恋愛がうまくいかない女性

不幸な恋愛

  • 彼氏ができてもいつもフラれてしまう
  • 彼氏にいつも浮気をされてしまう
  • 最初は普通だった彼氏が付き合ったらDV男になった

あなたの周りにも、そんな女性が1人か2人くらいはいるのではないでしょうか。あるいは、自分自身に思い当たるフシがある……そんな女性もいるかもしれません。

「なぜだかいつも悪い男ばかりに引っかかってしまう」

そんな女性のことを一般的には『男運がない』という言い方をします。

しかし実はほとんどの場合、そんな女性達には『ある共通点』があるのだということをあなたはご存知でしょうか?

今回は『不幸な恋愛を繰り返してしまう女性の8つの特徴』を紹介します。

不幸な恋愛を繰り返してしまう女性の8つの特徴

【1】自意識が低い

自己評価が低い

  • 自分の意見に自信がない
  • いつも悪いことをしているように感じる
  • 一緒にいる人に申し訳なさを感じる

こうした「自意識の低さ」は、最も不幸な恋愛につながりやすい要因です。自分を卑下することで、自ら相手より「下」に立場に立ってしまい、対等な関係が築けなくなってしまうからです。

自分に自信を持つことは、幸せな恋愛をするための最初のステップです。少しずつでも、自分に自信を持つように心がけましょう。

【2】他力本願な部分がある

人任せ

  • なんとなく成り行き任せ
  • 決断は他人任せ
  • 「どっちでもいいよ」が口癖

不幸な恋愛を繰り替えしてしまう女性には、そんな傾向があります。一見、優しい人のようにも思えますが、これは同時に無責任な行動でもあります。

なぜなら「どっちでもいいよ」という言葉は、あなたの『未来』を他人に委ねる行為だからです。思いやりを持つことは大切ですが、自分の未来を相手に任せることと『相手の意見を尊重すること』は違います。

あなたの未来は、あなたの『選択』によって作られていくのだということを意識してみましょう。小さなことでも、積極的に決断し、意見をいうように心がけてみてください。

『主』『従』の関係ではなく、お互いに尊重しあう対等な関係であるためには、これはとても大切なことです。

【3】疑わない

騙す

あなたは、他人に言われたことをそのまま鵜呑みにしてしまってはいませんか?

素直なのは良いことですが、人の意見や、自分の身の回りの出来事に対して疑問を持つことも大切です。

例えば、あなたに言い寄ってくる男性が「一生懸命節約しているんだけど、お金がたまらないんだ」と言っていたとします。そんなとき、その言葉をただ鵜呑みにしてしまうのではなく、「何か理由があるはずだ」と一度疑ってみましょう。

一人で考えても理由が出てこないのであれば、女友達に相談してみるのも良いと思います。

残念ながら、世の中は良い人ばかりではありません。人を騙して生きる『悪い男』もいるのだということ。そしてそういう人は意外と多いのだということを、頭の片隅においておくことも『自分の身を守る』という意味では大切です。

【4】我慢強い

我慢強い

男運のない女性には、我慢強く、打たれ強い人が多いです。

浮気をされても、暴力を振るわれても、我慢ができてしまう。あるいは、「自分が悪いのだ」とその状況を受け入れてしまう。

そこで相手の男性が、何かを理由に考えを改め、反省し、更生してくれれば良いのですが、そんな奇跡はそうそう簡単には起こりません。

あなたが我慢して相手の男性からの「理不尽な扱い」を受け入れることで、男性はあなたをますます「下」に見てしまい、行動をエスカレートさせてしまうからです。

そしてあなたも、我慢を続けるうちにその状況にどんどん慣れていってしまいます。

「まだ我慢できる」からといって、限界まで耐える必要はどこにもありません。小さなことであれ、嫌なものは嫌だし、辛いものは辛いはずです。

大切なのは我慢することではなく、状況を改善することなのだと心がけましょう。

【5】情にもろい

情

相手から離れようと思っても、「お前しかいない」などと泣かれてしまうと、離れられなくなってしまう。「この人には自分しかいない」「自分が見捨てたらこの人はダメになってしまう」などと情がわき、相手との関係をズルズルと続けてしまう女性もいます。

