理想の自分

理想像
「毎日、ニコニコ笑って過ごしたい」
「笑顔の素敵な人になりたい」
「もうちょっと痩せたい」

あなたにも、そんな自分の理想像があるのではないでしょうか?自分を高めるというのは、とっても素敵なことですね。

ですが、実は『理想の自分』を追い求め、ストイックになりすぎてしまうのは、危険なことでもあります。今回はその理由を解説します。

『自分に厳しすぎる女性』が幸せな恋を逃してしまいがちな3つの理由

【1】自分に自信が持てなくなってしまう

自分に自信

「もっとこうなりたい」という目標を持ち、努力する女性の姿はとても素敵ですよね。

とはいえ、大抵の場合、『目標』は簡単には達成できません。それゆえに、目標から離れた位置にいる自分に対して「どうして私はこうなんだろう」「私はダメだ」という否定的な感情を抱いてしまいがちなのです。

すると、ダイエットなどの自分磨きは「やらなければならないこと(=大きなストレス)」になってしまいます。

そんな女性は、「今の自分もいいけど、こうなったらもっと素敵だな」と一度自分を肯定するように心がけてみてください。自分磨きに、ポジティブな気持ちで取り組めるようになります。

【2】周りへの要求が高くなってしまう

高度な要求

自分に厳しい女性は、特に家族や恋人などの身近な人に『高い要求』をしてしまいがちです。

もちろん、その方がその人にとって幸せになると信じているからなのですが、もしも他人に自分と同じような生き方をさせたければ、自分の人生がいかに楽しいか、素敵なものなのかを、心の底から理解してもらう必要があります。

また、他人が自分ほど頑張っていないように思えて、イライラしたり、虚しくなってしまうこともあるかもしれません。

周りが思うように動いてくれないときに対処法は、【もうストレスを溜め込まない!】恋人や家族の行動を変えさせる3つの方法の記事を御覧ください。

【3】近寄りがたいオーラが出てしまう

余裕がない

「こうしなきゃ」「ああしなきゃ」と自分で決めたルールに縛られ、雁字搦めになってしまうと、どうしてもストレスがたまります。ピリピリ、イライラしてしまいます。

それは、ある種の『戦い』の最中なのだから、仕方のないことです。

しかし、それゆえに『近寄りがたいオーラ』が出てしまうのは、とてももったいないこと。完璧を目指すのではなく『ある程度できればオーケー』というように『ゆとり』を作っておくのがおすすめです。

坂道は思っている以上に長い

坂道は長い

いかがでしたか?

自分に厳しい女性の中には、「それでも、自分は今頑張らなければいけないんだ」と思う人もいると思います。もちろん、それが自分の人生にとっての大イベントなのであれば、是非とも心血を注いで頑張って欲しいと思います。

とはいえ、人生は坂道のようなもの。それは登っている本人が思っているよりも、ずっと長いものなのだと思います。

あんまり全力で走ってしまうと、すぐに燃料切れになり、立ち止まらなければいけなくなってしまいます。

ストイックな生活の中に、意識的に、何かを感じ、楽しむ時間と心の余裕を作ってみてください。

そうしてこまめに燃料補給をしていくと、息切れして、立ち止まる時間が短くなります。そうすれば、あなたが予想していた以上に高い場所から、想像した以上の素敵な景色が見られるかもしれません。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの毎日が、ますます充実したものになりますように……☆