SNSでの出会い

sumaho1

Facebookやmixiなどで知り合った人とやりとりをした経験が、あなたにもあるかもしれません。

最近ではFacebookなどを利用した婚活アプリや、ネットで気軽に活できる婚活サイトも随分と増えてきました。

しかし、学校や会社と違い、SNSでは偽名で利用することも、年齢や職業を偽ることも簡単に出来てしまいます。

だからこそ、SNSで知り合った人と会うときには、やはり注意が必要です。
今回は「SNSで出会った人に会うときに注意すべき4つのこと」を紹介します。

SNSで出会った人に会うときに注意すべき4つのこと

その1 体目当ての可能性を考慮する

SNSで「出会いたい」「彼女が欲しい」と言っている人の多くは、はっきり言って体目当てです。
あるいは「本気で恋愛をするつもりはないけどストレス解消にとりあえず女の子と遊びに行きたい」などと考えている人もいます。

中には真面目な出会いを目的としている男性もいますが、それは少数です。

SNSで知り合った人と始めて会うときには、車はもちろん、カラオケや漫画喫茶などの二人きりの密室空間に行くことや、夜遅い時間に会うことは避けるようにしましょう。

 

その2 偽アカウントの可能性を考慮する

いくら「Facebookは本名でしか利用できない」と言っても、作ろうと思えば偽アカウントは作れます。ラインだって、携帯電話の番号が二つあれば一人でアカウントを二つ持つことは可能です。

「悪いこと」を考えている人は、大概「偽アカウント」を利用して出会いを探しています。
いくら「本物っぽいアカウント」だとしても「偽物の可能性がある」ということは忘れないようにしましょう。

その3 詐欺の可能性を考慮する

詐欺の場合、相手は一人ではなく、複数人の可能性もあります。
趣味のサークルに参加したら周り全員グルだった、なんて可能性もなくはありません。

インターネット上では「いつでもだれでもどこでも」詐欺被害に遭う可能性があるのです。
「私は大丈夫」には何の根拠もありません。

複数人での会合やパーティに参加する場合は、一人で参加するのは避けましょう。

その4 自分の情報が公開されてしまうリスクを考慮する

「リベンジポルノ」が問題になっていますが、SNSで知り合った人に不用意にあなたの情報を公開するのは避けましょう。

写真だって、合成ソフトを使えば簡単にあなたの写真で「エッチな画像」が作れてしまいます。
電話番号やメールアドレスも「勝手にどこかで公開されてしまうリスクがある」ということは忘れてはいけません。

賢く利用して良縁を掴む

以上4つの項目を紹介しましたが、いかがでしたか?
手軽に利用できる、便利なものだからこそ「悪いこと」にも利用されてしまう可能性が高いSNS。

pairs
などは年齢確認に身分証が必要だったり、他の利用者からの通告があると退会処理になるなどの対策が取られています。
婚活に利用する場合はセキュリティがしっかりしているものを利用しましょう。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋がうまく進みますように……☆