恋愛が上手い人と下手な人

恋愛上手になる方法

あなたは、今幸せな恋愛をしていますか?

「もちろん!」と答えたあなたは、おそらく恋愛をすることが上手な人。とても素敵なことです。

しかし中には「恋人はいるけど上手くいっていない」「失恋ばかり」など、なかなか「幸せ!」とは言い切れない恋愛をしている人もいると思います。

そこで今回は『恋愛上手』になるための6つの心がけを紹介します。辛い恋愛に悩んでいる人。「不幸な恋愛を卒業したい!」と考えている人は是非お試しください。

恋愛上手になるための6つの心がけ

【1】相手に素直な気持ちを伝える

伝える

あなたは普段、相手に素直な気持ちを伝えられていますか?

恋人と会いたいとき。「会いたい」ではなくて「どうして会いに来てくれないの?」「私のことが嫌いなの?」などと相手を責めるような言い方をしてしまってはいないでしょうか。

恋愛をする上で「一番大切」と言っても過言ではないのが、自分の気持ちをきちんと正確に相手に伝えることです。

拗ねたり、モヤモヤしたり、イライラしたり不安になったりする気持ちを可能な限り削ぎ落として、自分の一番奥にある素直な気持ちを伝えること。これは実は意外と難しいことです。

弱さを出すことを恐れず、自分の奥にある大切な気持ちを、素直に相手に伝えてみてください。きっと、相手からの反応も変わりますよ。

【2】必要以上に期待しない

期待

誰しも、心の中に『理想の恋人像』があるもの。しかし目の前の恋人は、おそらくその『理想』とは異なる部分もあると思います。

だからこそ「ああして欲しい」「こうなって欲しい」という願望が次々に湧いてきて、それが叶えられないと不満を感じてしまうもの。

相手に期待しすぎて疲れてしまうときには、一度『理想の恋人像』をリセットしてみてください。

「こんな恋愛がいい」「こうなりたい」というイメージを取り払って、目の前にいる相手だけを見てみましょう。すると、これまでは当たり前に思えていた相手の良いところや素敵なところにもあらためて目がいくようになります。

大切なのはあなたの中の『理想の恋愛』を再現することではなく、目の前の相手との『理想の恋愛』をすることなのだと意識してみてください。それはきっと、想像していた以上に素晴らしいものです。

【3】周りの恋愛と比べない

比べる

「隣の芝生は青く見える」という言葉の通り、周りの友人の恋愛が素敵に見えることもあると思います。

「あの人たちは幸せそうだけど、自分達は喧嘩ばかり……」などと落ち込んでしまうこともあるかもしれません。

とはいえ、隣の芝生には隣の芝生の苦労や困難が必ずあるもの。それは周りからは見えないので、ただ青く綺麗な芝生に見えているだけです。

幸せを感じるために、人と比べる必要はありません。目の前のものに集中して、あなたが『心の底から幸せ』と感じられる瞬間を大切にしてみてください。そしてその感覚に自信を持つことが大切です。

そうして『あなたの恋愛』を少しずつ育んで行けば、あなたの芝生も同じように青々と輝く日が来るはずです。

【4】相手に執着しない

執着

「この人を逃したら次がないかもしれない」「この人とじゃないとダメだ」

そんな執着心は周りを見えなくしてしまいます。

「この人だ」という確信をお互いに持っていて様々なことが上手く進むのなら良いのですが、そうではないのに相手に執着してしまうと、もしもその人以上に相応しい人が目の前に現れても、見逃してしまう可能性もあります。

あなたの人生の基盤になるのはあくまであなた。パートナーは大切な存在ではありますが、その人の人生はあくまでその人のもので、あなたの人生はあなたものです。

相手を縛るのでも、相手に合わせ過ぎるのでもなく、あくまで『パートナー』として。相応しい人と、お互いに人生を歩んでいく上で『心地よい関係』を築いてゆくことが大切です。

【5】自信を持つ

自信

自分に自信が持てないと、相手に合わせすぎてしまったり、卑屈になってしまいがちです。「嫌われてしまうかもしれない」という不安から相手に合わせすぎてしまう場合もあります。

あなたは沢山の魅力がある、愛される価値がありすぎるほどある人間なのだと理解し、自分に自信を持ちましょう。

多少スタイルが悪くても、ちょっと不器用でも、結構メンドクサイ部分があるとしても。それでも、1人の人間として生まれ、様々な経験を積んできたてきたあなたは、沢山の人から愛されるとっても素敵な人です。

もしもどうしても自信が持てないのであれば、まずはとにかく周りの人を愛してみるのがおすすめ。心から他人を愛する、受けいれることができるようになると、不思議なもので自然と自分が愛される自信も湧いてきます。

【6】自分を大切にする

自分を大切にする

意外かもしれませんが「恋愛が上手くいかない」と悩んでいる人の中には、自分の気持ちをないがしろにしてしまっている人が大勢います。

無意識のうちに相手に合わせ、相手が望んでいる姿を演じてしまっているのです。

もちろん、人付き合いには多少こうした要素がありますが、それが「当たり前」になってしまうと、「なんとなく満たされない」「なんとなく虚しい」といった気持ちになってしまいがちです。

  • 自分はどんなときが心地よいのか
  • 自分はどんなことが好きなのか
  • 自分はどんな時間を過ごしたいのか

そんなことを、じっくり、ゆっくり時間をかけて考えてみてください。あえて1人の時間を作ってみるのも良いと思います。

あなたの心を本当の意味で全て理解できるのはあなただけです。あなたの心を守ってあげられる人は、この世界にあなたしかいません。「自分の心の声」に耳を済ませる習慣を持ってみてください。理由もなくイライラしたり、モヤモヤすることが減ります。

おわりに

以上『恋愛上手になるための6つの心がけ』を紹介しましたが、いかがでしたか?

「苦手だな」「上手くいかないな」と感じていることは、裏を返せばもっと上手に出来るようになる可能性があること。

焦る必要はありません。疲れたら思い切り休憩することも大切です。好きなことをして、のんびり過ごして、そして気持ちが上向きになってきたら、ゆっくり自分のペースで『もっと素敵な恋愛』に向けて行動してみてくださいね。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋が今よりももっと輝きますように……☆