釣った魚にエサはやらない?

th_tuttasakana.jpg

付き合う前は、あんなに優しかった彼。

「好きだよ」と囁いて、メールも毎日してくれた。
プレゼントだってくれたし、素敵なお店にも何回も連れて行ってくれた。

なのに、付き合ったとたんにメールもデートも頻度が激減してしまった。
「付き合う前にくらべて彼氏が冷たくなった」と悩む女性は、実は少なくありません。

今回は「付き合う前と付き合った後で彼の態度が変化してしまう理由」について解説します。

付き合う前は「狩り」の途中

★【男と女でこんなに違う!】男性がメールの返信をしない3つの理由という記事でも解説した通り、男性にとってメールは面倒なものです。

もちろん、一生懸命稼いだお金だって、本来ならば自分のために使いたいはずです。
せっかくの休みの日だって、自分の好きなことをしたいはずです。

なのに、なぜメールをし、休日を返上してお洒落な店を調べ、あなたとデートに行ったのか。

それは「あなた」という好みの異性を狩っている途中だったからに他なりません。
彼はあなたを「オトしたい!」と思ったから、時間やお金を「あなたが喜びそうなこと」に使ったのです。

手に入れたら満足

男性にとってメールやデートなどの「面倒な行動」は、女性をオトすという目標を達成してしまったら、継続する必要がありません。

なので、彼はあなたを「手に入れた」と思った瞬間に狩りを終了させます。
それは愛情が冷めてしまったからではなく、ただ単純に目標を達成したから。

「もうメールもデートも必要ない」と男性は思っているのです。

女性も満足していると思っている可能性が高い

しかし女性は、付き合ったあとにも密なコミュニケーションを望む傾向にあります。
なので、多くの女性は男性に対して「もっとメールをして欲しい」「もっとデートに連れて行って欲しい」などの不満を抱えています。

しかし男性は、なかなかそれに気付きません。
なぜなら「欲しかった獲物」を手に入れて、満足しているからです。

彼らは「彼女も自分と同じように満足しているだろう」と思っています。
まさか不満を抱えているとは思っていないのです。

不満はきちんと伝える

あなたがもし、彼氏の態度に不満を持っているのであれば、それはしっかり伝えましょう。

「メールが少ないと愛情が感じられなくて寂しい」
「もっとデートに連れて行ってくれると嬉しい」

そんな風にきちんと言葉にしないと、男性は女性の不満に気付きません。
不機嫌なオーラを醸し出したところで「今日、機嫌悪いんだな……生理かな?」などと思われてしまうのがオチです。

付き合った後に彼氏の態度が変わったと感じると、不安な気持ちになると思います。
しかしほとんどの場合、男性はあなたへの愛情が冷めたのではなく「もう必要ないと思っているから態度を変えただけ」に過ぎません。

不満や不信感は抱えたままにせず、しっかりと話し合ってみてください。
きっと、今より良い関係が築けますよ。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋が上手く進みますように……☆