はじめに

a0002_010592.jpg
「今度友達に紹介するよ」

あなたも好きな人や彼氏に、そう言われた経験はありませんか?

彼との交際も順調に進んだある日、突然そんなことをいわれることがあるかもしれません。
付き合いが長くなればお互いの知人に紹介しあうのも当然です。

ドキドキしながらも了承し、そして迎えた当日。

一生懸命お化粧もしておめかししていったのに……
必死に話を合わせて場を盛り上げたのに……

それなのに二人きりになったら彼氏がなぜか不機嫌。

そんなことになってしまった原因って!?
今回は男性が男友達の前で彼女にして欲しくない6つの行動を紹介します。

男は友達の前でイイ顔がしたい

女性同士の会話は「共感」を目的に話が進んでいきます。
最近の出来事を報告し合い、笑い合い、励まし合い、時に慰めあう……

その話題に「彼氏の愚痴」があがることも珍しくないかと思います。

しかし彼の目の前で「彼の男友達」に向かってそれをしてしまうと、彼の「面子」がつぶれてしまいます。

女性同士の付き合いに比べて、男同士の付き合いには「面子」「プライド」というものが大きく関わってくるのです。

彼氏の友達の前でやってはいけない7つの行動

1 彼氏に命令

いつも彼氏を尻にひいているとしてもこの日ばかりは遠慮しておきましょう。

「彼女に命令され、いいなりになっている自分」を、男性はあまり友達には見せたくないものです。

何かを頼むときは命令口調ではなく、「お願い」をする言い方に変えましょう。

「これやって」 → 「これお願いしていい?」
  「あれ取って」 → 「あれを取って欲しいの」

2 彼氏へのダメだし

あなたは普段彼氏にどんな風に「ダメだし」をしていますか?

「あれもダメ。これもダメ。あなたってホントダメ人間ね!」
そんな台詞を男友達の前で言われた日には彼のプライドはボロボロです。

また大好きな彼女に罵倒されると、大概の男性は卑屈になってしまいます。

「ダメ!」と全面的に否定するだけにするのは、やめておきましょう。
「もっとこうしたら素敵だとおもうな」などと言い方を工夫してみるといいかもしれません。

関連記事はこちら
★「もう、立ち直れない……」彼氏のプライドを打ち砕いてしまう言葉5選

3 彼氏の失敗談を話す

意外とやってしまいがちなのがこれ。

その場を盛り上げようとして……
あるいは彼氏の「可愛い一面」を知ってもらおうとして、よかれと思って話したのに。

特にベッドでの失敗談は絶対に話さないように注意しましょう。

4 自分の失敗談で笑いをとる

自分の失敗談を話す場合も内容を選ばなければなりません。
なぜならほとんどの男性は「バカな女と付き合っている男」と思われたくないから。

「こないだ飲み会でゲロ吐いて朝まで道で寝てたの」
などのあまり女性らしくない失敗談で笑いをとるのはやめておきましょう。

同じ「酔っぱらってしまった話」でも、「私はすぐ酔っぱらっちゃうからいつも彼に支えてもらってる」などの彼を持ち上げる内容なら、むしろ喜んでくれるかもしれません。

5 イチャイチャすることを強要する

人前でイチャイチャすることを嫌がる男性は多いですよね。
それが知り合いの前なら尚更です。

どの程度までならOKかは人それぞれです。
しかしキスを迫ったり、あまりベタベタするのは控えるようにしましょう。

6 女性として品がない行動

普段二人きりなら特に気にしないことも友達という第三者が介入すると違ってきます。

「食事のマナー」
「喋る声の大きさ」
普段二人きりの時にあまり気にしていないようなことも、この機会に見直してみましょう。

7  彼氏の友達と仲良くなりすぎる

これを嫌がる男性も非常に多いのです。

「自分から紹介しておいて……なんなのよ!」と思うかもしれませんが、あなたをそっちのけで「彼氏とあなたの女友達」が仲良く話し込んでいたら、確かにちょっと面白くないかもしれません。

男を立てることができる女はモテる

脆く儚い男性のプライド。
時に女性達は何の悪意もなしにそれを粉々に打ち砕いてしまいます。

「なぜか彼氏が不機嫌になった」
「自分は精一杯やったのに……いったいどうして?」

そんな風に思ったら、彼のプライドを傷つけてしまっていないか考えてみましょう。

おわりに

以上、男性が男友達の前で彼女にして欲しくない6つの行動を紹介しました。

「彼氏の男友達と会う時」はどうしたらよいのか。
平たくいうと「一歩引くこと」です。

「良い女と付き合っているんだ」と彼氏がお友達に自慢できるような素敵な女性を「演出」……
ではなくて、「素敵な女性」で居続けましょう(^ ^)♪

いつも暖かい応援ありがとうございます。
あなたの恋が上手く進みますように……☆