ココナッツオイルの効果

山積みココナッツ

雑誌やテレビなど、様々なメディアで取り上げられているココナッツオイル。最近では取り扱っている店舗も随分と増えました。

とはいえ「いざ買ったはいいけれど、なかなか使いきれない」と悩んでいる人も多いはず。

今回は「ココナッツオイルの5つの使用法」を紹介します。

ココナッツオイルの5つの使用法

【1】飲み物に混ぜる

飲み物

一番簡単なのは、飲み物に混ぜて摂取することです。

コーヒーや紅茶に混ぜると、ココナッツの甘い香りがよいアクセントになります。ミランダ•カーさんは緑茶にいれているそうですよ。

【2】油の変わりにする

油

料理を作るときに、油の代わりに使用します。

パンケーキや、バナナやリンゴを焼くのに使っても美味しいですよ。簡単に『ココナッツフレーバー』のスイーツが完成します。

【3】肌に塗る

顔に塗る

ココナッツオイルには、紫外線を20%程度カットする効果があります。

また、保湿効果も高いので、乳液の代わりに肌に塗るのもオススメです。おまけに炎症を押さえたり、抗菌作用もあるので、日焼け後のケアとしても使うことができます。

【4】髪に塗る

ヘッドスパ

肌だけではなく、髪に塗るのもおすすめです。

前途の通り、保湿や紫外線をカットする効果が期待できるので、お出かけ前に塗っておけば髪が傷むのを防ぐことができます。

【5】口に含んでうがい

うがい

抗菌作用のあるココナッツオイルは、歯周病や虫歯の予防にも役立ちます。

また、口に含んでクチュクチュとうがいをすることで、口回りの筋肉を動かし、法令線の予防にもなるとのこと。

うがい後のオイルは洗面台のつまりの原因になるので、ティッシュなどに吐き出して、ゴミ箱に捨てましょう。

ココナッツオイルに飽きてきたら……

以上5つの使用法を紹介しましたがいかがでしたか?

使い道に困ったり、飽きて来たときこそ、新しい使い方を発見するチャンスです。
あなたに合った素敵な使用法を探してみてください。

ちなみに私は、最近ではリップクリームの代わりに使用しています。

いつもあたたかい応援、ありがとうございます。
あなたの毎日が、いまよりももっと輝きますように……☆