モテたいにゃ

モテる人の共通点

「モテたい」
誰だって、そんな風に考えたことがあるはず。

「モテたい!だけど、どうにも上手くいかない!
顔や性格、ステータスだってそこそこのはずなのに…やっぱりモテるには何かずば抜けたモノがないとダメなのだろうか?」

もし、あなたが今まさにそんな風に思っていたとしたら…チャンスです。
あなたは、今日からモテモテになるかもしれません。

思い出しみてください。
あなたの周りにも「不思議とモテる人」がいるのではないでしょうか?
特にずば抜けて外見が良い訳でもないのに、常に恋愛の噂が途切れない…いつも異性の影がチラついている人。

実はそんな「モテる人」には、男女ともにある特徴があるのをご存知でしょうか?

恋人気分にさせる特別扱い

彼らが意識してか無意識にか使っている、究極とも言える「モテ」のテクニック。
それが「恋人扱い」

モテる人というのは、意識してか無意識か、ときに他人を恋人のように扱います。

例えば、落ち込んでいる女の子の頭をポンポンとしたり、ご飯を食べた後に家まで送ったり。
「風邪を引いた時に「大丈夫?」と優しく声をかけられて、惚れた。」なんて男性からの声もあります。

異性に対しての「特別扱い」も、実は「恋人扱い」なんです。

相手の意識に「付き合った跡の光景」を想像させること。
これが出来ると、モテの度合いは大分上がってきます。
「この人と付き合ったら、こんな風なのかな…」と想像させることで、相手はその行動に向かいやすくなるのです。

モテる人というのは、男女ともにコレがとても上手。

逆に、どんなに美人でスタイルが良くても、どんなにイケメンで収入があっても、この「付き合ったら…」を想像させることが出来なければ、「モテ」にはつながりません。

ルックスやステータスがずば抜けている人間は、それだけで異性に「あの人と付き合ったら…」と想像させていますが、それでも直接的なコミュニケーションからの想像は、その威力を遥かに上回ります。
ボディタッチなんて、いわばその究極。

もし、モテたいのであれば異性と接するときに「この人は自分の恋人なのだ」と思って接してみてください。
もちろん、だからって手を出して良いという訳ではありませんよ(^^;)

きっと、相手はあなたとの付き合いを想像するようになるはず。

もちろん、そこで逆に距離を置かれてしまうこともあるかもしれません。
でも、それならそれで次に進めば良いだけのこと。

モテる人というのは、異性に不自由しない分見切りも早いものです。

あなたの恋が、上手く行きますように…☆

このエントリーをはてなブックマークに追加