気になる彼とのメールのやり取り

好きな人の気持ちを冷めさせてしまうメール

彼のメールアドレスを見て、1人でニヤニヤしてしまう……。

憧れの男性と、やっとの思いでアドレス交換に成功したときは、誰しもそんな状態になるのではないでしょうか。

しかし、ご存知の通り、大切なのはここからです。メールをやり取りして距離を縮め、次のステップである「デート」へとつなげなくてはなりません。

しかし時に『好きな人からメールが返ってこない』という状態におちいってしまう場合があります。

それは一体、なぜなのでしょうか?

今回は『好きな人の気持ちを冷めさせてしまうメールパターン6選』をご紹介します。

好きな人の気持ちを冷めさせてしまうメールパターン6選

【1】内容が暗い

内容が暗い

「頭いたいー、だるいー、かったるいー、サボりたーい」

と、ネガティブな感情ばかりのメールを送ってしまうと、メールを受け取る相手の気持ちまで暗くさせてしまいます。そして多くの人は『自分の気持ちを暗くさせる人』と人は距離を取りたがります。

彼にとってあなたとのメールのやりとりが『楽しいこと』であり続けられるよう、明るい内容のメールを送るよう心がけましょう。

【2】返信が早すぎる

返信が早すぎる

一生懸命考えて……絵文字も選んで、やっとの思いで返信した、わずか2秒後。休む間もなく相手からメールが返って来たら「またメールを考えなきゃいけないのか!」と、ちょっと疲れてしまいますよね。

あまりに返信が早すぎると相手に「やりとりするのがめんどくさい」と思われてしまう場合があります。適度に時間を開けて返信するよう心がけましょう。  

【3】読めない

読めないメール

ギャル文字、略語、内輪でしか通じない言葉。それらは『相手に伝わりにくい言葉』です。

読み手の気持ちを考えて、読みやすく、分かりやすい言葉を使うようにしましょう。携帯の漢字変換では、普段使わないような難しい漢字が表示されることもありますが、それも多用しすぎると読みにくい文章になってしまいます。

【4】長過ぎる

長いメール

好きな人へのメールはついつい長くなってしまうものです。それは、自分のことを好きになってもらいたい、そのためによく知ってもらいたい、という心理が働くからと言われています。

しかしあまり長いメールを送ってしまうのは得策ではありません。読むのに時間がかかるし、返信をするのにも時間がかかるため、やりとりが途切れやすくなってしまうからです。メールの長さは「ほどほどに」を心がけましょう。

【5】短すぎる

短すぎるメール

長いメールは「重いメール」になってしまう。しかし、逆に短すぎるメールも相手に悪い印象を与えてしまいます。
   
1時間以上かけて一生懸命考えたメールへの返信が「ok」の一言だけだったら……少し悲しいですよね。

『相手のメールと同じくらいの長さ』を目安に文章を作成しましょう。

【6】雑に作られている

雑に作られている

短いメールと同様に、雑に作られていることが伝わるメールも印象はあまりよくありません。

  • 漢字の変換ミス
  • 変換なしの平仮名だけのメール
  • 誤字脱字
  • 改行がない

そんなメールは『雑』な印象を与えてしまいます。ールを作り終わった後は、一度は見直しをしてから送信するのがおすすめ。

おわりに

いかがでしたか?
恋愛初期に開始するであろう、メールのやりとり。だからこそ、ちょっとしたことが命取りになりかねません。

アドレスを手に入れた嬉しさや、返信がきたことによる興奮で冷静な判断を失ってしまいがちかもしれませんが、心を落ち着けて。「自分本位」なメールにならないように意識すると『次』につながりやすくなります。

いつもあたたかい応援、ありがとうございます。
あなたの恋がうまく進みますように……☆