メール送信のタイミング

メール送信のタイミング

あなたは、メールの着信音がなるとどんな気分になりますか?

「誰からだろう、楽しみだな」という気持ちになることもあれば、「寝ようと思ってたのに……誰だろう?」と、あまり嬉しく思わないこともあるのではないでしょうか。

24時間、いつでもどこでも送れるのが、メールの良いところでもあり、悪いところでもあります。

しかし、だからこそ、タイミングを調整することで相手に「居心地の良い相手」という印象を与えることも可能です。

多くの人が嫌がるタイミング

まず『メールをもらっても嬉しくないタイミング』を押さえておきましょう。

  • 朝の身支度で忙しいとき
  • 真夜中や眠る直前

この二つは、ほとんどの人があまり嬉しく思わないタイミングです。

とくに真夜中のメールは『非常識』という印象を相手に与えてしまう可能性が高いので、避けるようにしましょう。

狙い目は『通勤時』『昼休み』『寝る前』

前回の(74)相手がもらって嬉しいメールの作り方では、嬉しいメールの作り方を紹介しました。

しかし、せっかく「相手を喜ばせるメール」を作成しても、タイミングが悪いと読み飛ばされてしまったり、悪い印象を与えてしまう可能性があります。

メールを送るタイミングは『相手が暇な時間』を狙いましょう。

具体的には『通勤時』『昼休み』『寝る前』です。これらの時間は、1日の中では時間を持て余している可能性が高い時間帯なので、メールが好意的な印象になりやすいです。

返信時間は『相手の返信時間より少し長く』が基本

また、相手から送られた来たメールにすぐに返信してしまうのは避けましょう。

『相手がメールを送ってきた時間〜相手がメールを送ってきた時間×1.5』を目安にしておくと良いです。

例えば、相手が2時間後に返信をくれたのであれば、3時間くらいは時間を置いて返信しましょう。

お互いに疲れにくいペースでやり取りすることで、メールが長続きしやすくなります。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたに素敵な彼氏ができますように……☆