本命とまでは行かないけれど……

キープの女性への態度

あなたは、どのようなときに『この人は脈アリだ』と感じますか?

また、逆にどのような瞬間に『脈なしだ』とその恋を諦めてしまうでしょうか?

もしも相手の男性が自分に全く興味がないのだとしたら、気持ちを切り替えて次の恋愛に進みたいもの。しかし相手の態度が『どちらとも取れるような状態』だと、なかなか判断もできないものですよね。

今回は男性が「本命とまでは行かないけれど出来ればキープしておきたい」と考えている女性に対してする6つの行動を紹介します。

男性が『キープの女性』に対してする6つの行動

【1】女性の方から誘わせようとする

誘わせる

キープの女性に対して、男性はあまり自分からは積極的な行動に出ません。なぜなら、まだそこまで責任を持てないと考えているからです。

しかし「一緒に過ごしたい」「遊びたい」「会いたい」などの気持ちはそれなりにあるもの。

だからこそ、『キープの女性』に対しては相手の方から誘わせるように仕向ける男性が多いです。それならば、たとえ女性が自分に本気になってもあまり罪悪感を感じずに済むからです。

  • 「会いたい」とは言うけど具体的な日にちは指定しない
  • こちらが誘っても「多分大丈夫」など曖昧な返事が多い

これらの行動が見られる場合には『キープの可能性』を疑ってみた方が良いかもしれません。

相手がズルいようにも感じますが「まだそこまで好きになれない……」という人に対しては、誰しも同じような行動を取ってしまうもの。

こうした状況のときには女性側も自分の気持ちをセーブするように心がけるのがおすすめです。『まだお試し期間中』と強く意識して相手と接すると、自分だけが本気になってしまって辛い……という状況にも陥りにくくなります。

【2】メールは無理のない範囲で返信

無理のない範囲

本命の女性が相手の場合には、男性も一生懸命にメールの返信をします。なぜなら、どうしてもその女性と仲良くなりたいからです。

しかし、多くの男性は基本的に「メールやラインはめんどくさい」と考えています。(参考記事:【男と女でこんなに違う!】男性がメールの返信をしない3つの理由

そのため、『キープの女性』が相手の場合男性はあまりメールの返信をしません。なぜなら、「どうしても落としたい」とまでは思っていないからです。しかし『キープ』はしておきたいので、女性の心が離れないくらいには返信をし、思わせぶりな言動をします。

  • 返信は一応来るけど内容が雑(文章が短い、質問に対する答えがない、スタンプだけで済まされるなど)
  • 返信がいつも数日後
  • ときどき返信が来なくなる

これらに当てはまる場合、相手の男性の気持ちはまだそこまで燃え上がっていない可能性が高いです。

ただ、そもそもメール嫌いな男性や、仕事や勉強が忙しくてメールの返信の時間がなかなか取れない人もいます。相手の男性の性格や現状を把握した上で『どのくらいの気持ち』なのかを判断するのがおすすめです。

【3】お泊まりはするけど告白はしない

お泊まりはする

知っておきたい男の本音。お泊まりしたい≠彼女にしたい』という記事で解説したように、男性にとって『お泊まりしたい女性』と『彼女にしたい女性』は必ずしもイコールではありません。

『体だけの関係』になってしまっている場合には、キープの可能性を疑いましょう。

本命の女性が相手の場合『相手も自分のことが好きだ』と確信が持てたら、男性は時期を見計らって告白をします。他の男に取られたくないからです。

しかし『キープの女性』が相手の場合、たとえ体を重ねて相手の女性が自分に好意を抱いていると確信を持てたとしても、告白はしません。

ちなみに『ベッドの中での男の言葉』には要注意。本能が理性を崩しにかかっている状況で『エッチがしたい』という欲求を叶えるためだけに「好きだよ」などと口にする男性もいるからです。

