髪の毛をサラサラにしたい!

サラサラヘヤー

風になびく綺麗な髪の毛。指先から滑り落ちるように流れる髪の毛。あなたもそんなサラサラヘアーに憧れた経験があるのではないでしょうか。

とはいえ、こまめに美容院でトリートメントをするのはお金がかかる。「元々の髪質もあるし……」と諦めてしまっている女性も大勢います。

そこで今回は、今日から始められる『髪の毛をサラサラにする7つの方法』を紹介します。

髪の毛をサラサラにする7つの方法

【1】紫外線に当てない

紫外線を防ぐ

肌には日焼け止めを塗っていても、髪の毛にまで気を使っている人は少ないのではないでしょうか。

しかし、肌が日に焼けるように、髪の毛にもしっかりダメージは加わっています。夏場は帽子を被るなどして紫外線から髪を守ってあげましょう。

【2】シャンプー前に髪をとかす

髪をとかす

シャンプーのときに髪の毛が絡まるのをふせぐことができます。また、髪についた埃も落とせて一石二鳥です。

お風呂場にクシを置いておくと便利です。

【3】シャンプーをしっかり洗い流す

しっかり洗い流す

あなたは、自分のシャンプーの仕方に自信がありますか?

美容師さん曰く、ほとんどの人は『洗い流し不足』なのだそうです。指の腹でマッサージするように、丁寧にシャンプーしたあとは、きちんと時間をかけて、しっかりとシャンプーを流しましょう。

【4】タオル優しく水分を吸収

タオルでふくときは丁寧に

お風呂から出たあと、ゴシゴシ、ワシワシと髪を拭いてしまってはいませんか?

濡れた髪は、タオルで挟み込み「ポンポン」と軽く叩くようにして拭いてあげましょう。

【5】冷風で乾かす

冷風

ドライヤーの熱も、髪の毛を傷める原因になります。なるべく冷風で乾かすようにしましょう。

また、髪の毛に対して上から45度くらいの角度でドライヤーを当てるようにすると、キューティクルの向きを整えることができるそうです。

【6】木のクシを使う

木の櫛

プラスチック製のクシやブラシは、静電気を発生させてしまいます。静電気は、髪を傷める原因の一つ。

場所によっては100均などでも売られているので、1本手元に置いておくのをオススメします。

※ちなみに【2】で紹介したお風呂場用のクシはプラスチックのものでも大丈夫です。濡れている髪に静電気はたちません。

【7】保湿する

保湿

特に冬場は、髪の毛も乾燥しやすいです。

洗い流さないトリートメントがあると便利ですが、ニベアなどのハンドクリームで代用することも出来ます。

毎日のケアで変わる

以上7つの方法を紹介しましたが、いかがでしたか?

美容院で手入れをしたり、値のはるトリートメントを使うのももちろん効果的ですが、お金をかけずに出来るヘアケアも意外と沢山あるのです。

ちょっとした心がけでも、きとんと効果は現われるもの。ぜひお試しください(^ ^)

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの毎日が、ますます輝きますように……☆