彼氏をもっと夢中にさせたい

もっと夢中にさせたい

「優しくて大好きだけど、向こうから積極的に誘ってくれることがない」

「本当に自分のことが好きなのか、時々不安になる」

そっけない彼氏に対して、そんな不安を抱いたことのある女性は多いと思います。そしてそんなとき「彼氏が私に依存してくれたらいいのに!」と思った経験のある人もいるのではないでしょうか。

今回は『彼氏をあなたに依存させる3つの方法』を紹介します。

依存させるためには『快楽』と『不快』を強める

人がそのものに依存するには、なんらかの欲求を満たしてくれる、心に『快』を与えてくれる要素と、それがなくなったときに、不安や苦痛といった『不快』な要素が必要です。それらが強ければ強いほど、「もっと欲しい」「なくてはダメだ」という気持ちは強まります。

彼氏を『彼女依存』にさせる6つの方法

【1】男としての欲を満たす

男としての欲を刺激

胃袋で掴む……体でつなぎとめるなど、方法は様々ですが、もっとも効果的なのは『精神的な意味での男としての欲』を満足さることです。

  • 頼る
  • 褒める
  • 尊敬する
  • 特別扱いをする

これらの行動は彼の心から不安を取り除き、逆に快楽を与えます。日頃から積極的に行うようにしましょう。

【2】『なくなってしまうかもしれない不安』を与える

失うのは嫌だ

『いつでも手に入る状態』よりも、『気を配っていないとなくなってしまう可能性がある状態』の方が、そのものに対する欲求は高まります。

恋人を不安にさせる3つのテクニックで紹介したような行動で、ときどきは彼を不安にさせるのも効果的です。

【3】『おあずけ』する

待って!

テレビドラマは、必ず『一番いいところ』でCMが入ります。すると不思議なもので「見たい!」という欲求は、CMが入る前よりも高まるのです。

デートに行っても『お泊り』は毎回はしないなど、ときどき敢えて『手に入らない状態』を作り出すと、彼のあなたへの欲求を高めることができます。

さじ加減が重要

ほどよく使ってラブラブに

いかがでしたか?

恋人を『彼女依存』にさせたい!と思ったときには、今回紹介した3つの方法がおすすめです。

ただし、さじ加減を誤ると束縛を招いたり、逆に浮気を誘発してしまう可能性もあるので『ほどほどに』を心がけてくださいね。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋がますます充実したものになりますように……☆