【4】自分の気持ちは言わないけれど相手の気持ちは確認する

相手の気持ちを確認

キープの女性に対して、男性は決定的な一言を言いません。なぜなら、自分の中ではまだそこまで相手の女性への気持ちが持ち上がっていないからです。

しかし、相手の女性のことはキープしておきたいと思っています。「結構いいな」とは思っているからです。だからこそ、その女性の気持ちが自分に向いていることを確認したがります。

そして確認できるとどうするかというと、安心して『現状維持』を続けるのです。

【5】他の女性の話をする

他の女性の話

場合によっては、素直に「まだ元彼女への気持ちもある」「実は会社にずっと気になっている人がいる」などと口にする場合もあります。

なぜかというと、男性としても『本命とキープの間で揺れ動いている現状』は辛いからです。『キープの女性』のことを騙したいと思っている訳ではないしそれなりに好意は抱いている。でも、本命の女性への気持ちも断ち切ることが出来ない。そんな辛い状況だからこそ、できればそんな自分を受け入れてもらいたいと思うのです。

この状況、確かに辛いです。

しかし厳しい言い方をすれば、それは自分に酔っているだけ。相手に対して誠実に向き合っているように見えるかもしれませんが、ただ『自分が傷つかない方法』を選んでいるだけです。自覚があるかないかは別として。

本命の女性がいるなら、まずはそちらにけりをつけてから次の女性にアプローチするのが『誠実』です。「どちらか1人だけを選べなくて辛い」のはその男性の問題であって、相手の女性には関係がないことです。むしろ相手の女性は「自分を選んでくれない状況」が辛いのだから、女性に対して「まだ君を選べないけどそのことを受け入れて」と要求するのはとても酷なことです。

しかし女性の気持ちが盛り上がっていると「正直に話してくれて嬉しい」「信頼してもらえてる」「頑張って振り向いてもらおう」などと考えてしまいがちです。

それはそれで悪いこととは言い切れませんが『不誠実な扱いをされている』という点は、意識しておくと良いと思います。

【6】『お金や時間のかかるデート』をしない

お金がかからない

デートはお金も時間もかかります。レストランや映画の時間の下調べをするのも一苦労です。

相手の女性が本命の場合にはそんな苦労もなんのそのですが『キープ』の場合には少し話が変わってきます。

「どうしても手に入れたい」とまで思っていないから、あまり頑張りたいと思わないのです。そのため、どちらかの自宅でのデートやホテル、あるいは近所の居酒屋などの『手軽な場所』でのデートが多くなりがちです。

相手の男性の気持ちをきちんと理解すること

幸せな恋をするために

男性が『キープの女性』にする行動を紹介してきましたが、いかがでしたか?

実はこれらの行動をされてしまうと、女性はますます男性への気持ちを強めてしまいがちです。というのも、なかなか手に入らないことで逆に「手に入れたい」という気持ちを刺激されてしまうからです。

また、体を求められたり時折「会いたい」と言われたり「彼女とうまく行っていないんだ」などと言われると『自分は必要とされている』という気持ちも大きくなり、ますます男性から離れられなくなってしまいがちです。

だからこそ、今回紹介したような行動をされているときには「相手の男性はまだ自分への気持ちがそこまで大きくないんだな」と理解することが大切です。

もちろん、待っていれば本命の女性に振られたり、本命の女性以上にあなたへの気持ちが大きくなるなどして、彼があなたを選んでくれる可能性もあります。しかし彼が本命の女性の元へ行ってしまう可能性もあるのだということを忘れてはいけません。

あなたが気持ちを寄せている男性は、きっと素敵な人なのだと思います。でも、その人以上に素敵で、そしてあなたのことだけを全力で愛してくれる男性も必ずいます。

どんな道を選ぶかはあなた次第ですが、自信を持つこと。そして冷静に相手を見ることを、忘れないでくださいね。

いつも温かい応援、ありがとうございます。
あなたの行動が幸せな未来へとつながりますように……☆