好きになった男性に尽くしすぎてしまう女性

尽くしすぎてしまう女性

  • 相手が楽しんでくれれば自分は楽しくなくても別に良い
  • 彼のためならなんでも頑張れる
  • お金も時間も彼のために使ってあげたい

好きな男性ができたとき。多かれ少なかれ、こうした献身的な気持ちを抱いた経験が、あなたにもあるのではないでしょうか?

「好きな人に幸せになって欲しい」と考えるのは、当然のことです。

しかし、それが度を越して『尽くしすぎ』の状態になってしまったら要注意。実は、他人に尽くしすぎてしまうタイプの女性は、男性から浮気をされやすくなってしまうからです。

今回はその5つの理由を解説します。

男に尽くしてしまう女性が浮気されやすい5つの理由

【1】男のプライドが満たされないから

男のプライド

男の人は『女性から尊敬されたい』『女性を守ってあげたい』『頼りにされたい』『喜ばせてあげたい』という気持ちを抱いてきます。いわゆる『男のプライド』というやつです。

あれこれ世話を焼き、自分がなにもせずともニコニコ笑い、わがままも言わず、自分に迷惑をかけてこない女性は一見『良い彼女』のように思えますが、実はこうした『尽くす系』の女性は、男性のプライドを満たすことができません。

そのため、もっと自分を『男』として頼り、甘え、必要としてくれる女性に目移りしてしまいます。

【2】『自立したい』という本能を刺激してしまうから

自立心

尽くすタイプの女性は、男性の『お母さんのような存在』になりやすいです。

すると、男性の心には「自立したい」「自分の力でやっていきたい」という自立心、反抗心が芽生えてしまいます。それにより、疎まれたり、距離を置かれてしまう可能性が高くなります。

【3】性的な欲求を感じなくなってしまうから

性的欲求

『お母さん的存在』になってしまうと、男性はその女性に対して性的な欲求を感じにくくなります。すると、性欲は他の女性に対して向いてしまいます。

男性が恋人に求めているのは、家事をすることでも、自分の面倒を見ることでもなく、一緒に甘い時間を過ごすこと。男性の部屋にいったときなどには、散らばった洗濯物を拾い集めるよりも、その洗濯物の上で抱き合ったほうが、男女としての距離は縮まります。

【4】『下』に見られてしまうから

上下関係

彼に尽くし、奉仕してばかりいると、やがて男性の中でもその状態が『あたりまえ』になってしまいます。

すると『男性は傍若無人に振る舞い、女性はそれに文句を言わずに従う』といった具合に、2人の間に上下関係ができてしまう場合があります。

「この女性には何をしても大丈夫」と思われてしまうと、浮気や暴言、DVなどに発展してしまう可能性もあるので、注意が必要です。

【5】スリルがないから

スリルが足りない

自分のことが大好きで、絶対に離れない。そんな女性との付き合いは、幸せな反面、スリルがなく、退屈なものになりがちです。

それゆえに、スリルを求めて浮気をしてしまう男性もいます。

男が浮気相手に選ぶのは自分を『男』にしてくれる『女』

いかがでしたか?

男性が浮気相手に選ぶのは、弱くて、1人では何もできない、甘え上手な女性が多いのですが、これはそういうタイプの女性は男性の『男(雄)』の部分を刺激し、良い気分にさせてくれるからです。

「私のことはどうでもいいよ」というよりも「私のことをもっと可愛がって」と言ってくるような女性のほうが、男性は「一緒にいて楽しい」と感じる傾向があります。

他人に尽くしてしまうタイプの女性は、多少はわがままを言うなど、相手に『大切にされること』も求めてみてください。優しいあなたに『甘え上手』な一面が加われば、男性はもっとあなたに夢中になってくれるはずですよ。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋がうまく進みますように……☆