なぜ水は身体にいいの?

水の効果

「健康やダイエットの為には1日2ℓの水を飲むと良い」

そんな言葉を、あなたも聞いたことがあるのではないでしょうか。

しかし『水を飲むのがいいらしい』とは知りつつも、具体的にどんな変化が身体に現れるのかは、知らない人も多いはず。

今回は『1日2リットルの水を飲むことで得られる6つの効果』を紹介します。

1日2リットルの水を飲むことで得られる6つの効果

【1】便秘解消

便秘解消

肌荒れや、様々な病気の原因にもなる、便秘。
腸の中の水分が不足していると、便は硬く、出にくくなってしまいます。

水を飲み、腸内の水分が増やすことで、便が柔らかくなり、便秘も解消!

【2】肌荒れ改善

肌荒れ改善

肌の状態は、腸内環境と密接に関係しているのだそうです。

なので、便秘が改善することで、肌の状態も良くなるとのこと。

また【失われるビタミン】甘いものの食べ過ぎが女性の人生に与える5つのデメリットという記事で詳しく解説していますが、甘い飲み物は身体からビタミンを失わせてしまいます。

ジュースや砂糖入りのコーヒーなどを水に切り替えることで、余計な糖質を摂取せずに水分を補給することができます。

【3】体重が減る

ダイエット効果

たくさん水を飲んで、たくさん排出する。それによって、老廃物も一緒に体外に排出することができ、むくみの解消にもつながります。

また、水を飲むことで代謝が上がり、消費カロリーがアップします。

さらに、水をこまめに飲むことによって、食べ過ぎの予防にもなります。ついでに、ジュースを水に切り替えれば、カロリーも抑えられます。

それらの複合的な効果によって、ダイエット効果が期待できます。

【4】血がサラサラになる

血液サラサラ

血液をサラサラにする為にも、水分補給は効果的です。

血をサラサラにすることは、生活習慣病の予防につながります。

【5】元気が出る

元気が出る

水不足は、脳にも影響を与えるという研究結果があります。

記憶力が低下したり、疲れやすくなったり、血液中の水分が不足してドロドロになると、鬱を招くとも言われています。

水をたくさん飲めばよいというわけではありませんが、適当な量の水分を身体に与えてあげるのは、大切なことです。

【6】免疫力アップ

免疫アップ

水を飲み、代謝があがることで免疫力のアップも期待できます。

免疫力が上がれば、風邪をひきにくくなる、疲れにくくなる、怪我が治りやすくなるなどメリットがたくさん。

あなたの本来の身体の力を取り戻すためにも、水は役立ちます。

水の飲み方

・水分を取るときは、常温の水を『少しずつ(コップ1杯程度)』飲むようにしましょう。冷蔵庫で冷やした水を飲み、身体を冷やしてしまうのは、特に女性の身体にはよくありません。

・水を飲むだけではなく、きちんと排出すること。こまめにトイレに行くことはもちろん、運動と組み合わせるとより効果的です。水分がきちんと排出されないと、むくみや水太りを引き起こしてしまい、健康には逆効果になってしまうこともあります。

・日本の水は安全だとは言われているものの、水道水には多少の『菌・サビ・塩素』などが混入してしまっています。せっかく健康や美容のために水を飲むのであれば、浄水器を取り付ける、ミネラルウォーターを購入するなど工夫しましょう。

・「必要としている量」は人それぞれ違います。2リットルは、あくまで目安。自分の体調と向き合いながら取り組むことが大切です。

おわりに

いかがでしたか?

私は、毎朝コンビニで99円の2リットルのペットボトルを買って、職場に持って行っています。どの位飲んだかが一目でわかるので便利です。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの毎日が、ますます輝きますように……☆