『普通に接する』ってどういうこと?

男の人との接し方がわからない

男の人と話すと緊張してしまう。
男の人とどう接したらいいのか分からない。

あなたは、そんな風に悩んだ経験をお持ちではないですか?

周りの人からは「別に意識しないで普通に接すればいいんだよ」などと、言われてもその『普通』がなかなか出来ないもの。そこで今回は「男の人との接し方が分からない」という女性におすすめな『8つの基本の心構え』を紹介します。

「男の人との接し方が分からない」というあなたに送る8つの基本の心構え

【1】相手が男性だからこそ避けるべき話題を知っておく

異性だからこそ

  • 生理の話
  • 性生活の話
  • 下品な話

平たく言ってしまえば『下ネタ全般』は、異性との会話では避けた方が良いです。たとえそれが同性の友人達の間では鉄板の爆笑ネタだったとしても。

多くの男性は「女性はエッチな話をすると恥ずかしがる」「女性は下ネタや下品な話はしないもの」という漠然としたイメージを持っているため、明け透けに下ネタを話すとドン引きさせてしまったり、「遊んでいる軽い女」と思われてしまい、そういう女性として扱われてしまう可能性があります。

男性との会話では下ネタは避けるようにしましょう。

【2】男性の会話の特徴を押さえておく

男の会話

  • 深読みしない
  • 共感しない

この2つは、女性と男性の大きな相違点です。

男性は、言われた物事を深読みしたり裏を読んだりせずに、そのままストレートに受け取る傾向があります。なので「どこでもいいよ」と言われたら本当にどこでも良いのだと思うし「別に気にしないで」と言われたら本当に気にしません。

また、言われたことに対して「凄い」「可愛い」などと共感を示すことも女性と比べると少ないと言われています。男性同士の会話の場合は『共感すること』よりも『情報や考えを伝えること』が優先される傾向があるからです。

もちろん個人差はありますし、男性だって深読みをすることや共感をすることはあります。ただそれが『女性と比べると少ないのだ』ということを意識しておきましょう。

例えば、行きたい場所があるときには「どこでも良いよ」ではなくて「おしゃれなカフェに行きたい」「水族館に行きたい」などと相手にはっきり伝える。そして共感してもらいたいときには「これ買ったんだ」で終わりにせずに「これ買ったんだ、可愛いでしょ?」などと伝えるようにするのがお勧め。

そうすると、男性も「そうか、こういうことを求めているのか」と会話やデートがしやすくなります。

【3】『男のプライド』について知っておく

男のプライド

多くの男性は心のどこかで「女性に敬われたい」「カッコ良いところを見せたい」という願望を持っています。だからこそ、女性に馬鹿にされたりからかわれたりすると、あまり良い気分はしないもの。

男性と接するときには『男性を立てる』ということを意識してみてください。褒めたり特別扱いをしたり、甘えて頼ったりするのが効果的です。

同性の友人とのお出かけのときには、飲食店で奥の席を譲ってあげたり、友人が行きたい店を優先してあげたり、臨時収入があったらちょっと多めにお金を出してあげたり……などとすることも素敵なこと。しかし、男性が相手のときにはあなたがこれらの行動を『される立場』になりましょう。

「全部私がやるからあなたは黙って待ってて」と何もかもをあなたがやってしまうと、男性の出番はなくなってしまいます。

『しっかりもの』で通っている女性にはかえって難しい部分もあるかもしれませんが、『男を立てるために一歩引く』ということを意識してみてください。そうすることで男性のプライドを満たすことができ、「一緒にいて居心地が良いな」と感じてもらいやすくなります。

【4】「嫌っていない」ということを伝える

嫌っていないよ

あまり親しくない人と話すときには、「嫌われていないかな?」と不安になってしまうもの。これは男性だって同じです。

  • 笑顔を心がける
  • 相手の話に共感を示す
  • 相手を褒める
  • 「楽しい」「嬉しい」などと言葉にして伝える

これらの行動で、相手に「あなたのことを良く思っています(嫌ってはいません)」というメッセージを伝えることができます。お互いに緊張してうまく会話が進まないようなときなどには特に、これらの行動は効果的です。

