恋の賞味期限は3年?

倦怠期の乗り越え方

最近恋人に対してあまりトキメキを感じない。
それどころか相手のちょっとした態度や動作にイライラしてばかりで……

これってもしかして倦怠期?

多くのカップルが抱えているこの問題。『恋の賞味期限は3年』とも言われていますよね。

しかし倦怠期を迎えた全てのカップルが破局してしまうかというと、もちろんそうではありません。倦怠期を乗り越えて、それまでよりもっと良い関係を築くカップルも沢山います。

そこで今回は『恋人との倦怠期を切り抜ける5つの方法』を紹介します。

恋人との倦怠期を切り抜ける5つの方法

【1】『ときめき』がなくなることを恐れない

ときめくがなくなることを恐れない

お付き合いが始まったばかりの頃や、付き合う前の『友達以上恋人未満』の関係のときには、脳から大量のアドレナリンやドーパミンが放出されています。異性を手に入れ子孫を残すために行動しなければならないからです。

いわばその期間の脳は興奮状態。とても楽しい反面、体には非常に大きなストレスを与えています。

なのでパートナーを手に入れ関係が落ち着いたら、脳はアドレナリンやドーパミンの放出を抑え『通常の状態』に戻ろうとします。そうしないと体が持たないからです。

しかし興奮状態が落ち着くと、相手に対してドキドキすることが少なくなります。体がカーッと熱くなったり、彼を見るだけで胸が締め付けられて呼吸が苦しくなるようなこともあまりなくなります。

そのため「もしかして自分はもう彼のことが好きではないのかも……?」「冷めてきたかも」などと思ってしまいがち。ですが、これは2人が次の段階に進むために必要なステップです。

興奮が落ち着き、お互いが『家族のような存在』になってきたからこそ築ける『居心地の良い関係』があります。自分以上に相手のことを思ったり、相手の幸せを願ったり。

倦怠期は、これまでの自分主体の『恋』を相手主体の『愛』へと移し替えるために必要なステップ。そんな風に考えると、『ときめかなくなること』に不安を感じることもなくなりますよ。

【2】デートの中に『ときめき』を作り出す

デートにときめきを

【1】で解説したように、相手に対してときめきを感じなくなることは悪いことではありません。

しかし1つ問題があります。
それは『退屈』です。

これまで恋で得ていた
『興奮』が得られなくなると、やっぱり退屈してしまいます。それは興奮の度合いが大きければ大きかったほど、顕著に感じます。

そのため相手に不満を感じたり、他の異性に目移りしてしまうこともあります。

それを防ぐためには、相手との関係の中にある程度の『ときめき』を作り出すこと。

例えば、月に1度はとびきりのおしゃれをして普段は行かないようなレストランに行ってみたり。あるいはこれまでにチャレンジしたことがないアウトドアに挑んでみたり。

お互いに服装を『自分好み』にコーディネートし合ったり、各々の『理想のデート』を再現し合うなどもおすすめです。

毎回ではお互いに疲れてしまいますが、こうして時々『刺激』を取り入れると、物足りなさを感じることも少なくなります。

【3】恋愛以外に『ときめき』を作り出す

恋愛以外にときめきを

【2】では『彼と一緒に過ごす時間』にときめきを取り入れる方法をいくつか紹介しました。

しかし、相手の都合もあるのでなかなか思い通りに進まない場合もあると思います。

そんなときには自分の生活の中に『ときめき』を作り出しましょう。

  • 趣味や習い事を始める
  • 1人で旅行に行く
  • 小説や漫画を読む
  • ゲームに没頭する
  • 好きな歌手のコンサートに行く

などなど、あなたが『興奮できること』ならなんでもOKです。ただ、恋人との関係に亀裂を産まないためにも、異性と関わるもの(例えば合コンに参加するなど)は、いくら興奮できるとしても避けておきましょう。

恋愛以外にも楽しいことは山ほどあります。むしろ、恋愛以外に『楽しいこと』をせずに恋愛だけで気持ちを満たそうとしても、それはなかなか難しいものです。

娯楽を生活に取り入れてみてください。それは人生において必要なものです。

「どうしても恋のときめきが欲しい!!!(けど彼とは別れたくない……)」と感じるときには、『恋愛系のゲーム』も個人的にかなりおすすめです。女性が『キュン』とするポイントを的確に押さえているので、実際の恋愛よりも興奮するかもしれません。

【4】『当たり前になってしまったこと』について考えてみる

当たり前

恋人との付き合いが長くなると、その中にある『幸せ』にもどうしても慣れてしまいます。

  • 朝と夜の『おはよう・おやすみ』メール
  • デートのときに手を繋いで歩けること
  • 誕生日やイベントを一緒に過ごせること
  • 両想いになれたこと

人それぞれ『当たり前』は違うと思いますが、例外なく言えるのは、それらは決して『当たり前』ではなく、とても幸せなことなのだということです。

「倦怠期かな」と思ったときには、ぜひ一度『当たり前にしていること』についてじっくり考えてみてください。改めて幸せを実感できるとそれらをより大切にすることが出来ます。

【5】自分と相手を切り離して考える

切り離し

付き合いが長くなってくると、人は相手のことを『同一視』してしまいがちです。

しかし、いくら長い時間を2人で過ごしても寝食を共にしても、 彼とあなたは別々の人間です。別々の環境で生まれ育ち、別々の個体、別々の考え方、別々の価値観を持っています。

そのことをきちんと意識しておかないと、付き合いが長くなればなるほど『自分と相手の違い』が許せなくなってしまいます。『自分と相手は同じ』という考えが、違いを受け入れ難くしてしまうのです。

  • トイレの蓋を閉めないのが許せない
  • 食事の時に水を飲むのが許せない
  • 車の中で歌を歌うのが許せない

などなど、ある意味『どうでもいいこと』が許せなくなってきたら要注意。同一視をしてしまっている可能性があります。

常識的にどちらが正しいか、どちらが能率が良いかは別として、彼がそれらの行動をするのには『彼なりの正しい理由(めんどうだったから、飲み込みにくいから、仕事で疲れていたからリフレッシュしたかったなど)』があったからです。彼の行動に納得できないときには『別々の人間なんだから仕方ないか』と考えるようにしてみてください。

その上で、話し合いをしたほうがお互いに相手の言い分を受け入れやすくやすくなります。ルールを設定するにせよ、自分が考えを改めるにせよ、まずは『同一視しないこと』を意識しましょう。

おわりに

いかがでしたか?

倦怠期はある意味試練。お互いが自分を見つめ直し、成長するチャンスでもあります。そして倦怠期を乗り越えることができれば2人の『恋』は『愛』へと変わり、より居心地の良い関係を築くことができます。

また、この時期に『喧嘩の仕方』などを学んでおくと、結婚した後にも役立ちます。子育てや実家との付き合い、ご近所づきあいやお金の問題など、結婚したあとにはこれまで以上に『すれ違い』や『意見の相違』が発生する可能性が高いからです。

「倦怠期」という憂鬱な響きにとらわれず、『幸せになるためのステップ』くらいに思っていると、ポジティブに向き合うことができますよ。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋が上手く進みますように……☆