本命へのチョコレート

本命へのチョコレート選び

あなたは、本命の男性へのチョコレートはどんなものを選びますか?

この時期、デパートの売り場に行けばどこも可愛くて美味しそうなチョコレートでいっぱい。

「一つに決められない……」「全部欲しい……」「いっそ私が食べたい……うん、自分用にも買っていこう」などと思った経験のある女性も多いのではないでしょうか。

そんなバレンタインチョコ。
個人的に、本命の男性へのバレンタインチョコにはゴディバがおすすめです。今回はその理由を解説します。

本命へのバレンタインチョコには『ゴディバ』がおすすめな3つの理由

【1】男性はチョコレートに詳しくないから

あんまり知らない

ピエール・マルコリーニ、ジャン=ポール・エヴァン、ノイハウス、レオニダス、デメル……。

バレンタインシーズンにデパートに足を運ぶと、さまざまなチョコレートブランドの商品が並んでいます。

しかし、ほとんどの男性はチョコレートのブランドなんて全く知りません。

スイーツ好きな男性や、貰い物の多い家庭に育った男性なら話は別ですが、一般的な男性が認知しているチョコレートブランドと言えば、ゴディバ・明治・森永くらいです。

女性が「ガンダムとシャアってどう違うの?」と思うのと同じように、男性は「ノイハウスってハウステンボスみたいなやつだっけ?」と首を傾げています。

『ピエールマルコリーニのチョコ』に対する、男性の印象は「よくわからないけどオシャレっぽいチョコ」くらいのものです。

もちろん、チョコレート好きな男性ならば反応は違ってきますし、パッケージのデザインによっても印象は変わります。ただ、ほとんどの男性は女性ほどは感動しません。

【2】高級チョコのイメージがあるから

一目で高級だとわかる

『ゴディバ』と言えば、高級チョコレートの代名詞。

だからこそ『ゴディバ=本命』と考える男性も少なくありません。

『ゴディバ』の紙袋を手渡せば、相手の男性に『そこそこの金額のチョコレート』であることを一瞬にして伝えることが出来ます。

【3】予算の見当がつけやすいから

予算の見当

バレンタインにチョコレートをもらったら、お返しをしなければなりません。

特に、相手が気になる女性なら尚更。

そこで問題になるのが「お返しの金額」です。

インターネットで検索したり、店舗に確認しにいくなど手段は色々ありますが、やはり超有名ブランドであるゴディバは調べるのも簡単だし、値段の検討も付けやすいです。

逆にレオニダスなどの「量り売り」タイプのチョコレートは、予算の検討がつけにくいです。

ゴディバ以外を渡すときには

バレンタインチョコレート

以上『本命チョコにゴディバがおすすめな3つの理由』を紹介しましたが、いかがでしたか?

チョコレート好きな女性からすると、
「ゴディバはありきたりでつまらない」と思うかもしれませんが、有名だからこそ、どこにでもあるからこそのメリットも存在します。

ゴディバ以外のチョコレートを渡すときには、「一生懸命選んだの」「私が一番好きなチョコレートショップなの」など、そのチョコレートについて、一言説明を添えるのがオススメです。

「ゴディバもいいなと思ったんだけど……こっちの方が可愛かったから」など「ゴディバ越え」をアピールするのもよいと思います。

……とはいえ、男性が一番嬉しく思うのは、チョコレートのブランドや値段ではなく、女性がチョコレートを自分にくれたという事実です。

たっぷり気持ちを込めて、素敵なチョコレートを選んであげてくださいね。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたのバレンタインが素敵な日になりますように……☆