会話で好きな人との距離を縮める方法

好きな人と話をするとき。

「何を話そう?」「話しかけたいけど会話のネタがない……」「楽しく話したいけど面白い話なんて出来ない」などと悩んだ経験をお持ちの方は多いと思います。

しかし、実は他人との距離を縮めるためには『自分が何を話すか』よりも『相手の話を聞くこと』がとっても大切。今回はその3つの理由を解説します。

【1】人は『話を聞く』よりも『話をする』ほうが楽しい

自分が話す方が楽しい

意外かもしれませんが、人間は『人の話をきくこと』よりも『自分が話すこと』に楽しみや喜びを見出す生き物だと言われています。

だからこそ、飲み会や女子会などでは多く喋った人ほど満足感を得やすいもの。逆に人の話を聞いてばかりだった人は「あの人は自分の話ばっかりしていたな」などとあまり満足感を得られない場合も多々あります。

中には「口下手だから話すのが苦手」という人もいますが、そういった人も心の中には「話したい」「自分の話を聞いて欲しい」という欲求を抱いているもの。相手に心ゆくまでおしゃべりをしてもらうことで、「楽しい時間だった」と感じてもらいやすくなります。

【2】人は『自分の話を聞いてくれる人』に良い印象を抱く

自分の話を聞いてくれる人

  • 自分の話に興味を持ってくれる
  • 自分の話を楽しそうに聞いてくれる
  • 自分の話をきちんと覚えていてくれる

こんな相手に対して、多くの人は「自分のことを受け入れてくれている」「自分のことを尊重してくれている」といった、とても良い印象を抱きます。

【3】自分語りは相手の「気になる!」をなくしてしまう

自分語りはむしろ逆効果

逆に「話すことがないから」と自分の話ばかりをしてしまうのには要注意。その場の間は持つかもしれませんが、先に紹介していたように『相手が話すタイミング』を奪ってしまうことで、相手は満たされなくなってしまいます。

また、聞かれてもいないのに『過去の恋愛遍歴』『家族構成』『趣味や特技』などの自分の情報を喋ってしまうと、相手の心の中にあった「この子のことがもっと知りたいな」という気持ちは風船のようにシュルシュルとしぼんでしまい、あなたへの関心も薄れてしまいます。

相手に『話させる』ことで距離は縮めやすくなる

片思いの彼との距離

いかがでしたか?

以上の理由から、相手との距離を縮めたいときには、自分が話すのではなく『相手を中心とした会話』を心がけることをお勧めします。

  • 「それで?」「どうなったの?」と続きを促す
  • 「うんうん」と興味深く話を聞く

などを心がけると、相手も話がしやすくなります。自分も「何を話そう」と悩むこともなくなるので一石二鳥!(「もっと話したいな」と思うのはこんな女性!彼の心を掴む5つの会話テクニック)

気になる人と距離を縮めたいときには、ぜひ参考にしてみてください。

いつも温かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋が上手く進みますように……☆