気になる人のメールアドレス

アドレス交換

「好きな人のメールアドレスが知りたい!」

あなたも、そんな風に考えた経験があるのではないでしょうか。アドレス交換というのは簡単そうに見えて、意外と難しいものです。

だからこそ、男性の方からアドレスを聞いてくれれば、願ったりかなったり!

そこで今回は「男性が気になる女性に『アドレスを聞こう』と思う5つの瞬間」を紹介します。

男性が気になる女性に「アドレスを聞こう」と思う5つの瞬間

【1】自分に好意があると感じたとき

好意あり

相手の女性が自分にあまり興味がなさそうであれば、男性もアドレスを聞こうとは思いません。『嫌がられるかも』という不安があるからです。

逆に相手の女性からの好意を感じたときは『聞いても嫌がられなそう』という安心感から、簡単にアドレスを尋ねることができます。

【2】上手くいけばデートできるかもと思ったとき

押せばいけそう

いわゆる『押せばいけそう』な状態のとき。相手に対してそこまでの好意がなくとも「とりあえずアドレスくらいは聞いておこうかな」と考える男性は多いです。

好きな場所や行きたい場所を伝えるなど、『デートしたいアピール』をしておくと、アドレスを聞いてもらえるチャンスが広がるかもしれません。

【3】他の男性と話しているのをみたとき

他の男と

多少『いいな』と思っている女性が他の男性と話しているのを目撃してしまったとき。

「このままじゃ取られてしまう!」という焦りの気持ちから、アドレスを聞いたり、デートに誘ったり、なんらかの行動に移す男性もいます。

ただし、あまり他の男性と親しげにしているところを見せつけてしまうと「あいつのことが好きなんだ」と勘違いされてしまうので注意が必要です。

【4】都合の良い口実が見つかったとき

幹事

「飲み会の幹事になった」などの都合のよい口実があるとアドレスが尋ねやすい……そう考えるのは、男も女も同じです。

彼と同じサークルやイベントに参加すると、こうした機会も増えるはずです。

【5】自然な会話の流れで聞けそうなとき

自然な流れ

一番確実なのは、やはり徐々に距離を縮めて、自然な流れでアドレスを聞いてもらうことです。

会話の中でSNSやスマホゲームのことが話題にあがると、そういった流れになりやすいです。

大切なのはメールよりも普段の会話

いかがでしたか?
気になる人ができたら、アドレス交換をして距離を縮めたい……そう思うのは自然なことです。

しかし、男性は基本的にメールが苦手なため、メールだけで距離を縮めるのはなかなか難しいもの。

大切なのは、普段の会話である程度距離を縮めておくこと。

メールは二人きりでのデートまでの『つなぎ』と考えておくと、スムーズに事が進みます。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋が上手く進みますように……☆