メールを長続きさせることは難しい

メールを長続きさせる

好きな人とアドレス交換したとき。

「よし!このままメールを長続きさせて距離を縮めよう!」と考えた経験がある人も多いと思います。

しかし、実はこれはとても危険なこと。

今回は『メールを長続きさせるよりも、さっさとデートの約束を取り付けてしまった方が良い理由』について解説します。

メールはすれ違いを招きやすい

人間は、どちらかというとネガティブに物事を考えてしまう傾向にあります。

顔を合わせての会話と違い、メールでのやりとりはすれ違いを招きやすいです。例えばこんなもの。

  • 返信がなかなか来ない……嫌われてしまったのだろうか?
  • いつもより文章が短い……めんどくさいと思われているのだろうか
  • メールに絵文字がない……もしかして怒っている?

実際はただ忙しいだけだったり、なんの気もなしに送ったメールが相手にあらぬ誤解を与えてしまうというのは、よくある話です。

メールで距離を縮められるのは最初だけ

メールは二人きりでのやりとりなので、普段よりも積極的に好意を伝えることも可能です。

「◯◯さんとメールできて嬉しいです」「◯◯さんって人気者ですよね」などと、相手の心をくすぐるメールを送れば、距離も縮まります。

しかし、実際のところ、そうしたアピールで『間』が持つのは、最初の数回のやりとりだけです。

いくら濃い内容の話をしていたとしても、回数を重ねるごとに、お互いに(とくに男性側が)内容を考えるのが大変になったり、メールを打つのが面倒になってしまうため、『メールでのやりとり』はなんとなく疎遠になってしまいがちなのです。

早めに『次』へ進めてしまう

以上の理由から、メールを『コミュニケーションのメインツール』にしてしまうと恋は成熟しにくくなってしまいます。

メールは、『つなぎ』とと考え、あまりそれに重きをおかずに、さっさと『デートの約束』をしてしまいましょう。

100通のメールのやりとりをするより、1時間顔を合わせておしゃべりしたり、手をつないで街を歩いたほうが、関係は深まります。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたに素敵な彼氏ができますように……☆