異性との噛み合わない会話

男女の違い

「どうして何回言っても分かってくれないの?」
「なんでそうやってすぐ感情的になるんだよ!?」
「「ホント、あなた(君)とは会話が噛み合ない!」」

男と女の喧嘩というのは不思議なもので、なぜだかどのカップルも、いつの時代も似たようなもの。

『喧嘩するほど仲が良い』なんて言葉もありますし、上手く解決できれば良いのですが、時には話し合いがこじれて、関係が悪化してしまうことも……。

お互いに相手のことが大好きで、一生懸命伝えようとして、話しているはずなのに。どうしてこんなことが起こってしまうのでしょうか?

実はその原因は、男女の『あること』にあったのです。

男女の会話が噛み合わない『ある事情』

男と女は『記憶の仕方』が違う

記憶方法

あなたは前回の休日、どんな1日を過ごしましたか?

こんな質問をすると、女性は「楽しかった」「つまらなかった」などのその1の出来事にまつわる『感情』を。男性は「仕事だった」「家に居た」などの『事象』を思い出す傾向があると言われています。

これは、それぞれが記憶の『軸』にしているものが違うから。女性は『感情』、男性は『事象』を軸に物事を記憶しています。その違いは『脳の構造の違い』からきているのだそうです。

そしてこれが、男女の会話でも『すれちがい』を生んでしまいます。

男は『事実』を話したがり、女は『感情』を話したがる

女は感情男は事象

例えば、ある日女性がミスをして上司に怒られ、それを彼氏に相談したとします。その時にありがちなのがこんな会話。

女「今日、例の仕事でミスしちゃって、怒られちゃったの……」
男「そうなんだ。もっと前もって下調べしておけば良かったね」
女「(そういうこと言って欲しいんじゃないんだけど……)そうね」
男「(ん?アドバイスしてあげてるのになんか不機嫌になったぞ)どうしたの?」
女「(どうして慰めてくれないのよ)……べつに。」

女性は、その時の「感情(悲しさ、怒り)」に共感して欲しいだけなのです。

しかし男性は、その事実について意見を交換し合い、問題を解決しようとします。そしてそれこそが彼女のためであり、彼女の求めているものであると思っているのです。

でも、この場合女性が求めているのは「大変だったね」の一言。もちろん女性は、男性もそれを察してくれると思い込んでします。

しかし、女性が求めているもの(共感)に男性は気付けず、男性が女性のために与えてあげているもの(解決策)に女性は気付けない。

女同士、男同士であれば何の問題もなく進行するはずの会話が、なぜか進まない。何か腑に落ちない。なぜか噛み合ない。何かが物足りない。

脳の違いは男女の会話にもこうしたすれ違いを生み、そしてそれは男と女である以上、しかたがないことなのです。

お互いに男女の違いを理解する努力を

お互いに理解するとすれちがいを防げる

喧嘩中でも、日常のちょとした会話でも。
男女の会話はすれ違ってしまいがちです。それは『感情』を優先する女性の感性と『事象』を優先する男性の感性とが異なるからです。

女性は会話でも『感情の共有』を優先するのに対し、男性は『情報交換』を優先する傾向があります。

また、女性は相手の顔色や態度から相手の心境を察するのが得意ですが、男性はそれが苦手とされています。

もちろん個人差はありますが『男と女は色々違うんだ』ということを意識し、異性の考え方や感じ方をお互いに学んでおくと、すれちがいを少なくすることができます。

他にもある!男女のこんな違い

いかがでしたか?

男性と女性は『記憶の仕方が違う』と紹介しましたが、実は男女では右脳と左脳とつなぐ『脳梁』の太さも違うことが分かっています。

そのため、脳梁が太い女性は『おしゃべり好き』『話が様々な方向に飛ぶ』『周りの変化に敏感』『想像力豊か』『直感的』『過去の出来事をよく覚えている』、脳梁が女性と比べると細い男性は『集中力が持続しやすい』『項目立てて話を進める』『合理的』『地図を見たり車を運転するのが得意』『決断が早い』などの特徴があります。

違うからこそすれちがいもあるけれど。お互いに協力することができれば、より能率よく、多くのことを成し遂げられるかもしれません。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋が上手く進みますように……☆