気になる人ができたとき

好きな人へはちょっかいを出そう

あの子……最近、よく話しかけてくるよなぁ。
なんか目もよく会うし……。もしかして、俺の事好きなのかな?

そう思わせる事が出来た時。
あなたは彼の恋人候補にノミネートされることになります。

そしてそのためにはこちらから『ちょっかいを出すこと』がとても大切。今回はその理由を解説します。

『ちょっかいを出す』というのが恋愛においてとても大切な理由

人は多くのものには『無関心』

無関心

今日までの間に、あなたは様々な体験をしてきたと思います。そして沢山の人とすれ違ったり接したと思います。

その中で、あなたが興味や関心を抱いたものはどのくらいあったでしょうか?

人間は日頃さまざまなものと接していますが、そのほとんどのものはただ『目に入るだけ』で重要な情報としては認識されないまま、『不必要な情報』として過去のものになってしまいます。

では、どういうものなら記憶に残るのか。それはこちらから興味を持ったものか、もしくは向こうから自分に興味を示して近づいていたものです。

人は『自分のことが好きな人』に好意を抱く

自分を好きな人が好き

相手がこちらに無関心の場合。「いくらこちらから近づいても意味がないじゃないか」と思うかもしれません。しかし、実はそうではないのです。

というのも、人間は『自分に好意を示してくれる人』に好意を抱く生き物だから。(関連記事:覚えておいて損はない7つの恋愛心理とその応用テクニック 【7】好意の返報性

こちらから近づき、好意を示すこと。それによって、相手にも好意を抱いてもらうことが可能なのです。

最初は「好き」は伝えない

最初は「好き」は伝えない

いかがでしたか?

超絶美人とそこそこ可愛い女の子が立っていたら、おそらくほとんどの男性は超絶美人に目線を奪われるでしょう。

しかし、超絶美人と自分に向かって手を振っているそこそこかわいい女の子が立っていたら、どちらを見るでしょうか?

そうです、ほとんどの男性は自分に手を振っているそこそこ可愛い女の子に関心が向くはずです。だって、自分に向かって手を振っているんですから。

とはいえ、よく知らない女性からいきなり「好きです」と告白されたらやはり驚くし、重く感じてしまいます。

最初のうちは、恋愛的な好意を伝えるのではなく『人としての好意』を伝えるようにしましょう。

  • 笑顔で挨拶をする
  • 彼が取り組んでいることを応援する
  • 褒める
  • 共感する

これらの行為はシンプルですが『あなたに良い印象を抱いています』というのを伝えるのに有効です。

気になる彼が出来たら、是非「見ているだけ」ではなく、アクションを起こしてみて下さいね☆

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋がうまく行きますように……☆