怒られるのは嫌だ!

怒っている人との会話

あなたは、誰かに怒られた経験がありますか?

『怒られる』というのはあまりいい気分ではありませんし「なるべく早く解決したい!」と思うのは当然です。

そこで今回は『相手の怒りを最速でおさめる方法』を紹介します。

相手の怒りを最速でおさめる方法

怒っている人にやってはいけない3つの事

th_87d9d9baed9537088590e89e91a952b4_s.jpg

怒りをおさめる方法の前に、まずは『怒っている人にやってはいけない事』を紹介しておきます。それは『謝罪』『言い訳』『逆ギレ』の3つです。理由は以下の通り。

『謝罪』……「とにかく謝って済ませようとしている」と相手に思われてしまいます。『軽卒なやつ』という印象を与えかねないので「ごめんなさい」は必要最小限にしておきましょう。

『言い訳』……正当な理由であれ、しょうもない理由であれ「自己弁護している」と思われてしまいます。

『逆ギレ』……怒りに怒りをぶつけるとどうなるか。喧嘩になります。収集がつかなくなってしまうので、これだけは避けましょう。

相手は話を聞ける状態ではない

th_b3307e8251aa681b7a4d3bba7cc719ca_s.jpg

なぜ『謝罪』や『弁解』も効果がないのでしょうか?

それは、相手が『興奮状態』にあるからです。

なんらかの理由で、感情が爆発してしまい、制御できない。そんな状態のときに、人の話を聞いて、受け入れるというのは無理な話。

すべては火に油を注ぐ結果になってしまうのです。

相手の怒りをおさめる唯一の方法

相手の怒りをおさめる

言い訳もできない。弁解もだめ。じゃあ、何もできないじゃないか!と思うかもしれませんが、実は相手の怒りをおさめる方法が、1つだけあります。

それが『話を聞くこと』です。

謝罪も言い訳もせずに、ただただ話を聞く。そして相手の怒りを理解してあげること。

それによって、相手の怒りの炎は小さくなります。

相手に話を聞いてもらうためには

th_94a13c2d27f512e949bda83f312c7deb_s_20150417095948c8d.jpg

どんなに正当な理由があっても、それが仕方がないことだとしても。
相手の「こんなに嫌な気持ちになったんだ!!!」ということを受け止め、怒りをおさめてあげない限り。

相手はあなたの話を聞いてくれません。言い訳や謝罪は『火に油を注ぐ結果』にしかならないのです。

しかし、きちんと最後まで話を聞き、理解してあげると、相手はあなたの話を聞いてくれるようになります。

興奮がおさまり『人の話を聞ける状態』に戻った相手に対しては、謝罪や弁解も効果を発揮します。

まずは話を聞く。そしてその後に弁解や、必要ならば謝罪。
この原則を忘れないようにしましょう。喧嘩やモメ事を解決するまでのスピードが、大幅に軽減されます。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの毎日がますます充実しますように……☆