人を好きになるのに理由なんてない?

th_a1380_001345.jpg

好きな人ができたとき。
その人との恋に悩んだとき。
なんとなく、すれ違っていると感じたとき。

「そもそも、どうして人は人を好きになるのだろう?」と哲学的な疑問を抱いた経験が、あなたにもあるのではないでしょうか。

「人が人を好きになるのに、理由なんてない」などと言いつつも。あなたを悩ませる恋愛のモヤモヤ。「人が人を好きになるメカニズム」を知ることで、解決の糸口が見つかるかもしれません。

今回は「人が人を好きになる7つの理由」を紹介します。

人が人を好きになる7つの理由

【1】不足を補い人生を充実させるため

助けてくれそうだ

人間は1人だけでは生きていけません。狩りをすることも、災害から身を守ることもままなりません。知識も経験も「たった1人の人間」がもつものだけでは、生きていく上で充分とは言えません。

だからこそ、人はその人が自分にとって必要な人であると判断したときに「好き」という気持ちを抱くという説があります。

機械音痴な女性は、パソコンの扱いをテキパキとこなす男性にキュンとしてしまったりしますよね。これは自分に足りない「パソコン知識と技術を持つ異性」が自分にとって必要だと感じたからです。

また、「一緒にいると癒される」「精神的な支えになる」なども、あなたの人生をより良いものにするために必要な存在であると判断したときに、人はその異性を「手に入れたい」を感じるようです。

【2】子孫を残すため

th_2a3df1a404ca92c6dc9cd610bb840b5c_s.jpg

男と女は、強力して子供を作ることができます。そして生き物にとって『自らのDNAを残す』というのは重要な行為であるとされています。

子孫を残すために男性は女性を、女性は男性を求めるという説もあります。

『性欲』は人間の3大欲求の1つ。「異性を求める欲求」はとても強い本能なのです。異性を異性として認識する思春期以降に「恋」を経験する人が多いのも、こうした理由からかもしれません。

【3】強い遺伝子を残すため

th_d50a699956021ad6a5f9b740c11ceaf1_s.jpg

子孫を残すためだけではなく、生き物は『過酷な環境に耐えられるより強い子孫を残そうとする』という本能があります。

動物も、求愛行動をしたり戦ったり、群のボスがハーレムを作っていたりしますが、あれも『強い雄の遺伝子を欲しがるメス』と『より沢山の子孫を作りたい雄』の目的が合致するからこそ成り立つものです。

そのため男性は『元気な子供を生み育ててくれそうな女性 (自分の遺伝子を大切に育ててくれる人)』に惹かれ、女性は『強そうな男 (自分と子供を守ってくれる人)』に惹かれる傾向があるようです。

ちなみにイイ匂いの男性とあなたが上手くいく理由という記事でも紹介しましたが、女性は男性の遺伝子を『嗅ぎ分ける』こともできるのだとか。

【4】過去のイメージを投影したため

th_05b1af864381b06098609064cddba80e_s_20140809153230f65.jpg

これは心理学的な要因です。

例えば「幼稚園の時にあなたにとても優しくしてくれた近所の年上の男の子」がいたとして、その子がハーフだったとしましょう。

するとあなたは、その後の人生で出会うハーフの男性に対して『優しい人』という良い印象を漠然と抱いてしまいます。過去に出会った『優しいハーフ男の子』のイメージを、その後に出会った同じような特徴を持つ人に投影してしまうのです。

今までに見て来たもの、経験してきた出来事は異性の好みにも影響しているようです。

【5】自分の味方だと感じたから

味方

人は自分に好意を示してくれる人に対して、良い印象を抱きます。

なぜなら、自分のことを好いてくれる人は、自分の味方になってくれる人だからです。人間は本能的に『自分と同じ意見や考え方を持っている人』を求めています。そうした人と協力することにより、自分の身を守ることができるからです。

「相手から告白されて、一度ふったけれどその後どんどんその人が気になり始めて……結局自分から告白した」という話を時々ききますが、これも「人は自分に好意を示してくれた人のことを好きになる」という心理が働いているからと考えられます。

【6】相手の助けになりたいと思うから

th_a0002_006998.jpg

人間は他人に『何かしてあげること』で喜びを得る本能を持っています。他人の役にたつことで、自分の価値を感じ、喜びを得ることが出来るのです。

そのため人は「自分を必要としている人」を求めています。

【7】コミュニティを形成するため

th_6425a3c246e2cce50b3a62e2a4fa0420_s.jpg

人は自分に足りない部分を他人に求めますが、同時に「自分と似ている人」を好きになります。同じ価値観、同じ経験をしてきた相手は、対立して敵になる可能性が低いからです。

だから人は、好みや価値観が合う人にたいして良い印象を抱きやすいのです。

学校やサークル内では、恋が芽生えやすいです。その理由の一つは「同じコミュニティにいる仲間=自分と似ている」という親近感が生まれること。「同じ出身地」「同じイニシャル」などの本人の意思とはあまり関係ない部分も、親近感を抱く理由になります。

おわりに

いかがでしたか?

恋人と喧嘩をしてしまったときなど「そもそもなんで好きなんだっけ?」などと考えてしまうこともあると思いますが「自分にとって相手が必要な存在だったんだな」ということが思い出せれば、2人の仲もふたたび暖まるかもしれません。

片思い中の女性は、「なぜ彼に惹かれるのか?」を知ることで、好きという気持ちに迷いがなくなるかもしれません。

恋愛には哲学的な要素や、言葉では説明できない部分が多くありますが、こうした『理由』を分析してみると、今まで見れなかった相手やあなた自身の意外な一面が見えてくるかもしれません。

いつも暖かい応援をありがとうございます。
あなたの恋が上手く進みますように……☆