メラビアンの法則って?

好きな人ができたとき。

「どんなことを話そう」「なんて話しかけたらいいだろう」と悩んだ経験をお持ちの方は多いと思います。私も、長い片思い期間中に幾度となくこの悩みを経験してきました。

しかし、アメリカの心理学者であるメラビアン氏が打ち出した法則によれば、実はこの悩みはあまり意味がないことなのだとか。今回はその理由とともに『メラビアンの法則』を駆使して会話中の相手のハートを掴む方法を紹介します。

人が『話の内容』から受ける印象はわずか7%

話の内容は7%

メラビアンによれば、人が会話中の相手から受ける印象というのは『身振り』から55%、『口調』から38%、そして『話の内容』からはたったの7%なのだとか。

これはつまり、話しの内容そのものよりも、そのときの相手の表情や声のトーンなどの『それ以外の要素』から大きな影響を受けるということ。同じ「今日はいい天気ですね」という言葉でも、相手がしかめ面をしているか、それともニコニコと微笑んでいるかでは印象が全く違ってくるのです。

相手に良い印象を与えるコツ①『表情』を良くしよう

表情が与える印象

好きな人と話をするときというのは、自分がどのような言葉を口にするかということにばかり意識が向いてしまいがち。

しかし『メラビアンの法則』を基準に考えるのであれば、意識すべきは『会話の内容』よりも『会話中に自分がどのような表情をしているか』です。

緊張から表情が強張ってしまったり、「歯に青海苔が付いていたらどうしよう」という不安からあまり笑顔を見せられなかったりもするものですが、『無表情』を作ってしまうのは「あなたと話していても楽しくありません」というメッセージを伝えているようなもの。

好きな人と会話をするときは、笑顔を心がけてみてください。

相手に良い印象を与えるコツ②喜びや楽しさを表現しよう

身振りが与える印象

表情だけではなく、体の動きで『相手への関心』や『説び』を表現することもおすすめです。

  • 相手の話に大きく頷く
  • 「会えて嬉しい」と言いながらピョンと飛び跳ねる
  • 「行かないで」と言いながら相手の服の裾を軽く引っぱる

キャラクター的な合う合わないはあるかと思いますが、ただ言葉で伝えるだけではなく、こうした『動作』を加えることで相手にはより気持ちや感情が伝わりやすくなります。

相手に良い印象を与えるコツ③明るく楽しい喋り方をしよう

口調が与える印象

どんよりとした声のトーンで「おはよう」と言われるのと、明るいトーンで「おはよう」と言われるのでは受け取りての印象は全く違ってきます。

「あの子と喋っていると楽しい」と感じてもらうためには、明るくて楽しいトーンを心がけるのがおすすめ。

声のトーンなんてどうやって作ればいいの? と思うかもしれませんが、声色というのは表情とリンクしています。笑顔で明るい表情を心がけると、自然と声色も明るくなりますよ。

『メラビアンの法則』で彼との距離を縮めよう!

いかがでしたか?

なんとなく、自分自身の体験にも思い当たる部分を見つけられた方も多いのではないでしょうか。

また、人は『自分の話を聞いてくれる人』に対してとても良い印象を抱きます。(参考記事:『話を聞くこと』で好きな人との距離が縮まる5つの理由

「気になる人と距離を縮めたい」と思っているときには、ぜひ参考にしてみてください。

いつも温かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋が上手く進みますように……☆