夢の中で好きな人に会いたい

好きな人の夢を見るためには

「彼氏と会えない日が続いてる。せめて夢の中だけでも会いたいな……」

そんな風に「好きな人の夢がみたい」と思った経験が、あなたにもあるのではないでしょうか?

一見、手の届かない世界の出来事のように思える『夢』ですが、ある程度は自分でコントロールすることが出来ます。

今回は『好きな人の夢を見る5つの方法』を紹介します。

好きな人の夢を見る5つの方法

【1】枕の下に写真を置いて寝る

まずは写真を枕の下に忍ばせる

特定の夢を見るためには、そのイメージを持つことが大切。

枕の下やベッドサイドに、写真や思い出の品など『好きな人に関連するもの』を置いておくことで、意識しやすくなり、夢を見る確率も上がります。

【2】眠るまで妄想を続ける

そして心ゆくまで妄想!妄想!妄想!

睡眠の直前に、夢のようなものをみた経験のある人は多いのではないでしょうか?

あれは、脳が『眠り』に引き込むために見せているものなのだそうです。

布団に入った後に好きな人とのデートをイメージすることで、それをそのまま夢につなげることが出来ます。

【3】良い気持ちになる

リラックスして最高のコンディションを作り上げる

不安なことがあったり、体調が悪い時には悪夢を見やすくなります。なるべく快適に眠れるように工夫しましょう。

  • ゆっくりお風呂に入る
  • アロマを焚きながら寝る
  • 暖かい飲み物を飲む
  • 昼のうちに布団を干しておく

こうしたことをしておくと、心地よい気持ちで眠ることができ、楽しい夢を見やすくなります。

【4】宣言する

自らを律するために宣誓をする

寝る前に「明日は6時に起きるぞ」などと宣言すると、宣言しない場合よりも時間通りに起きやすくなるのをご存知でしょうか?

『思ったこと』は、言葉にして口から発し、耳で聞くことで、より『重要なこと』として脳にインプットされるのだそうです。

「◯◯の夢を見るぞ」と宣言することで、あなたの脳はそれが『重要なこと』なのだと判断します。それによって、好きな人の夢が見やすくなります。

【5】メールや電話をする

実際にやりとりするのも効果的

実際にやりとりをするのもおすすめです。

ただ、メールをしていた場合などは、夢の中に出てくるのも『携帯画面』になってしまう可能性があるので、やりとりをしている最中も、相手の顔や声を思い浮かべましょう。

やり過ぎには注意

いかがでしたか?

夢は『想像』で出来ているものなので、イメージを強く、鮮明に持つことで、その夢を見やすくなります。

ただ『【危険な脳内恋愛】妄想の激しい女性になかなか彼氏ができない3つの理由』の記事で触れたように、妄想で恋を盛り上げてしまうと、現実での恋が難しくなってしまうので、やりすぎには気をつけてくださいね。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋がうまく進みますように……☆