脳科学を恋愛に活かす

脳科学と恋愛

あなたは『心』がどこにあると思いますか?

恋をすると胸が苦しくなるから心は胸にある、という人もいれば、人間の意識は脳によるものだから心は脳にある、という人もいます。

今回は『脳科学者から学んだ恋愛を成功させるための8つの秘訣』をご紹介します。

脳科学者から学んだ恋愛を成功させるための8の秘訣

【1】『なかなか手に入らない女』になる

手に入らない女

人の脳は『必ず手に入るもの』よりも『手に入るかどうかわからないもの』に対して、強い欲求を抱きます。障害がある恋ほど燃えるのです。

『いつでもどこでも簡単に手に入る女』よりも『なかなか手に入らない女』になるように意識しましょう。男性の「手に入れたい!」という欲求を刺激することができます。

【2】男女の脳の違いを知る

男女の脳の違い

『男女の脳は違う』ということが分かったのは、1990年代に入ってからです。

女性の脳は男性の脳よりも右脳と左脳が精密に連携しているため、周りのちょっとした変化に気づいたり、感情を読み取ることが得意です。そのため子供の表情やちょっとした行動の変化から、状態を読み取ることができます。

一方の男性は脳の前後の結合が強く、感情に振り回されずに合理的な思考をすることが得意です。

『男女の脳の違い』を知っておくと、ちいさなすれ違いをふせぐことができるかもしれません。

喧嘩が悪化する原因はここにある!男と女の8つの違い

【3】楽しい気持ちで相手と接する

楽しそう

デートのとき、「嫌われないようにしなきゃ」「どうやったら相手に好かれるだろう」などと考えて緊張してしまい、あまり楽しめなかった経験を持つ人も多いのではないでしょうか。

しかし、実はこれはとてももったいないこと。

実は脳には『ミラーニューロン』というものがあります。これは、簡単に言ってしまえば共感神経。『他人の行動を見た時、あたかも自分が行動しているかのように感じる』というものです。

ミラーニューロンの働きによって、人の行動や気持ちは『伝染』します。あなたの行動は、周りの人に『うつる』のです。

つまり、あなたが楽しそうにする(楽しむ)ことで、一緒にいる相手をも『楽しい気持ち』にすることができます。

好きな人と一緒にいるときには、まずあなた自身がその場を楽しむように意識してみてください。

【4】他人とくらべない

th_a0001_012464.jpg
「あの子には彼氏ができたのに、私には好きな人すらできない……」

そんな風に他人と比べると、辛くなります。その割に、得るものがありません。他人と比べるのは、今すぐ辞めてしまいましょう。

「他人と比べて、相対的なポジションを気にし、プレッシャーをかけても、脳は喜びを得られない」のだそうです。

むしろプレッシャーをかけることで、恋愛に対して苦手意識や焦りが芽生えてしまい、結果として、どんどん恋愛から遠ざかることになってしまいます。

【5】『わからない』を作り出す

分からない

「相手は自分のことをどう思っているのかな……」と思っている時。脳からはドーパミンが放出されます。

それによって、ますます相手のことが気になってしまうのです。

これは『不確実なもの』に対象するための脳のプログラム。

人は『わかりきっていること』よりも『わからないこと』に、燃える生き物なのです。

気になる相手が出来たら「あの子、俺の事好きなのかな……?」と不確実な状態を作り出してみてください。

そうすることで、相手の脳を興奮させ、あなたのことを考えさせることができます。そして考えさせれば考えさせるほど、相手はあなたのことが気になっていきます。

ストレートに伝えるよりも匂わせる方が相手を興奮させられるなんて、不思議ですよね。

【6】『恋がしたい』と相手が思っている時を狙う

恋がしたいとき

人間には発情期がないと言われていますが、秋に恋愛系のホルモンが活発になるというデータもあるようです。

また、恋愛系のイベントが多い冬には、「一人でクリスマスを過ごすのは嫌だ」などの理由から恋人を作ることに意欲的になっている異性も多いです。

同じ「取り残されるのが嫌だ」という理由で、周りの友人に恋人ができたときや、兄弟が結婚したときなども「恋がしたい」と考える人が多いです。

気になる人にアプローチする際は、秋〜冬、もしくは相手の周りの友人に恋人ができたタイミングなどを狙うと、成功率を上げることができます。

逆に相手が仕事や趣味に忙しいときなどには、たとえストライクゾーンに入っていても相手にされない可能性もあるので注意しましょう。

【7】理想を作らない

理想を作らない

脳は、何も考えていないときに最も視野が広がります。逆に、何かを考えているときはそれだけに集中してしまうため、全体像が見えなくなってしまいます。

恋愛でも、理想の恋人像を思い描いたり、恋人の条件を考えてしまうと『それ以外の人』に意識が向かなくなっていまいます。それは『理想以上の人』をも見逃してしまう可能性がある、ということです。

『理想の恋人』を思い描くのをやめてみましょう。

何も考えずに大きく構えているほうが、素敵な恋を見つけやすくなります。

【8】感覚を信用する

感覚を信用する

『3秒で判断!『におい』を嗅ぐと気になる男性との相性が分かる理由』の記事でも触れましたが、女性は男性の匂いで『遺伝子的な相性』を判断することができます。

また、キスをしたときにも唾液から遺伝子情報を読み取っている、とも言われています。

あなたが「なんとなくいいな」と感じる人は、あなたの五感や、第六感が「この人だ!」と告げている証拠かもしれません。自分の感覚を信じて恋を進めることも、幸せな恋愛をするためには大切なことです。

脳の特性を知って恋に活かす

いかがでしたか?

脳の働きを意識することで、恋愛をよりスムーズに進めることができます。恋に悩んだ時には、今回紹介した8つのことを思い出してみてください。

いつも温かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋が上手く行きますように……☆