自己処理

ムダ毛の処理。
あなたはどのようにされていますか?

方法にもよりますが、ムダ毛の自己処理は『埋没毛』などのトラブルを招いてしまいがち。ときどき脱毛関連のサイトや女性誌などでも取り上げられていますが、肌へのダメージが大きいからです。

いったい、どの方法ならば肌へのダメージも少なく、毛を処理することが出来るのでしょうか?

今回は、先日脱毛サロンで教わった『自己処理による肌へのダメージ』や『自己処理をするときに心がけること』をまとめます。

自己処理による肌へのダメージと特徴

自己処理によるダメージ

カミソリ・シェーバー

直接『刃』を当てることから「なんとなく肌に悪そう」と感じている人も多いと思います。

カミソリによる自己処理は手軽ですが、処理するときに毛だけではなく肌の表面も薄く削り落としてしまいます。それにより、ターンオーバーを強制的に促すことになるため乾燥や敏感肌などの原因にもなってしまうのです。

また、カミソリの場合は肌の表面に現れている部分しか処理できないため、黒くブツブツした跡が残ってしまったり、すぐに毛が生えてきてしまうのも難点。

毛抜き・テープ

手間はかかりますが、根本から引き抜くことが可能。そのためカミソリよりも綺麗に処理することが可能です。また、次の処理まで期間が開けられるのも毛抜きのメリット。

「カミソリよりはマシなんじゃない?」と考えがちですが、この考えは危険信号。実は毛抜きによるダメージはカミソリ以上と言っても過言ではありません。

毛抜きで毛を引き抜くときには、肌にも強い力がかかってしまうからです。『痛み』を感じることも多いと思います。埋没毛などの原因にもなります。

除毛剤

薬局などで売られている『除毛剤』を使うのも、自己処理の方法の1つです。しかし薬剤を直接肌に塗布するため、こちらもダメージは大きいです。炎症などを引き起こしてしまう可能性もあります。

カミソリと同様、表面しか処理できないため、すぐに新しい毛が生えてきてしまうのも難点です。

抑毛剤

女性ホルモンには、無駄毛の成長を抑制する働きがあります。これを利用したのが『抑毛剤』です。よく見かけるのは女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをする『大豆イソフラボン』を利用したもの。大豆イソフラボンは抑圧だけではなく、美肌効果も期待できます。

しかし抑毛剤だけでムダ毛の処置をしようと試みるのは無謀な考えです。とてつもない時間とお金がかかります。

塗布している間は毛のボリュームダウンが期待できますが、あくまで『抑毛』なので使うのをやめたら元に戻ります。元々の毛の量にもよりますが、抑毛剤だけでつるつるの肌を目指すよりも、おそらく、サロンで脱毛してしまった方が早くて楽な上、金額的にも安くすみます。

また、そもそも『ホルモン』というのは非常に少量で体に大きな影響を及ぼすものです。ビタミン・サプリにも言えることですが、たくさん摂取・塗布すればそれだけ美容・健康効果が期待できるかというと、そうではありません。

抑毛は『毛が生えてこなくなる』というよりは『毛が生えるペースを遅くする』『毛の色を薄くする』『毛を細くする』と思っておくのがおすすめ。

家庭用脱毛器

光脱毛機器はパナソニックなどからも販売されていますが、有名かつ口コミが良いのはケノン。ケノンは脱毛効果が高いことに加え、VIOや顔などにも使えるのが最大の美点です。

自己処理で、サロンと同様に綺麗に毛穴の目立たない脱毛が出来るのは現段階では家庭用脱毛器のみ。

ただし、家庭用脱毛機器はお値段が高めです。また家庭用の光脱毛機器は『消耗品』です。ケノンの場合はカートリッジを交換する必要があります。脱毛効果は高いものの、手が届きにくい範囲は脱毛しにくいことや料金を考えると、場合によっては『サロンでの全身脱毛』の方が満足する結果を得らえるかもしれません。

ちなみにですが『光脱毛』の場合は肌の保湿がとても重要になってきます。というのも、きちんと保湿している肌の方が光が届きやすく、脱毛効果も高まるからです。

満点☆5、4レビュー3万件脱毛器【あす楽】脱毛器 ケノン 日本製 フラッシュ脱毛機 レーザー脱…

自己処理で綺麗な肌を保つ方法

化粧水

肌への普段が少ない方法を選ぼう

先に紹介した中では、家庭用脱毛器か抑毛剤でのケアが肌への負担は少なめ。とはいえ、やり過ぎには注意が必要です。

毛抜きを使う場合には、事前にお風呂に入るか蒸しタオルで温めるなどして毛穴を開いてから行うと、肌へのダメージが少なくすみます。毛の流れに沿って使用することも大切です。

