男性が『めんどくさいな』と感じる瞬間

めんどくさいと感じる瞬間

前回の記事では『いい感じ』の状態からバランスを崩しても、タイミングややり方を間違うと、お付き合いに至らず失恋してしまう可能性がある、ということを解説しました。

今回は『いい感じ』のときに『やってはいけないタブー行為』を紹介します。

これをしてしまうと、男性から『めんどくさい』と思われて距離を置かれてしまう可能性があるので、要注意です。

彼女面をしてはいけない

この時期についついやってしまいがちなのは、『すでに彼女になったかのような振る舞い』をしてしまうことです。例えば、以下のような行動がそれにあたります。

  • メールの返事を強要する
  • 行動を把握しようとする
  • 他の女性と会うことを嫌がる

ちなみにこれらの行動は、彼女になった後でも男性に嫌がられる傾向にあります。

ある程度の焼きもちは恋愛のスパイスになりますが、基本的に男性は『束縛』を嫌います。まして、付き合ってもない女性から束縛されると、『めんどくさいな』と感じる男性は多いです。

嫁や婚約者になってもいけない

結婚願望を伝えたり、付き合う前から『将来は子供が何人欲しい』『一軒家に住みたい』などの話をすると、男性は『自分と結婚したいのではなくて、単純に結婚相手が欲しいだけなのか……』と考えてしまいます。

そしてそれは『嫁のATM』『自由のない生活』など、結婚に対するネガティブなイメージを引き起こしてしまいます。

『暖かい家庭』『素敵な奥さんとの楽しい生活』『子供と過ごす愉快な休日』に憧れる男性はもちろんいますが、相手から迫られると引いてしまう男性が多いので注意が必要です。

ママになってもいけない

好きな男性に対して、あれこれ世話を焼いてしまう女性は多いと思います。

女性には『母性本能』というものがあるので、それは仕方がないといえば仕方がないことなのかもしれません。

しかし、男性は女性から子供のように扱われたり、世話を焼かれるのを嫌がります。例えば「爪、切った方がいいよ」「洗濯物、溜め込んでない?」などなど。

男性が好きなのはむしろその逆。頼られたり、甘えられたりして『男』として尊敬されることです。

好きになった男性がおっちょこちょいだったり、多少抜けていたり、天然だったりしても、彼の『ママ』にはならないように注意しましょう。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたに素敵な彼氏ができますように……☆