喧嘩のきっかけ

喧嘩のきっかけ

あなたが恋人と喧嘩をしてしまうのは、どんな時ですか?

たとえば、浮気や約束を破ったときなど、どちらかに非がある場合。そんなときには、喧嘩や言い争いになってしまうのも仕方がないかもしれません。

しかし、多くのカップルの『喧嘩の原因』は、ほとんどの場合が後から思い出すのが困難なほど、些細なもの。

「ちょっとしたことだったのに、なぜかつっかかってしまった」「最初は普通に話していたのに、気付いたらお互いヒートアップして喧嘩になってしまった」

そんな経験を持つ人も、多いのではないでしょうか。いったい、どうして些細な出来事で喧嘩が始まってしまうのでしょう?

今回は『喧嘩の引き金』になってしまう7つのNG行動を紹介します。

恋人との喧嘩の引き金になる7つのNG行動

【1】相手の言葉を否定する

否定する

誰でも、自分の考えを否定されるのは良い気分ではありません。相手が親しい人なら、なおさらです。

そのため、相手から「でも」「だって」「ってゆうよりはさぁ」などと自分の意見を否定されると『イラッ』としてしまいがち。

喧嘩中に限らず、何らかの意見を交換し合うときには、まず最初に相手の言葉を肯定的に受け止めるようにしましょう。

  • そういう考えもあるね
  • 分かるよ
  • 面白い考え方だね

などのフレーズを「でも」「だって」などの変わりに使うことをオススメします。どうしても共感できないことであれば「あなたはそういう考え方なんだね」などの言葉を使うのでも構いません。そしてその後に「自分はこう思うよ」と話始めます。

「違う」「間違っている」などの否定的なフレーズを使うより、穏やかに会話を進めることができます。

【2】相手の話にカットインする

th_吹き出し

人間は、基本的に『人の話を聞く』より『自分が話すこと』に快感を感じる生き物です。それも、気心が知れた相手なら尚更です。なので、自分が話している途中にも関わらず、会話を遮られると嫌な気持ちになります。

「それはどう考えても間違っている」とあなたが感じることでも、相手には相手なりの考え方があるのです。相手の話はカットインせず、きちんと最後まで聞くようにしましょう。

そうすることで、相手もあなたの考えにきちんと耳を傾けてくれるようになります。

【3】顔をしかめる

しかめっ面

『メラービアンの実験』と呼ばれるものがあります。それは、人間の行動が他人にどのような影響を及ぼすか、というもの。

その結果は以下のとおりです。

  • 話の内容などの言語情報が7%
  • 口調や話の早さなどの聴覚情報が38%
  • 見た目などの視覚情報が55%の割合

この結果からもお判りいただけるように『会話中の表情』が相手に与える影響はとても大きいです。

相手の話に顔をしかめたり、馬鹿にしたような笑みを浮かべたり。そんな『ちょっとした表情』が相手の怒りの導火線に火をつけてしまう可能性もあります。

【4】他のことをしながら話を聞く

スマホ

「大切な話をしているのに、相手がスマホのゲームをしていた……」「将来について話している最中に、相手がずっと窓の外を見ていた」

相手が会話中に『よそ見』や『手遊び』をしていると、「ちゃんと自分の話を聞いていないんじゃないか?」とイライラしてしまいますよね。

会話中は視線を泳がせたり、よそ見をせず。きちんと相手の顔を見ながら話を聞きましょう。それが「興味を持っている」という一番のサインになります。

【5】声を荒げる

罵声

意見がぶつかり、感情的になってしまったとき。ついつい声を荒げたり、強い口調になってしまった経験がある人も多いのではないでしょうか。

特に『似たもの同士』なカップルほど、相手がヒートアップすると、自分もつられてヒートアップしてしまうものです。

まずはあなたの方から、率先して『落ち着く』ように心がけましょう。難しければ、一度休憩を挟むのも良いと思います。

【6】邪険に扱う

邪険

話し合いがこじれてくると、相手に対して怒りや悲しみに加えて『面倒だな』という気持ちも湧き上がってくるもの。しかし邪険に扱われて良い気分になる人間も、あまりいません。

  • はいはい
  • だから何?
  • めんどくさいな……

という『心の声』は、言葉や態度に出さないようにしましょう。喧嘩をますますこじれさせれしまいます。

お互いに尊重し、思いやり合う気持ちを忘れないよう、心がけましょう。

【7】一方的に会話を打ち切る

シャットアウト

喧嘩中に『お互いクールダウンするために一人になる』のは効果的です。

しかし、携帯の電源を切る、部屋を出て行くなどの『一方的に会話を終わらせる行為』は取り残された側の怒りや悲しみや不信感を膨れ上がらせ、怒りの炎に油を注ぐ結果になりかねません。

喧嘩中に限らず、普段のやりとりの中でも「テレビが始まるから」「もう寝るから」など、自分の都合だけで相手の気持ちを無視して会話を打ち切ってしまうと、不満に思われてしまう可能性もあります。

付き合いが長くなると「これくらい分かってくれるでしょ」とついつい相手に甘えてしまいがちですが、長くなってきたからこそ、相手への気遣いを忘れないことが大切です。

おわりに

冷静で暖かい話し合いを

以上7つのNG行動を紹介しましたが、いかがでしたか?

「仲良くしたいのに喧嘩が絶えない」とお悩みの方は、普段のちょっとした会話の中で、今回紹介した『NG行動』をしてしまわないように意識してみてください。

いつもは喧嘩に発展していたような場面でも、冷静に話し合いを進めることが出来ますよ。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋が上手く進みますように……☆