デートで迷子を発見したら

パパが迷子になった

休日や長期休みに、観光地に遊びに行ったとき。

「マ〜マ〜!」と泣きながらシャウトする子供を見つけ、戸惑った経験のある人も多いのではないでしょうか。

素直に駆け寄り、「どうしたの?」と話しかけられれば良いのですが、日頃子供と縁のない生活を送っていると、迷子の子供に声をかけるのは、なかなか勇気がいるもの。

助けてあげたいとは思っても「誘拐犯と間違われたらどうしよう」「もっと泣かれたらどうしよう」など、不安が頭をよぎってしまいます。とはいえ放置するのも気がひける……。

こんなとき、どのように対処したらよいのでしょうか?

今回は某テーマパークで働いていた経験を元に、『デート中に迷子の子供を見つけたときの4つの対処法』を紹介します。

デート中に迷子の子供を見つけたときの4つの対処法

【1】話しかける前に周りを観察する

まずは探そう

迷子の子供を発見したとき。ついつい駆け寄って抱きしめてあげたくなるかもしれませんが、その気持ちはぐっとこらえてまずは辺りを見渡しましょう。

親が実際にはすぐ近くにいるにもかかわらず、子供が「お母さんがいなくなった!」と勘違いしてしまった場合。あるいは、子供があまりにもわがままをいうので躾として置いていかれた場合(実際は親は子供に意識をやっている)。

これらの場合、他人が騒ぎ立てると余計に話がややこしくなってしまいます。

子供が親を見失ってオロオロしている場合には、少し離れた場所から「ママ、あの人じゃないの?」などと話しかけてあげましょう。「ママ〜」と言いながら駆け寄っていき、それで解決です。

ちなみに、迷子になる子供は『同世代の兄弟がいる』『同世代の子供・ママさんグループと遊びに来ている』場合が多いので、それを基準にすると探しやすくなります。

【2】基本は係員に引き渡す

迷子センター

『迷子の我が子とずっと一緒にいてくれた見知らぬカップルの美談』というのは、よくあります。

ですが、迷子を発見した場合、基本的には『一番近くにいる係員に引き渡す』が正解です。理由は3つあります。

  • 親が探しに戻ってくる可能性がある(発見現場から離れない方が良い)
  • 係員はトランシーバーなどで連絡を取り合っている場合が多い
  • 館内放送などで迅速に親を探すことができる

ショッピングモールや遊園地などの施設には『迷子センター』が用意されている場合がほとんどです。発見場所から近ければそこに連れていけば良いのですが、必ずしも近くにあるとは限りません。

もしも周りに係員がいなく、迷子センターも遠い場合は女性が子供と一緒にその場に待機して、男性が係員を探してくるのがベストです。

迷子の子供を見つけると、ついつい「一緒に探してあげたい!」という気持ちが湧いてくるかもしれませんが、あまり離れた場所に連れて行ってしまうと余計に親から見つけにくくなる可能性がある上に、子供は体力もないです。

また、すでに親が迷子センターに連絡して、待機している場合もあります。その場合、館内の係員には連絡が入っているか可能性が高いです。また、係員は館内についても詳しいです。

迷子は『係員に引き渡すのが一番親切』と心得ておきましょう。

【3】子供を怖がらせない

怖がらせない

意外に思うかもしれませんが、知らない子供と接するときの鉄則は『触らない』です。

知らない人から突然頭を撫でられたり抱き上げたりすると、子供はとても怖いです。また、親の立場からしても、知らない人に我が子が触られているのは不安なものです。親切心で手をつないであげても、不安でパニックに陥っている親からは『不審者が無理やり我が子の手を引いている』ように見えてしまったりします。

もしも子供の方から手をつないでくれた場合にも、こちらはなるべく手を『パー』にして、いつでも子供が離せるようにしてあげましょう。

また、「迷子なの?」「パパとママに置いていかれちゃったんだね」などと言われると、ますます悲しくなります。「泣かないで」と言われるともっと泣きたくなります。そして何より、大人が不安そうにしていると、子供はますます絶望してしまいます。

迷子と接するポイントは「大丈夫だよ」と安心させてあげることです。

  • しゃがんで目線を合わせる
  • 落ち着いた声で話しかける
  • 笑顔で話しかける

これらを意識して、子供に「どうしたの?」と話しかけてあげてください。

また、お菓子やジュースをあげるのはやめておきましょう。特に小さな子供の場合、自分でも把握していないアレルギーを持っている場合もあります。大泣きしても、ひきつけでも起こさない限り、そう簡単に死にはしませんが、アレルギーは命に関わります。

また、親の立場からすると、やはり『見知らぬ他人からもらった食べ物や飲み物』は不安なものです。そういう意味でも、ある程度の『子供用設備(食べ物・飲み物・おもちゃがあってなおかつ子供慣れした大人がいる)』のある迷子センターに連れていくのが良いです。

【4】目立つ場所に移動する

目立つ場所へ

待機している間は、なるべく目立つ場所に移動しましょう。親から見つけられる可能性が上がります。

親を探すときには、子供に「お母さんは今日どんな洋服をきてた?」「髪は長い?」など外見の特徴を訪ねてみても良いのですが、悲しみにくれている子供から『正確な情報』を聞き出すのはなかなか難しい物。それよりも単純に『急足でキョロキョロしている人』を探すのがおすすめ。

『迷子の子供を探しているお母さん』は、子供本人でなくとも意外と簡単に見つける事ができます。

おわりに

やっぱパパが一番

いかがでしたか?

「一緒にあちこち探してあげた方が親切ではないか」「親が見つかるまでそばにいてあげた方が良いのでは」と思うかもしれませんし、それにはそれで良い部分もあるのですが、実際は係員やおまわりさんに丸投げしてしまうのが、ベストです。

なかなか難しい迷子問題ですが、ある程度の対処法を知っておくと、いざ迷子と出会ったときに、パニックにならずに対応できますよ。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの毎日がますます素敵なものになりますように……☆