道具を清潔に保とう

毛抜きやカミソリをお風呂場に置いたまま、という人も多いのではないでしょうか。

濡れたまま道具を放置したり、湿度の高い場所に置きっ放しにしておくと雑菌が繁殖しやすくなります。また、湯船にも雑菌がたくさんいるので要注意。

脱毛に使う道具や環境を清潔に保つことも、肌トラブルを防ぐためには重要です。

アフターケアをきちんとしよう

自己処理をした後には、でクールダウンと保湿をします。クールダウンには冷やしておいた精製水を使うのがおすすめ。その後刺激の少ない化粧水などで保湿をしましょう。

万が一、出血があったり、炎症を起こしている場合にはそこはもう『傷口』です。それ以上悪化しないように、きちんと消毒して傷薬を塗るなどの処置をしましょう。

なるべく頻度を減らそう

どんな処理方法にせよ、ムダ毛の処理は肌に負担をかけます。だからこそ、なるべく処理の頻度を減らすことも大切です。

「そんなのプライドが許せない!」「ズボラな感じがして嫌」と思うかもしれませんが、脱毛の頻度を必要最低限に抑えることで、肌へのダメージも最小限に抑えることができます。

サロンでの脱毛もおすすめ

脱毛サロン

プロに任せる安心感

肌への負担を考えるならサロンでの脱毛がおすすめ。また、サロンでの脱毛の一番のメリットはやはり『その道のプロ』に脱毛してもらえることです。

施術自体はジェルを塗って光をあてるだけなのでそう難しいものではないのですが『次の脱毛はいつごろ行うのが適切か』『前後にどのようなケアをしたら良いのか』『傷やシミのある部分の施術はどうするべきか』など、自分ではなかなか判断がつかない部分にも相談しながらきちんと対処してもらえます。

私は15年以上ずっと毛抜きやカミソリ、抑毛剤などによる『自己処理』を続けてきたのですが、毛穴のボツボツがかなり目立つようになってしまいました。そのため最終的にはサロンに通うことを決断し、現在はその結果にとても満足しています。

脱毛サロンの料金

脱毛サロンも最近はかなり料金が安くなってきていて、学生のうちから脱毛サロンに通う人も増えているそうです。

サロンによって料金設定は違います。また、選ぶコースによって割引率やオプションも変わってくるので、自分の目的に合うコースがあるサロンを探すことが大切です。

『ひざ下』だけの脱毛よりも『ひざ下+ワキ』の脱毛の方がお得……などとということもよくあるので、ある程度サロンを絞り込んだあとは直接電話をするか、カウンセリングに行くなどして説明を聞くのがおすすめ。

【脱毛サロン料金比較ランキング】全身•腕•足•顔•背中•VIOの最安値は?

キャンペーンでお得に脱毛

人気箇所である『ワキ』や『Vライン』などは様々なサロンで激安キャンペーンが行われています。

『数百円で回数無制限』というサロンも珍しくないので、初めて脱毛をする場合にはキャンペーン利用がお得です。

脱毛料金キャンペーンまとめ!今一番安く脱毛できるのはどこ?

体と心を丁寧に扱おう

清潔

いかがでしたか?

世の中には様々な美容方がありますが、何より重要なのは自分を大切にすることです。

忙しいときなどはついつい化粧を落とさずに寝てしまったり、カップ麺で夕食を済ませてしまったりするかもしれませんし、現代社会を生きる女性には無理もないことだと感じます。

ですが、ときどきは自分の体のメンテナンスをする時間を作ったり、面倒だと思わずに丁寧にマッサージや保湿を行ってみてください。それだけのことでも、体は喜び、続けていくうちに変化も現れてきます。

また、体には心の状態も反映されます。普段頑張っている自分を、甘やかすのではなくきちんと労ってあげること。ときどきは休憩させ、心に栄養を与えてあげること。それも、美容のためにはとても効果的です。

ケアがストレスになってしまっては本末転倒なので、『無理せず出来る範囲』で始めてみてください。ますますあなたを輝かせてくれるはずですよ。

いつも温かい応援、ありがとうございます。
あなたの毎日がますます笑顔に溢れますように……☆