メンヘラ女子。
a0001_017432.jpg

女の子には生理前など、ホルモンの関係でどうしても情緒不安定な時もあります。
妊娠中なども、ヒステリックになってしまったりしますよね。

しかし、最近多くの男性を悩ませているメンヘラ女子。
以前★こんな女は要注意!?メンヘラ系女子の6つの特徴という記事を書いたのですが、「分かる」という意見を多くいただいたので、今回はその続編です。

メンヘラ女子の口癖10選とその本心

その1 「あの子のほうが好きなんでしょ?」

翻訳→私にもっと愛を表現して!伝えて!

メンヘラ彼女を持つ男性の99%が言われているこの台詞。
「そんなことないよ。お前が一番に決まってるだろ」と言って抱きしめるのがベストアンサー。

その2 「もう嫌」

翻訳→私はこんなに頑張ってるのに。どうして?

なかなか結果が出ない、頑張りが認められないと感じている場合に出てくるこの言葉。
「○○が頑張ってるの、俺は知ってるよ。」「頑張ってるから、そう思っちゃうよね。」がベストアンサー。

その3 「死にたい」

翻訳→死にたいくらい辛いの!優しくして!

これ…言われたほうは困るんですよね。でも、彼女達の辛さも本物。
「そんなこと言わないで。俺、○○のこと大好きだよ?死んじゃったら悲しいよ?」がベストアンサー。

もしもあなたに原因がある(とメンヘラ女子が言っている)場合は、「辛い思いさせてごめんね」がベストです。

その4 「鬱なの」

翻訳→だから、優しくして。

「そんなこと言われても…」という気持ちをぐっとこらえて。
「○○は優しいから、そうなっちゃうんだね」がベストアンサー。「頑張り屋さんだからね」などでも応用可。

その5 「帰りたい」

翻訳→あなたの力で楽しませて!もっと!構って!

職場などで聞かれることが多いこの台詞。
「みんなそう思ってるけど、言わないんだよ!」なんて間違っても言っちゃダメ。

「じゃあなんか楽しいことする?」など、とにかく構ってあげると良いでしょう。

その6 「だるい」

翻訳→なんとかして。あなたが。

これも、基本的には「認められない不満」からくる言葉である場合が多いです。
「頑張ってるね」「凄い」「偉い」などが良いでしょう。

シチュエーションによっては「ありがとう」と感謝を伝えるのがベストアンサーです。

その7 「疲れた」

翻訳→頑張ったの!だからもっと褒めて!

人が「疲れた」と相手に伝える場合、ほとんどの場合はねぎらいの言葉を欲しがっています。
メンヘラの場合、その頻度がちょっと多いだけ。
他人への依存心が高いゆえの症状です。

「頑張ったね」「お疲れ様」などがベストアンサーです。

その8 「分かってくれない」

翻訳→私のこと、理解して欲しい。

自分が人に理解されていないと感じる場合、ほとんどの場合は自分に原因があります。ですがここで、「それはお前が悪いよ」なんて言ってはダメ。

「俺は理解したい。だから、話して?」などがベストアンサー。
自信があるのなら「俺は、分かってるよ?」でも可能。

その9 傷ついた

翻訳→謝って!癒して!私は悪くない!

これを言われたら、とにかく謝りましょう。「めんどくさい…」という心はぐっと飲み込んで。
メンヘラ女子は他人への依存度が強いゆえ、一度懐に入ってしまえば簡単にベッドインできます。

彼女であれば、おそらく献身的にあなたにつくしてくれるでしょう。

「ごめん、傷つけるつもりはなかったんだ。俺は君のこと、凄く大切に思ってる。」がベストアンサー。

いかがでしょうか。
自分にもメンヘラ系女子の傾向があるな…と感じる場合、ここでのベストアンサーを自分にやってみるといいですよ。

例えば、「もう嫌」と思ったときには自分を褒める。認める。
口にだして言ってみましょう。それだけで、心が楽になりますよ。

「メンヘラ」という言葉がいつから使われるようになったのかは分かりませんが、世の中の女の子はみんな、どこかしら「メンヘラ」的な要素を持っているものだと思います。
でも、結果としてそれが周りの人を傷つけてしまうのであれば、やっぱりそれは直さなくてはいけません。

もし、職場にメンヘラ系女子がいる場合は…なるべく距離をおきましょう。
そもそも関わらなければ苦労しません。

あるいは、そんな相手にイラっとしてしまった時は、「自分にも余裕がないのだ」と考えると自分の成長にもつながります。

そして、メンヘラ女子と付き合っている世の男性。

褒める、認める、愛情表現する。この三つで、大分症状は緩和されるはずです。
抱きしめる、頭を撫でる、愛を伝えるなど、コミュニケーションは積極的に。

…そして、くれぐれも無理はしないでくださいね。

あなたにも早く素敵な恋が訪れますように…☆

このエントリーをはてなブックマークに追加