facebook婚活アプリ【pairs】

th_a0002_010594.jpg

以前★pairs(ペアーズ)が20代女性の婚活恋活にオススメな12つの理由という記事でも紹介した、facebookアプリ【pairs】(ペアーズ)

会員数は約100万人、女性は無料で利用できるということもあって、最近、特に20代の女性に注目されています。

今回はそのpairsで、運命の男性と出会うコツを【前編】【後編】に分けて紹介します。

pairsで運命の人と出会う9つのコツ【前編】

その1 写真は「あなたの良さ」が伝わるものを選ぶ

pairsは「写真と簡単なプロフィール」を見て相手に「いいね!」をします。

もちろん、顔写真を乗せないことも可能ですが、写真があれば、それだけ細かいプロフィールを見てもらえる(興味を持ってもらえる)可能性も高くなるし、当然もらえる「いいね!」の数も増えます。

となると「とにかく可愛く写ろう!」と自我撮りを研究したり、プリクラ並みに写真を加工したくなってしまいがちですが、あまりゴテゴテに作りすぎて「別人」になってしまっては意味がありません。

髪型やメイク、服装など「あなたの良さを引き立てるための努力」とある程度の「いつもよりちょっと可愛く写る工夫」をしたら、後は雰囲気の良いものをチョイスしましょう。

具体的にいうと「一緒にいて楽しそう」「心が優しそう」「幸せになれそう」と言ったポジティブな印象を受けるものです。

できれば、自分で選ぶのではなく、人に選んでもらいましょう。

その2 プロフィールをしっかり作る

婚活で、写真と同じか、あるいはそれ以上に大切と言っても過言ではないのが「プロフィール」

もちろん無理矢理「料理が趣味」になったり、「休日はカフェでお茶」という日常をねつ造してはいけません。素直な自分でいることが、運命の出会いを引き寄せる一番の方法です。

ただ、書き方は少し工夫しましょう。

×悪い例 → 趣味:映画、読書

良い例 → ジャンルを問わず、映画を見ることが好きで休日はよく一人で映画館に行っています。本を読むのも大好きで、面白い本を見つけると、ついつい時間を忘れて読みふけってしまいます。

後者の方が「その人がどんな人なのか」が想像しやすいですよね。

アロマやカフェ、料理やショッピングなどの「女性らしい趣味」をねつ造するより、あなたが「本当に好きなこと」を、相手に情景が伝わるように伝えることが大切です。

pairsのアプリ内で公開されている「プロフィールの例文」も参考になるのでオススメです。

その3 メッセージ交換のコツ

お互いに「いいね!」をつけた後、最初のメッセージ交換はpairs内で行います。

メッセージ交換で押さえておきたいのはこの2つのポイント。

  • 長さは長過ぎず短すぎず
  • 内容は「挨拶」「相手の印象」「一言自己紹介」「お返事期待」

「こんにちは、メールしませんか?」だけもダメではないけれど、やはりちょっと素っ気ない。

かといって、最初から「画面一杯の長文メール」は重い。

「こんにちは、笑顔が素敵だなと思ってメールしました。私はマイペースでおっとりしていると言われます。もしよければメッセージ交換しませんか?」くらいの内容がベスト。

その4「いいね」は少し残しておく

登録すると、「いいね!」の権利が30回分もらえます。

これは追加で購入することも出来るし、全て使い切ってしまっても、次の月になるとまた同じ数だけ追加されます。

使い始めのころは、ついつい色んな人に「いいね!」したくなってしまいますが、「とりあえず」で「いいね!」しまくるのは得策ではありません。

あなたが「今日」登録したように、素敵な人が「明日」pairsに登録するかもしれません。「2週間後」にあなたの好みドンピシャの男性が現れるかもしれません。

「いいね!」は無理矢理に消化せず、少し残しておきましょう。

後編を読む→★【徹底活用】pairsで運命の人と出会う7つのコツ【後編】