ただ、やりすぎると「なんだか嘘くさいな」と思われてしまうので、自然にできる範囲で行ってみてください。

【5】相手の話を聞く

話を聞こう

「男性との接し方が分からない」と悩む女性のほとんどは、同時に「男性と何を話したら良いのか分からない」という悩みを抱えています。

そんな女性にこそおすすめなのは、『自分が話すのをやめること』です。

「え? それじゃあ会話が進まないじゃない!」と思うかもしれませんが実際にはその逆。自分が一生懸命会話を考えて降り続けるよりも、相手から会話を引き出す方がはるかに簡単なのです。具体的な方法は以下の通り。

  • 相手の話に相槌を打つ
  • 「それで?」「どうなったの?」と興味を示す
  • 「すごい」「○○くんって面白いね」などと相手を褒める
  • 相手が関心を持っていることについて質問する

これらの行動をすることで、相手に「自分の話を楽しんで聞いてくれている」と感じてもらうことができます。

逆に「へー……」「あっそ……」などのそっけないリアクションをしながらスマホをいじっていたりすると「自分の話には興味がないんだな」と感じ、相手は話をやめてしまいます。

『相手が話やすい環境』を作ることを意識してみてください。こうして相手にたくさん話をしてもらうと、会話の間が持つというだけでなく、相手に「自分のことを理解してくれる人だ」という印象を抱かれやすくなります。

【6】距離を縮めたいときには食事を利用する

食事をする

『食べる』という行為は、人間の本能的な欲求を満足させる行為でもあります。そのため、商談なども食事をしながらの方がまとまりやすいと言われているほど。

気になる異性との距離を縮めたいときには、一緒に食事に行くようにしましょう。映画やドライブに出かけたときでも、何か美味しいものを食べる時間を取り入れてみてください。それによって『あなたと過ごした時間』の総合的な満足度をあげることができます。

【7】自分をよく見せようとしない

自分をよく見せようとしない

好きな人に「良いところ見てもらいたい」と思うのは当たり前のこと。そのために慣れない料理を頑張ったり、おしゃれをしたりするのは素敵なことです。

だた、もしも良いところを見せたいからと言って、デパートで買ったお惣菜を「手作りだ」と偽って相手に食べさせてしまったり、「いつものこれくらいの服を着てるのよ」と生活に支障が出るような値段の服を無理して買い揃えたりしてしまうのは、背伸びのしすぎかもしれません。

良いところを見せて相手の関心を引こうとするよりも、相手と過ごす時間を大切に、そして楽しんで過ごすことを意識してみてください。そのほうが、結果的に距離が縮まる場合が多いです。

【8】男性の性欲について知っておく

性欲

『草食系男子』や『肉食系女子』も世の中には大勢いますが、それでも『男は狼』と思っておくに越したことはありません。

  • よく知らない男性とカラオケや車などの密室に行かない
  • 付き合う前からホテルに行かない
  • その気もないのにボディタッチをしない
  • 極端に露出の高い服を着ない
  • 必要以上に体を寄せない

お互いに『遊び』と割り切れるのなら良いのですが、「体だけの関係になりたくない」「きちんと手順を踏んだ恋愛をしたい」と思っているのであれば、これらを意識するように心がけましょう。

気になっている男性からホテルなどに誘われたときには「まだ心の準備ができていないから」などの断りかたをするのがおすすめです。

「無理」「ありえない」などの言葉で拒否してしまうと、「嫌われてしまった」と誤解を与えてしまいますが「まだ」「今日はダメ」という断りかたであれば、「あなたのことを嫌っている訳ではないけれどセックスはダメ」という意思が伝わります。

男性は『異性』であるからこそ、『恋人』などの関係になるまでは一線を引くことも大切です。(関連記事:知っておきたい男の本音。お泊まりしたい≠彼女にしたい

おわりに

いかがでしたか?

「男性とどう接したらいいのか分からない」

そんな風に感じている女性は、今回紹介した9つのことを意識してみてください。

少しずつ経験を積んでいくうちに、徐々に意識せずとも普通に会話ができるようになっていきますよ。

いつも暖かい応援ありがとうございます。
あなたの恋が上手く進みますように……☆