もし、本当に相手を愛していて、相手もまたあなたのことを本当に愛しているのであれば、関係を続けるのも良いと思います。相手があなたのことを傷つけずにすむように、二人で努力をしてください。

DVや暴言は、カウンセリングなどで改善する場合もあります。また、あなたも普段の行動を変えることで、相手の行動も変わるかもしれません。

しかし、もしも「その場だけの涙」に流されてしまって関係を続けているだけなのであれば、切り捨てる強さを持つことも大切です。結果的に、それはお互いのためになります。

【6】流されやすい

多数決

  • 雰囲気に流されやすい
  • 二次会で「帰る」となかなか言い出せない
  • 大勢の人が歩いている方向になんとなく進んでしまう

そんな流されやすい女性も、不幸な恋愛を繰り返しやすいので気をつける必要があります。

大勢の人が普通だと言っているからといって、それが必ずしも正しいとは限りません。たとえ「空気が読めない」と言われても、あなたが「無駄だ」と感じるものや「嫌だ」と感じるものに、無理してお金を払ったり、無理に同意する必要はありません。

「いい人」でいることは、ときにあなたの心を苦しめてしまいます。

【7】弱く見える

か弱い

実は、悪い男ばかりに引っかかってしまう女性は、男性からモテる人が多いです。

  • 「どことなくか弱い感じ」を醸し出している
  • 男性がいないと生きて行けなさそうな雰囲気がある

こういうタイプの女性は、「守ってあげたい」と男心を刺激すると同時に、男性から下に見られてしまいがちだからです。ときには意識して『強い自分』を見せることも大切です。

……ちなみに、このタイプの女性は、出産して「守るべきもの」ができたときや、自分の大切なものを傷つけられたときに覚醒・豹変する場合があります。

【8】細かいことを気にしない

大雑把

「どうしてその男にしたの?」という男を連れてきたり。「いくらなんでもそれはないでしょ」とツッコミたくなる男を紹介してきたり。

不幸な恋愛を繰り返してしまう女性には、「どっからどう見ても悪そうな男」が、なぜだか王子様に見えてしまうことも少なくありません。

多くの場合、見る目のない女性というのは、自分の中にある『警報』に鈍感です。

「なんか変だな」と思っても、気にせずに進んでしまう。「ちょっとおかしいな」と思っても大丈夫だと思ってしまう。「凄く変かもしれない」と思っても、こうゆうものかと納得してしまう。

そんな女性は、勢いで突っ走ることを控え、小さな違和感や感覚を大切にするようにするようにしましょう。

自分が平気だと思っていても「周りの女友達がなぜかやたらと反対する」のであれば、それも無下にするのではなく、「ちょっとなにかがおかしいな」と、きちんと『警告』として受け止める。

自分の感覚に敏感になると、自ら罠に飛び込むようなことも少なくなります。

おわりに

以上8つの特徴を紹介しましたが、いかがでしたか?

『男運が悪い』と感じお祓いや占いに行った経験がある人もいるかもしれません。そんな人こそ、ぜひ今回紹介した8つのことを改善してみてください。

そして、日常生活の中で「決断」をする習慣をつけてみてください。たとえば、レストランでメニューを選ぶときも、「相手がこれを選んだからこっち」というのではなく、自分で積極的に選んで、決める。

自分の感覚と自分の意見で選び、決断し、行動する。

すると、自分の心の感覚に敏感になります。周りの人に流されることが減ります。物事をよくみるようになります。

決断する習慣は、今回紹介した8つのことを改善するのに役立ちます。

少しずつチャレンジして、生活に取り入れてみてください。きっと、少しずつ生活にも変化が現れますよ。

いつも温かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋が幸せなものになりますように……☆