妄想と現実の狭間で

脳内恋愛

妄想族。
そんな名前が相応しい、妄想をこよなく愛する女性達。

何を隠そう、私もその1人です。

辛いことがあれば妄想に浸り。楽しいことがあれば妄想でもっと楽しく盛り上げる。はっきり言って、毎日楽しい。そんなアブナイ女たち。

しかし、この愛すべき『妄想族』には実は彼氏ができにくいという欠点があります。

今回はその3つの理由を解説します。

妄想の激しい女性になかなか彼氏ができない3つの理由

【1】妄想で満足してしまう

妄想で満足

妄想の醍醐味は、気持ちが満たされることです。

芸能人、漫画キャラ、クラスメイトなど、あらゆる『素敵男子』との理想の恋……。それはそれは甘く、美しい時間です。

こうした充実した時間を過ごすことで、「恋をしたい!」という気持ちが満たされ、現実の男性を追いかけるモチベーションがなくなってしまいます。

【2】妄想を越える男性が現れない

理想以上の男性

妄想で作り上げた、理想の彼。

その彼を基準に周りにいる男性を見てしまうと、そのほとんどは『恋愛対象外』になってしまうのではないでしょうか。

なぜなら、妄想で作り上げた理想の彼氏は、パーフェクトな存在だから。唯一の短所といえば、現実に存在しないことくらいです。

【3】妄想内で1人で恋を進めてしまう

1人で恋を進めてしまう

片思いの男性と、脳内デートを楽しんだ経験のある女性は多いのではないでしょうか。

その『夢のように楽しいデート』は、あなたに快楽をあたえてくれます。そしてそれにより、あなたはますます、彼のことを好きになってしまいます。

妄想が激しい女性ほど、こうして一方的に相手への恋心を募らせてしまう傾向があるのですが(あまり話したことがない相手でも「結婚したい!」と心のそこから思ってしまうなど)、しかしこれには、大きなデメリットがあります。

それは、温度差が生まれてしまうこと。

恋愛は、どちらかの温度だけが高すぎると、うまくいきません。相手が重く感じて離れてしまうか、自分が燃料もなく燃え続けることに疲れてしまうからです。

好きな人ができたときには、思い切って妄想を封印してしまった方が、自然体で恋を進めて行くことができます。

妄想はほどほどに

いかがでしたか?

こうした『恋の妨げ』になる要素もありますが、妄想はストレス解消にも役立ちます。

『絶対にだめ』と禁じるのではなく、『ほどほどに』を心がけると、公私ともに充実した日々が過ごせるかもしれません。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋がうまく進みますように……☆