LINEでのやりとり

LINE(ライン)で好きな人とやりとりするとき
あなたは、好きな人とのやり取りに何をつかっていますか?

以前、効果絶大!モテ女が使う12の小悪魔メールテクニックという記事を書きましたが、最近では何かと便利な「LINE(ライン)」を使ってやりとりする人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は『好きな人とLINEをするときに心がけるべき7つのポイント』を紹介します。

好きな人とラインをするときに心がけるべき7つのポイント

【1】既読スルーをしない

既読スルー

LINEを使う上で、避けて通れないのが『既読スルー問題』です。LINEは、メールと違って『メッセージを開封したこと』が相手に伝わってしまいます。

気になる異性とやりとりしているときなどは、既読が付いているのに返事がこないと不安になってしまうもの。「後回しにされている」という印象を与えてしまう場合もあります。

なので、既読をつけたらすぐに返信をするのがおすすめ。すぐに返信ができない状態のときは、既読をつけないようにしましょう。どうしても内容だけ確認したいときは、ロック画面で確認したり、機内モードで確認するなどの方法があります。

【2】スタンプを相手に合わせる

スタンプ

ラインの醍醐味の一つが、スタンプ。有料のものから無料のものまで、さまざまな種類があります。

相手がスタンプを多用する人であれば、同じ系統のスタンプを使用すると親近感を抱いてもらえます。(例えば、相手が「ドラゴンボール」のスタンプを利用していたら、こちらも同じくアニメ系のスタンプを使用)

逆に相手がスタンプをあまり使わない人の場合、あなたもスタンプの使用は控えた方がよいです。

また、絵文字、顔文字、文体なども相手に合わせるようにすると、より親近感を抱いてもらえます。

【android】

【iphone】

【3】長文は送らない

th_693c041886ec99996f4af75481805e66_s.jpg

ラインは、長い文章を確認しながら返信する……という作業がしにくいアプリ。なので、あまり長すぎるメッセージは送らないように心がけましょう。その方が、やりとりがスムーズに進みます。

ただ、相手が長文を送ってきた場合は、同じくらいの長さの文章を心がけましょう。

【4】プロフィール画像を設定する

プロフィール

プロフィール画像を登録しておくと、メッセージを送るたびに自分の画像を相手に見てもらえます。これは、親近感を抱いてもらうために非常に効果的です。

なるべくなら、自分の顔が写っているもの。可愛さよりも、楽しさや明るさが伝わる『笑顔』の写真をチョイスすると、メールも良い印象に受け取られやすくなります。

【5】グループと個人を使い分ける

グループ

複数人のグループでメッセージをやりとりした後には、個人宛てにメッセージを送りましょう。

それによって『俺だけとやりとりがしたいんだな』と、特別感を感じてもらうことができます。

【6】送りすぎない

送りすぎ

lineは、手軽で便利です。それゆえに、必要以上にメッセージを送ってしまいがちです。

すると、相手はあなたとやりとりすることに慣れてしまい、刺激や特別感がなくなってしまいます。すると「返信するのがめんどくさい」という気持ちも起こりやすくなります。

メールと同様『ほどよく時間を開けて返信すること』を心がけましょう。

【7】同じゲームをDLする

th_64d18ee42e0a4c4909fcb30c4584b66f_s.jpg

LINEには様々なゲームがあります。彼がゲームをしているのであれば、同じものをダウンロードしましょう。

ランキングに名前が表示されたり、アイテムを送ったり受け取ったりとLINE上で彼とやりとりできる機会が増えるのはもちろん、普段の会話の中でもゲームのコツなどを情報交換し、距離を縮めることができます。

おわりに

いかがでしたか?

『返信には時間をあける』などの基本的な部分はメールと同じですが、lineにはlineならではの距離を縮める方法があります。

上手に活用して、彼との距離を縮めてみてください。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋が上手く進みますように……☆