彼氏のことが大好き

彼氏のことが大好きすぎて辛い

あなたは、彼氏のことが好きですか?

「好き」「大好き」と感じられているのであれば、それはとても素敵なことですね。

しかし中には「大好きすぎて辛い」という人もいるのではないでしょうか?

  • 「好き」という気持ちが大きすぎてパンクしそう
  • このままだとおかしくなってしまう気がする
  • 彼氏のことしか考えられない
  • 日常生活を送るのが困難

今回はそんな『彼氏のことが大好きすぎて辛いあるある7選』を紹介します。

彼氏のことが大好きすぎて辛いあるある7選

【1】彼氏の残り香を探してしまう

彼氏の残りがを探してしまう

彼がさっきまで着ていた上着。使っていた毛布や枕。

それらの匂いを嗅いで幸せに浸った経験のある女性は多いのではないでしょうか。彼氏の匂いのする枕や毛布を抱き締め「ムフフ」とニヤけるその姿。もはや変態の域かもしれません。

【2】デート中にひたすら見つめてしまう

デート中に彼氏をひたすら見つめてしまう

大好きな彼氏のことは、いつも見ていたいもの。デート中などに「せっかく隣にいるのだからずっと見つめていたい……!」と考えてしまうのも無理はありません。

まさに「他のものが目に入らない」状態なので、並んであるく時などは、他の人や電柱などにぶつからないように注意しましょう。

【3】とにかくくっついていないと気が済まない

常に彼氏とくっついていたい

町中だろうが家の中だろうが。大好きな彼氏とは、とにかく、くっついていたい!!!

そんな風に感じる『彼氏大好き女子』も多いようです。思う存分くっつくことができないシチュエーションは、彼氏大好き女性にとってはある意味拷問。

【4】デートの後になかなか解散できない

なかなか解散できない

大好きな彼氏とのデートは、いつもあっという間……。だからこそ、帰り際はなかなか別れられないものです。

こんなに楽しい時間を過ごしたのに、別々の電車に乗らなければならない。こんなに大好きなのに「バイバイ」と言わなければいけない。気づけば最初の「バイバイ」から随分と時間が経過していた……なんてこともよくある話。

【5】寝ても覚めても彼氏のことばかり考えてしまう

寝ても起きても彼氏のことばかり

寝る前に考えるのは、彼氏のこと。夢に見るのも、彼氏のこと。朝起きて考えるのも、彼氏のこと。

どんな時でも、ついつい彼氏のことを考えてしまう……!!

「ハマりすぎかな」とは思っても、心の中に浮かぶ彼氏との『素敵な時間』のイメージは、なかなか消せるものではありません。なんとか気合いで現実にカムバックしましょう。

【6】どうしてこんなに好きなのか自分でも分からない

どうしてこんなに彼氏のことが大好きなのか

ふとした瞬間に「なぜ自分は彼氏のことがこんなに好きなのだろう?」と考えたことがある女性も多いのではないでしょうか。しかし、何か特別な理由がある訳ではない場合がほとんど。

自分の気持ちに説明をつけることができないからこそ「大好きすぎて辛い」と感じるのかもしれません。

【7】大好きすぎて時々疲れてしまう

彼氏のことが大好きすぎて疲れてしまう

大好きな彼氏のことを考えてウキウキしたり、ドキドキしたりするのは楽しい反面、エネルギーを使う行為。それなりに疲れます。

脳からアドレナリンが溢れている時には、なかなかその疲れに気付かないかもしれませんが、ふとした瞬間にどっと疲れを感じた経験のある女性も多いかもしれません。

彼氏のことばかりではなく、自分のことも、時には気にかけてあげてくださいね。

おわりに

彼氏のことが大好きな女性

『彼氏のことが大好きすぎて辛いあるある7選』を紹介しましたが、いかがでしたか?

大好きな恋人がいて幸せなはずなのに、辛いと感じるときがある。

それは『大きすぎる気持ちを上手く処理できていない』ということでもあります。

うまく対処していければ良いのですが、その気持ちをこじらせてしまうとやがて「私はこんなに大好きなのに、彼は同じように愛してくれない」「会えなくて寂しい、メールも全然返してくれない」という具合に、相手に不満を抱えてしまう可能性があります。

趣味でも仕事でも、彼氏と過ごす以外の時間も充実させ、そこにもそれなりのエネルギーを注ぐと、彼氏のことを考えすぎることも減り、程よくバランスが取れるようになります。

大好きな彼氏のことを、ずっと大好きで居続けられるように。自分の生活の『心地よいバランス』を探してみてくださいね。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋がますます幸せなものになりますように……☆