生理前や生理中の腹痛・腰痛へを軽くする方法

生理痛を軽くする方法

前回の記事:【体調不良は体からのSOS】PMSを改善させるために大切なことの続きです。

前々回の記事で、私自身が試して「本当に効果があった」と感じる9つのPMS対策を紹介しました。

それらは私のPMS症状を根本的に解決してくれた方法なので、同じように悩んでいる人は、ぜひ試してみて欲しいと思います。

しかし、それでも初めのうちは腹痛や腰痛を初めとしたPMS症状が現れる場合があります。今回はそんな辛い痛みを和らげるおすすめの『対処法』を紹介します。

生理痛を和らげる4つの方法

【1】ホッカイロ

ホッカイロ

腰とお腹に当てておくと、下半身の血行が良くなり、痛みが和らぎます。足の裏に温湿布を貼るのもおすすめ。もっとも効果を感じやすいと同時に、もっとも簡単な方法なので、生理痛が辛い時にはまずこれを試してみてください。

【2】ツボ押し

生理に効果的なツボは幾つかありますが、一番おすすめなのは『青竹踏み』をすることです。『足つぼマット』などの名前で100均やホームセンターなどで売られていることも多いので、気持ちよさそうだな、と感じるものを選ぶと良いと思います。

職場や学校にも置いておければ何よりですが、難しい場合には指で足裏や、脚全体のマッサージをすることでも効果は得られます。

【3】アロマ

アロマ

PMSに効果的と言われているのは、サイプレス、ゼラニウム、ローズ、ローズマリー、ラベンダー、ティーツリーなど。アロマの香りは直接脳に作用して効果を発揮すると言われています。

個人差はあると想いますが、私の場合は、ゼラニウムの香りを嗅ぐと腹痛や腰痛が和らぎます。

ボトルに入れて持ち歩くか、ハンカチなどに染み込ませて、香りを嗅ぎながら大きく深呼吸するのがおすすめです。あなたにあったアロマを探してみてください。資格を持った専門のセラピストに相談してみるのも良いと思います。

【4】ハーブティー

ハーブティー

温かい飲み物を飲むことでも、痛みを和らげることができます。

ハーブティーにはカフェインが入っていないため、生理前や生理期間中にもおすすめ。チェストツリー、ローズマリー、セントジョーンズワートなどがPMSに効果的と言われています。

単体で葉を購入して、そのまま飲んだり自分で調合するのも良いのですが『ウーマンブレンド』などの名称で売られているティーバッグの方が、味も飲みやすく調整されていておすすめです。

イライラや落ち込みには『命の母ホワイト』がおすすめ

これらの4つは身体的な痛みを和らげるのに効果的ですが、イライラや落ち込みなどの精神的なPMS症状は、上記の方法ではなかなか改善されません。

セロトニンを増やす、オキシトシンを増やす、サプリを飲むなど、精神症状を改善する方法も幾つかあるのですが、私のおすすめは『命の母ホワイト』という生薬です。

私の場合は、飲み始めて3〜4時間で、イライラや落ち込みなどの症状が落ち着いてきます。

こちらも個人差があると思うので、ハーブや漢方なども視野に入れ、自分にあった薬を探してみると良いと思います。

PMS症状が根本的に改善されるのには時間がかかるので、自分の症状にあった薬を1つ持っておくと、精神的な安心にもつながります。

以前紹介した9つのPMS対策と今回紹介した方法を並行して行うことで、私はPMSに振り回されない、快適な生活を取り戻すことができました。

次の記事では、PMS発症から『完治』と思えるまでの4年間で学んだ5つのことを紹介します。

【第2類医薬品】命の母ホワイトをamazonでチェックする

いつも温かい応援、ありがとうございます。
あなたの毎日がますます充実したものになりますように……☆