体の関係について真剣に考えておく

体だけの関係にならないために

『付き合う前に彼と一夜を共にしてしまった』

そう悩む女性は大勢います。

なぜ悩むかというと、そのあとすぐに告白してくれる男性が少ないからです。

『体の関係になったってことは付き合うってことだよね』と考える女性とは対極に、男性は『こうゆう関係になれたし、別に告白しなくてもいいかも……』などと考えていることも少なくありません。

今回は、告白前に体だけの関係にならないようにする方法を紹介します。

『嫌われたくないから』で誘いに乗らない!

告白前に体の関係になってしまう一番の理由は『男性から誘われたから』です。

しかし、それに応じるのは女性です。なぜ応じてしまうのかというと、相手に嫌われたくないからです。

たしかに、男性も好きな女性から「あんたとなんて絶対無理!ありえない!」と拒絶されたら、傷ついて、その女性のことを嫌いになってしまうかもしれません。

しかし、『あなたに好意はもっているけれど付き合う前にそうゆう関係にはなりたくない』と断られるのであれば、話は別。本気で心を寄せている女性が相手なら、尚更です。

体の関係を断って相手から連絡がこなくなるのであれば、それは相手が体目当てだったか、断り方に問題があったかのどちらかです。

相手にきちんと説明する

告白前にお泊まりに誘われたときには『あなたのことは嫌いではないけれど今はまだお泊まりはダメ』という断り方をすることが大切です。

「◯◯さんとは一緒にいたいけど、付き合う前にそうゆう関係になるのは嫌……」

というような断り方がおすすめです。

ただ断ったのでは男性は「自分のことが嫌いなのか……」と考えてしまうので「付き合う前にそうゆう関係にはなりたくない」ということを、言葉にしてきちんと伝えることも大切です。

男性も、本命の女性には嫌われたくないと思っているので、あなたが『嫌』と言ってるのであれば、無理強いはしないはずです。

逆にここで無理に誘ってくるような相手は体目当てか、付き合ったあともあなたの考えを尊重してくれない可能性が高いので、注意が必要です。

リスクがあることを忘れない

女性側にも『好きな人とお泊まりしたい』という気持ちはあると思います。

しかし、相手に体を許すというのは、それなりにリスクがあることです。

そのことをきちんと理解して、あなた自身が『女性』として、自分を大切にすることを忘れないでください。幸せな恋をするために、それはとても大切なことです。

体で繋ぎとめなければいけないような相手ではなく、あなたのことを愛し、尊敬してくれる人こそ、あなたにとってとても大切な相手になるはずです。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたに素敵な彼氏ができますように……☆