「ときめき」を取り戻す方法

  • 最近心の底から笑っていない気がする
  • ずいぶん長いこと恋をしていない
  • いつも「何か楽しいことがないかなぁ……」と思っている

もしかすると、あなたも今こんな状況にお悩みかもしれません。

「ドキドキが欲しい!」とは思っても。学校や仕事が忙しくてなかなか時間が取れなかったり、たまに休みの日があっても疲れて家で寝てしまったり、気楽に過ごせる『いつもの友達』と遊んでしまったりと、なかなかきっかけを見つけられないもの。

今回は『心のときめきを取り戻す5つの方法』を紹介します。

【1】『新しいこと日記』を始めてみる

新しいこと日記

実は私、メンタリストのDaiGoさんのファンです。どこが好きって顔が好きなんです。

そんなDaiGoさんが著書『ポジティブ・チェンジ』の中で紹介しているのが、毎日『新しいこと』を1日3つ、日記につけるという方法です。

これを実践してみると分かるのですが、『新しいこと』って意外と、全然やっていないんですよね。

いつも冷蔵庫に入っているだいたい同じものを食べて、同じ電車に乗って、同じ場所に言って、同じ人と会話して、同じことを繰り返して……。

子供の頃は毎日が新しいことばかり、チャレンジの連続だったのに。いつの間にかこうした『同じような毎日の繰り返し』のループに突入してしまっている人は多いのではないでしょうか。

1日3つ、日記に新しいことを書くことで、日常の中で『新しいことにチャレンジしよう』という意欲が生まれます。

  • 食べたことがないカップラーメンの銘柄に挑戦する
  • いつもは挨拶しか交わさない人に自分から話しかけてみる
  • 新しいルートで通勤・通学をしてみる

などなど、何でも良いのです。ぜひ『新しいこと』を見つけてみてください。最初のうちは3つも見つけられないどころか、「1つも新しいことがなかった……!」なんて日もあるかもしれませんが、メゲることはありません。続けていくうちに、あなたの生活にはどんどんときめきが増えていきます。

ワクワクした気持ちやドキドキの興奮を生活に取り入れる、おすすめの方法です。

【2】『褒め日記』をつけてみる

褒め日記

続けて紹介するのは『ほめ日記』をつけることです。

これは手塚千砂子さんが提唱している方法です。

やり方は簡単。『自分を自分で褒めてあげる』だけ!

  • 雨の中会社に行ってえらい!
  • 苦手な人とも会話をしてえらい!
  • 新しく買った服はとても爽やかで素敵!

などなど。他の人からすると『当たり前』のようなことでも、自分が頑張ったのならぜひ褒めてあげてください。

実践すると、心の中にじんわりと『喜び』が広がっていくのが感じられるはずです。この喜びは、日常生活の中で大きな勇気とパワーになります。毎日をより積極的に過ごせるようになる、おすすめの方法です。

そう時間がかかるものでもないので、『新しいこと日記』と並行して行うのも良いと思います。

【3】『自分を喜ばせる時間』を作ってみる

自分を喜ばせる

あなたは『自分へのご褒美』を上手に与えられていますか?

『ストレス発散方法』と言い換えても良いかもしれませんが、真面目でストイックな性格の人ほど、こうした『自分へのご褒美』や『日常生活の中でのストレス発散』を軽視しがちな傾向にあります。

「休みなんていらない!」と働きすぎてしまったり。「将来のため!」と交差費や食費すらも惜しんで貯金をしたり。あるいは『完璧な母親』『完璧な先輩』『完璧な恋人』などを無理して演じようとしてしまったり。

それ自体が楽しいのならまだ良いのですが、それでもやはり『ストレス』は溜まるものです。ストレスを無視し続けていればやがて『なんとなく集中できない』『なんとなくやる気が出ない』『なんとなく物足りない気がする』などの状態に陥ってしまいます。

これらは全て体からの「休憩させて〜!」というサイン。無視して同じような生活を続けていると、やがて体を壊してしまいます。

心当たりのある方は、ぜひ生活の中に『自分を喜ばせる時間』を作ってみてください。これは仕事などのように『頑張れば達成感が得られるもの』ではなく、読書や入浴などの『それ自体がリラックスにつながるもの』がおすすめです。ときにはお金や時間を『今の自分のため』に使ってあげることも、充足感を得るためには大切なことです。

【4】家族や恋人に「大好き」と言ってみる

「愛してる」と伝えよう

「言わなくても伝わっているはず」とは思っても。やはり言葉にして伝えることで、その気持ちをきちんと認識することができます。

家族や恋人、大切な友人にあなたの気持ちを伝えてみましょう。

「いつもありがとう」「友達になれて嬉しいよ」などなど。
「誕生日でもないのに恥ずかしい!」と思うかもしれませんが、1年の中で特別な日は何も誕生日やイベントだけではありません。『今日という1日』は、たくさんの奇跡の上になりたった、かけがえのない1日です。

そんな『特別な日』に、気持ちを込めたメッセージを届けてみてはいかがでしょうか?

【5】『面倒なこと』を始めてしまう

面倒なことをやってしまおう

  • 眼科や歯医者に行かなきゃいけないなと思っている
  • お風呂の掃除をしなきゃいけないなと思っている
  • コートのボタンが取れたまま放置している

あなたの周りにはこうした『めんどくさいこと』が放置されていませんか?

この『面倒だけれどやらなければならないこと』が頭に引っかかっていると、なかなか『やらなくてもいいけどやりたいこと』『やってみたいなと思っていること』にまで手が回りません。

『面倒だけれどやらなければならないこと』があるなら、今すぐやってしまいましょう。それを終えると気持ちが軽くなります。気持ちが軽くなると、新しいことや楽しいことにも目が向きやすくなります。

疲れたときにはまずはたっぷり休息を!

いかがでしたか?

【3】でも紹介した通り、「なんとなく元気がでないとき」というのは、体が疲れているときでもあります。そんなときに『楽しいこと』を麻薬のように与えつづけようとしても、それはすぐに枯渇し、体もますます疲れてしまうもの。

「最近あんまり楽しくないかも」と感じるときには、まずは疲れた体をたっぷり休めつつ。今回紹介した5つのことを取り入れてみてください。きっと、あなたの生活に『ときめき』を与えてくれますよ。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの毎日がますます充実したものになりますように……☆