恋人との喧嘩の意外な原因

不仲の原因

あなたは、オキシトシンという言葉をご存知でしょうか?

これは、人間の愛情と深く関係すると言われているホルモンの一種。当然、男女の関係にも影響してきます。

今回はこの『オキシトシン』の不足が恋人との喧嘩になる理由と、その解決策を紹介します。

『オキシトシン』の不足が恋人との喧嘩になる

オキシトシンにはこんな効果がある

オキシトシンの効果

男女の関係に大切な愛情ホルモン『オキシトシン』ってなに?という記事でも触れていますが、オキシトシンにはこんな効果があると言われています。

  • 気分を安定させる
  • ストレスを減らす
  • 幸福感を増す
  • 信頼感を増す
  • 愛着を深める

つまり、目の前の相手との間にある『絆』を深める働きをするホルモンです。

オキシトシンが不足するとどうなるか?

不足

オキシトシンが不足すると、前述したことと逆のことがおこります。

  • 気分が不安定にある
  • ストレスが減らない
  • 幸福感が増えない
  • 信頼感が増えない
  • 愛着が深まらない

つまり、相手にたいしてイライラし、信頼できなくなり、なんとなく冷めてしまう。オキシトシンの不足はそんな状態を招いてしまいかねないのです。

現代人はオキシトシンが不足しやすい環境

現代

忙しい生活の中、家族や恋人とのコミュニケーションの時間というのはどんどん削られがちです。最近では、学校の友達と遊ぶ時間もなく塾へ行き、帰宅して一人で夕食を食べる小学生もいるほど。

また、スマホの普及により、直接声を聞いたり、顔と顔を付き合わせる機会というのは減少しています。

現代では、大人から子供まで、多くの人がオキシトシンが不足しやすい環境にいるのです。

解決策

オキシトシンを増やすには?

th_74cc0cb144477826ff5cde68002c24a6_s.jpg

オキシトシンを増やす方法は、親しい人とのコミュニケーションです。

例えば、家族で食事をしたり、旅行に出かけたり、親しい友達と語り合ったり。恋人とハグをしたり、ペットとじゃれあったりするのも効果的とされています。

そうした『密』な時間を過ごすことで、オキシトシンの分泌は促されます。

オキシトシンはこうして作用する

作用

脳から分泌された、あるいは鼻から取り入れられたオキシトシンは、血液を介して体中の『受容体』に運ばれます。そしてその受容体でオキシトシンを受け取って、初めて体や心に反応が出ます。

また、オキシトシンは妊婦さんの『陣痛促進剤』として古くから医療機関で使われてきました。

スプレーの効果

スプレー

amazonなどでは、オキシトシンのスプレーが販売されています。これは鼻から吸収して使用します。

実際に専門機関では点鼻スプレーを使用し (市販されているものとは異なります)、行動や症状に変化が現れたとの実験結果もありますが、市販のスプレーの効果は「今ひとつだった」とのレビューが多いようです。

『摂取したらとにかく幸せ気分に浸れる』という『魔法の薬』ような効果を期待している人も多いと思うのですが、市販のものではそこまでの効果は得られないようです。

おわりに

以上、オキシトシンについて解説してきましたが、いかがでしたか?

  • 短い時間でも会える日は会う
  • ハグなどのコミュニケーションを増やす
  • 手をつないで歩く
  • 沢山会話をする

これらのコミュニケーションを心がけることで、オキシトシンの分泌を促進することができます。ぜひ、生活に取り入れてみてくださいね。

いつもあたたかい応援、ありがとうございます。
あなたの恋が上手く進みますように……☆