたい」と毎日のように呟いていては「男に飢えている」「男から相手にされていない」などとネガティブな印象を抱かれてしまいかねません。

それを避けるためには、まず彼氏募集中のアピールは最小限に留めること。

そして、気になる異性と恋愛系の話題になったときに「今年は恋がしたいな」などのやんわりとした言い方で、彼氏がいないことをアピールするのがおすすめです。

相手があなたに気がある男性の場合、高確率で「今は彼氏がいないの?」などと探りを入れてきます。そのときにははっきりと「いない」と口にしましょう。より良い印象で恋人募集中だと伝えることができます。

【2】飲み会やアウトドアなどの男女混合のイベントに参加する

合コンや飲み会やイベント

『彼氏がいる=男と遊ばない/忙しい』などのイメージを持っている男性も多いです。

なので、男女混合の『合コン的なイベント』に参加することで「フリーなのかな」と思われやすくなります。

逆に、普段から飲み会やイベントを断ってばかりだと「彼氏がいるから忙しいのかな」と思われがち。毎回参加する必要はありませんが、「彼氏募集中」と周りに知ってもらうためには、時々はこうしたイベントに参加することも効果的です。

【3】男性がアピールしやすいように隙を作る

隙を作る

「隙って何?」と思ったら確認しておきたい7つのポイントでも紹介したとおり、恋愛を円滑に進めるためには隙を作ることがとても大切です。

  • 困ったときに異性に頼る
  • お酒に酔って異性に甘える
  • スケジュールが空いていることをアピールする

やりすぎには注意が必要ですが、これらの行動も周りに「彼氏がいない」と知ってもらうためには効果的です。

【4】自分からも気になる異性にアピールする

好意を伝える

気になる人ができたとき。
遠慮なくアピールできるのはフリーの特権です。

  • メールやラインにハートマークをつける
  • 「カッコイイ」「素敵」などの言葉で好意を匂わせる
  • 軽くボディタッチをする

など、こちらもやりすぎには注意が必要ですが、こうした思わせぶりな態度をとることも『恋人募集中のサイン』になります。

いかがでしたか?

「彼氏が欲しい」と思ったとき。
「ちょっといいな」と思う人ができたとき。

今回紹介した4つのことを意識してみてください。男性もあなたに対してアピールしやすくなりますよ。

いつも温かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋が素敵な未来につながりますように……☆