なかなか会えない彼氏

なかなか会えない彼氏への気持ち

彼氏と会える回数が少なすぎると、 会ったあとは好きだと思うけれど、しばらくしたら「もう会わなくてもいいや」と思う……。

『なかなか会えない彼氏』を持つ多くの女性が、こんな経験をしているのだそうです。

そしてそれが「別れようかな」という気持ちに発展してしまうこともしばしば。

会いたくて会いたくて仕方がなかったはずなのに、突然気持ちが冷めてしまうのはどうしてなのでしょうか?今回はその5つの理由を紹介します。

彼氏と会う回数が少ないと恋心が冷めてしまう5つの理由

【1】『会いたいと思う=苦しい』という状態を回避するため

寂しさを回避するため

『恋人に会いたい』という欲求を抱き、それが叶えられれば、それはその人にとって『快感』です。

しかし『恋人に会いたい』という欲求を抱いても、それがいつまでたっても叶えられなければ、それはその人にとって、非常にストレスが大きい状態です。

『会いたいけど会えない』のは苦しい。苦しみを回避する方法は、恋人と会うか、あるいはそもそも『会いたい』という欲求を抱かないようにすること。

意識的に「もう会わなくてもいいや」「会わなくても大丈夫」と自己暗示をかけるように、思い込もうとする場合もあれば、無意識のうちにそれをしてしまう場合もあるようです。

【2】『単純接触の原理』によるため

単純接触の原理

人間は、一度だけ目にしたものよりも、何度も目にしたものに対して好意的な印象を抱きます。これは『単純接触の原理』と呼ばれています。

なので、たまにしか会えない彼氏に対しては『レア感』や『特別感』は増して行きますが、純粋な『好き』という気持ちは薄れてしまいがちです。

逆に、好きな人をなんらかの事情で嫌いになりたいときには、とにかく接触を減らすのが効果的。

【3】『彼がいない状況』に慣れてしまうため

一人に慣れてしまう

人間は生きていくために、周りの環境に『適応』する能力があります。

ゆえに『彼氏がいない状況』という非常に辛く、寂しい状況にも次第に慣れてしまいます。

「別に会えなくてもいいや」と感じてしまったとき。それは、あなたが『彼氏がいない生活』に慣れてしまったことを表しているのかもしれません。

そんなときに、新しい出会いがあったり、身近な異性からアプローチされると、あっさりと心が動いてしまいがちです。

【4】脳が『会えない=好きではない』と解釈するため

脳がつじつまを合わせる

人間の脳は『つじつまを合わせようとする習性』を持ち合わせています。例えば、どうしても欲しかった商品が買えなかったときに「よく考えたらこれでよかったかも」「実際はたいしたことなさそうだったな」などと考えるのは、この習性によるものだと言われています。

なかなか会えない彼氏への恋心が冷めていると感じたときには、脳があなたの『恋心』を『どうでもよいもの』として書き換え、つじつまを合わせようとしている可能性も、考慮してみたほうがよいかもしれません。

【5】不安な気持ちになってしまうから

不安になる

意外かもしれませんが、人間は基本的にはネガティブな生き物です。というのも、この先に起こり得るあらゆる危機を想定しておくことは、自分の命を守るために大切なことだからです。

恋人と会えないとき、2人の今後の関係をネガティブ(別れる、上手くいかないなど)に考えてしまうのは、ある程度は仕方がないこと。しかしその状況が長く続いてしまうと、むしろ『それ以外の状況(ラブラブでいること、結婚することなど)』が思い描けなくなってしまいます。

すると、その恋はあなたにとって大切なものではなくなり、恋心が冷めてしまう場合もあります。

ラブラブをキープするためには『こまめな連絡』を!

いかがでしたか?

「彼氏のことが好きだったはずなのに、どうしてだろう……」と感じたときには、今回紹介した理由を思い出してみてください。

理由もなく恋人への気持ちが冷めてしまったことに罪悪感や疑問を感じることもあると思いますが、理由が分かれば、対処することも可能です。

恋人との関係を長続きさせるためには、こまめに会い、連絡を取り合うことが大切です。

ただ、あまりに密にコミュニケーションを取りすぎると、今度は逆にその状況に慣れ「会いたい」「欲しい」という気持ちが湧き上がりにくくなってしまいます(「飽きた」と感じてしまう)。

なのでラブラブな関係をキープするためには『ほんのちょっとだけ我慢』を心がけてみてください。ストレスは恋を破綻に向かわせますが、『ほど良いストレス』はむしろ、恋を長続きさせてくれます。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋が上手く進みますように……☆