合コンでの出会い

あなたは、合コンに参加したことがありますか?

「あまり期待していない……」といいつつも、やっぱり心のどこかで少しだけ期待してしまう、そんな出会いの場。ときには素敵な異性と巡り会える場合もあります。

そんなときに大切なのは、その出会いを『次』につなげること。

今回は『合コンでの出会いを次につなげるために忘れてはいけない6つのこと』を紹介します。

合コンでの出会いを「次」につなげるためにやっておきたい6つのこと

【1】彼の話を楽しそうに聞く

楽しそうに話を聞く

一番大切なのは、彼の印象に残ることです。そのためにまずは、彼の話に興味を示しましょう。

  • 「それでそれで?」など次を聞きたがる
  • 「凄い」「素敵」「カッコイイ」など褒め言葉を織り交ぜる
  • リアクションをしっかりとる
  • 笑顔で話を聞く
  • 「分かる」など共感していることをちゃんと伝える

短い時間で相手から「いいな」と思ってもらうためには、これらのポイントをしっかり意識して会話をすることが大切です。

【2】ボディタッチをする

ボディタッチ

職場の飲み会などでは敬遠されがちなボディタッチ。露骨なアピールだからこそ、合コンのように『一度きりの遭遇になるか、運命の出会いになるか』を決める場所では役立ちます。

会話の途中や、席を立ったときなどに肩や腕などに軽く触れるのがオススメ。太ももや膝も、机に隠れていて触りやすいかもしれませんが、こちらは露骨に誘っている印象になってしまうのであまりオススメしません。『遊び目的の男性』から誘われやすくなってしまう可能性も高まります。

【3】2人きりで会話をする

2人きりで話をする

飲み会開始直後はまず自己紹介。

そしてなんとなく全員が参加しながらワヤワヤ話して、だんだん2人か3人ずつのグループに分かれて会話する形になっていくと思います。

女友達に協力を要請する、席替えを利用するなどして彼の近くにいきましょう。『2人きりで話す時間』を確保することは、距離を縮める上でとても重要です。

【4】共通の趣味などをみつける

共通の話題を見つける

2人で話す時間がきたら、まずは相手の情報を探りましょう。

多くの女性は気になる相手に対して「沢山喋らなきゃ」と考えてしまいがちなのですが、実はこれは逆効果。人は自分に話をしてくれる人より、自分の話を聞いてくれる人に好感をいだきます。

気になる彼と会話するきっかけを手に入れたら、話すのではなくて相手にたくさん話をしてもらうように心がけましょう。【1】で紹介したことに加え、彼が関心を持っていることや趣味について質問するのもおすすめです。

その中で共通する部分を多く見つけ出し、共感を示すことができれば、彼にも「この人とは楽しく過ごせそうだ」と感じてもらえます。

【5】アドレス交換

アドレス交換

後日のデートにつなげるために、必ずアドレスを手に入れましょう。

気が利く幹事さんなら「全員でアドレス交換」の時間を設けてくれるかもしれませんが、自分で手に入れておいた方が安全です。

【6】きちんと帰る

ちゃんと帰る

合コンが盛り上がると「2次会に行こう!」なんて話になるかもしれません。

もちろん、参加しても構わないのですが、あまり遅くならないうちに帰りましょう。

「話足りない」と相手が感じるくらいの状態で離れることで、「もっと一緒にいたい」という気持ちを刺激することが出来ます。相手を完全に満足させてしまっては『次』につながらないのです。

後ろ髪を引かれる思いかもしれませんが、しっかり帰る。その日のうちにお泊まりしたりはしない。これも大切なことです。

「この子とまた会いたい」は誰でもできる

合コンを次につなげるために大切なこと

いかがでしたか?

恋愛テクニックを駆使しても、合コンのたった数時間の間に「付き合いたい!」「告白したい!」とまで思わせるのは至難の業です。

しかし「この子とまた会いたいな」と思わせることは、決して不可能ではありません。とびきりの美女でなくとも、小悪魔や魔性の女でなくとも可能なのです。

合コンが控えている……という女性は、是非今回の6つの項目を頭の片隅に入れておいてみてください。気になる彼との出会いを『次』につなげやすくなりますよ(^ ^)

合コンに行きたいけど、セッティングしてくれる人がいない……という人には『街コン』や合コンセッティングサービスの『コンパde恋ぷらん』などを利用するのもオススメです。

いつもあたたかい応援をありがとうございます。
あなたの恋が上手く進みますように……☆