「好きな人とLINEのやりとりを続けたいけれど……でも、返事が返ってこない。どうしてだろう?」

もしかすると、あなたも今現在こんな風にお悩みかもしれません。

メールやLINEは顔が見えない分、相手からの返信がなかったり、遅かったりすると不安になってしまいますよね。男性はどんなときに、「もう返信しなくていいや」と思うのでしょうか?今回はその6パターンを紹介します。

【1】内容が暗い

  • 仕事の愚痴
  • 体の不調
  • 誰かの悪口

こうした、ネガティブな感情ばかりのメールを送ってしまうと、メールを受け取る相手の気持ちまで暗くさせてしまいます。彼にとってあなたとのメールのやりとりが『楽しいこと』であり続けられるよう、明るい内容のメールを送るよう心がけましょう!

【2】返信が早すぎる

一生懸命考えて……絵文字も選んで、やっとの思いで返信した、わずか2秒後。

休む間もなく相手からメールが返って来たら「またメールを考えなきゃいけないのか!」と、ちょっと疲れてしまいますよね。好きな人とのメールは、適度に時間を開けて返信するよう心がけましょう。

【3】意味や目的が分からない

あまり親しくない人から突然LINEが送られてきたら、嬉しい反面ちょっと不安ですよね。「何か裏があるのかも……?」「遊ばれているかも……?」「もしかしてアカウント乗っ取り!?」と警戒してしまう場合もあるのではないでしょうか。

  • 「前からずっとゆっくり話したいと思って居たんだ」
  • 「もっと仲良くなりたいなと思ってたんだ」

など、素直な自分の気持ちを伝えることも、相手に警戒心をといてもらうためには大切です。

【4】長過ぎる

  • 読むのが大変
  • 返信を打つのも大変
  • まとまった時間がないと返信できない

こうした理由から、長文のメールやLINEは放置されがちです。そして1度放置してしまうとどんどん返信が億劫になり、ますます遠のいてしまうもの。

文章の長さは、1画面に収まる程度の『ほどほど』を心がけると、やりとりが長続きしやすくなります。

【5】短すぎる

1時間以上かけて一生懸命考えたメールへの返信が「ok」の一言だけだったら……少し悲しいですよね。また、スタンプだけの返信も「もうやりとりを終わりにしたいっていうことかな?」と誤解されてしまいがち。

メールやLINEの文章は、『相手と同じくらいの長さ』を目安に作成しましょう。

【6】質問が多すぎる

質問攻めにされると、まるで面接を受けているような落ち着かない気持ちになってしまうもの。質問は控えめに、なるべく相手が楽しめるようなやりとりを心がけましょう。

関連記事:好きな人へのLINEで質問文を送る時の5つの鉄則

おわりに

いかがでしたか?

好きな人が相手だと、ついつい力がこもってメールもLINEも全力投球してしまいがち。

そんなときこそ、リラックスして肩の力を抜いてみてください。素直に自分の気持ちを綴れば、それはきちんと相手にも伝わるもの。文章でも『自然体なあなた』でいることが、相手との距離を縮める一番の近道です。

いつもあたたかい応援、ありがとうございます。あなたの恋がうまく進みますように……☆