男心はガラスのハート

th_a0002_006972.jpg

「不用意な一言で恋人を傷つけてしまった……」

もしかすると、あなたもそんな風に悩んだ経験をお持ちかもしれません。

ときに女性が男性からの何気ない一言で傷つくように。男性も女性からの何気ない一言でそのガラスのハートをバラバラに打ち砕かれてしまう場合があります。

「言われたくない一言」というのは男と女で微妙に違うもの。今回は『彼氏のプライドを打ち砕いてしまう言葉5選』をご紹介します。

彼氏のプライドを打ち砕いてしまう言葉5選

【1】「自分でやるからいいよ」

th_a0003_001569.jpg

男「それ、やってあげようか? (ニコニコ) 」
女「いや、自分でやるからいいよ(その方が早いし) 」
男「そう……? (ガーン)」

「手伝おうか?」「大丈夫?」と手助けを申し出られたとき。「自分でやるからいいよ」とその申し出を断った経験をお持ちの女性は多いのではないでしょうか。

「彼の手を煩わせるのは悪いから」と遠慮の気持ちで断ったにもかかわらず、こうした行動は男性のガラスのハートを傷つけてしまう可能性があります。

というのも、男性は「彼女には自分の力が必要だろう」と考えているから。女性の力になりたいし、助けてあげたいと思っているのです。

だからこそ「自分でやるからいいよ」とその申し出を断られてしまうと「あなたの力は必要ないよ」と言われているように感じてしまいます。(※ちなみに女性が男性から「大丈夫だよ」などとお手伝いの申し出を遠慮された場合には逆に「大切にされている」「気を使ってくれている」と感じる傾向があります)

男女の受け取りかたが違うからこそ、男性からの『お手伝いの申し出』を断るときにはそのように取られない言い方をすることが大切。男性はむしろ『女性から頼られたい』という気持ちを持っているのだということを頭の片隅に入れておきましょう。

「嬉しいし助かるけどあなたも疲れているだろうから今は休んでいて」など相手を気遣う言い方をするのがおすすめです。

【2】「給料こんなに安いんだね」

th_a1180_012754.jpg

男性は『仕事』で自分の価値を計る傾向があります。それゆえに『給料=社会的な自分の評価』というイメージを持っている人も大勢います。

あなた自身は「お金で人の価値は計れない、給料なんて気にしない」という考えを持っているかもしれません。しかし何気なく言った「給料安いんだね」の一言は、男性は「価値がない」と受け取られてしまう可能性もあるので要注意。

彼の給料を知ってしまったときは、リアクションに気をつけましょう。また、たとえ謙遜だとしても彼と一緒にいるときに人前で「うちの彼氏は安月給だから」などと口にするのも避けておいた方が、余計なトラブルを回避出来ます。

【3】「男のくせにそんなことも出来ないの?」

男のくせに

もしもあなたが男性から「女のくせに料理もできないのかよ」なんて言われたら……はったおしたくなりそうですね。

男性が女性から「男のクセに……」と言われたときも『男としての自分』を全否定されたような気持ちになり、深く傷ついてしまうようです。

「男のクセに車も持ってないの?」「男のクセにゴキブリも倒せないの?」「男のクセに……」

しかし彼らにも事情があります。男性だってゴキブリは苦手でしょう。

「守って欲しい」という気持ちは女性なら誰でも、多少なりとも持っているものですが、ときには「私が彼を守る!」くらいの勢いで殺虫剤を片手に立ち上がるのも悪くありません。

そんな勇ましい彼女の姿をみて、もしかすると彼も新聞紙を片手に立ち上がってくれるかもしれません。

【4】「◯◯ちゃんの彼氏は〜」

    th_a0001_016497.jpg

  • 「◯◯ちゃんの彼氏は弁護士なんだってさ」
  • 「◯◯ちゃんの彼氏はいつも車で迎えに来てくれるんだって」
  • 「◯◯ちゃんの彼氏は背が高くてイケメンなんだよ」

これらの言葉を言われると、男性はこんな風に思います。

「そんなに◯◯ちゃんの彼氏がいいなら、そっちと付き合えばいいだろ!」

というのも友達の彼氏と比べられることで、『彼氏としての自分』を否定されているような気分になるから。女性の立場からしても「△△の新しい彼女は巨乳らしい……」なんて言いながら彼氏が遠い目をしていたら、なんだか切なくなりますよね。

『◯◯ちゃんの彼氏』の話をするときには、最後に「でも私はあなたが一番だけどね」などの言葉をつけるのがおすすめです。

【5】「違うところが良かった」

もっと別の場所が良かった

彼が選んでくれたレストラン。彼が連れて行ってくれたデートの場所。彼が予約してくれたコンサートや映画の席。それらに対して「もっと別の場所が良かった」なとダメ出しをしてしまった経験はありませんか?

何気ない言葉のつもりでも、それをわざわざそれを用意した男性の立場からすると言われたショックは大きいもの。「えっ、せっかく用意したのに?」と不満を感じさせてしまう場合も多々あります。男性側が「彼女は喜んでくれるかな」と思っていたならなおさらです。

不満や要望をきちんと伝えることは大切ですが、それ以上に、まずは『相手が自分の為にしてくれたこと』への感謝を忘れないように心がけましょう。

『自分の思う通りの行動』をして欲しいときには『手のひらで転がすこと』も大切ですよ。(参考記事:男のプライドって何?と思ったら確認したい5つのポイント

おわりに

いかがでしたか?

「男心はデリケート」と言いますが、それは根底に「彼女の前でいいところを見せたい」「彼女を喜ばせたい」という気持ちがあるからこそ。そのあたりをきちんと理解して男性を立てるように心がけると、男性から「居心地がいい」と感じてもらいやすくなりますよ。

いつも暖かい応援ありがとうございます。
あなたの恋がうまく進みますように……☆