気になる彼との心の距離

パーソナルスペース

片思いの相手と話すとき。
あなたは、どのくらい相手に近づくことができますか?

人は、無意識のうちに『自分と他人との間の心地よい距離』というものを計っています。これが『パーソナルスペース』と呼ばれているもの。

そしてその距離は、二人の関係が親密になるにつれ、どんどん近くなってゆくもの。

今回は『パーソナルスペースを駆使して相手との仲良くなる3つの方法』を紹介します。

パーソナルスペースについて

  • 女性より男性の方が広い
  • 他人に近づかれると不快に感じる距離
  • 別名『パーソナルエリア』
  • 女性は円形
  • 男性は縦長の楕円形

密接距離(ごく親しい人)
【レベル5】……近接相(0〜15cm)
【レベル4】……遠方相(15〜45cm)

個体距離(相手の表情が読み取れる)
【レベル3】……近接相(45〜75cm)
【レベル2】……遠方相(75〜120cm)

社会距離(容易に会話ができる)
【レベル1】……近接相(1.2〜2m)

このパーソナルスペースを【レベル3】〜【レベル4】程度まで近づけることで、相手から『親しい人だ』と認識されることが出来ます。

大切なのは、警戒心や不快感を抱かせないように距離を縮めることです。

パーソナルスペースを駆使して相手と仲良くなる3つの方法

【1】横から近づく

横並び

男性のパーソナルスペースは、女性のそれとくらべると前方に長いと言われています。

つまり、横から距離を縮めることによって、正面から近づくよりも警戒心を抱かれずに近づくことが出来るのです。

飲食店やバーでは、横並びのカウンターや角形に設置された席に座るようにしましょう。また、映画やドライブに出かけるのもオススメです。

【2】ボディタッチ

ボディタッチ

隣に並ぶチャンスがなかなかやってこないときには、ボディタッチで距離を縮めるのも方法の一つです。

「あ、ちょっと待って」などと声をかけながら、髪や洋服についたゴミをとるフリをしましょう。ググッと距離を近づけることが可能です。

【3】逆ボディタッチ

逆ボディタッチ

逆に、相手の方から距離を縮めさせる方法もあります。それが、逆ボディタッチ。

「(髪や肩に)なにかついてる?」と尋ねるもよし。目を擦りながら「何か入ったかも……見てくれない?」と相手の目を覗き込むもよし。

こうして『お願い』をされると、人間の心には『相手の助けになってあげたい』という気持ちがわき上がるものです。

その気持ちが、相手の心の中の照れや恥ずかしさを払拭し、あなたとの距離を縮める手助けをしてくれます。

人ごみも使いよう

いかがでしたか?

実は、人ごみや満員電車は、あかの他人に、パーソナルスペースに深く踏み込まれている状態。なので、不快感を感じる人が多いのです。

逆に、気になる人とそういう混雑している場所に行くと、否応なしに距離が縮まります。

上手に活用して、好きな人との距離を縮めてくださいね。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋が上手く進みますように……☆