メールには質問文を入れる

メールにいれる質問文

「好きな人にメールを送るときは、返信をもらうために質問文をいれる」

このテクニックを耳にしたことがある女性は多いのではないでしょうか。

もちろん、これは正解です。メールが苦手な男性でも、メールに質問文が入っていると返信がしやすくなります。

しかし、質問文にも、相手を「キュン」とさせる質問文があれば、「めんどくさいな」と感じさせてしまう質問文もあります。

男性が「返信したい」と思う質問文とは、どのようなものなのでしょうか?

相手が関心を持っていることを尋ねる

スポーツ好きの男性に「○○くんはどんな花が好きなの?」と尋ねても、それは相手にとって答えやすい質問文ではありません。

彼がサッカー好きならば「○○くんはどのチームが好きなの?」と質問する。あるいはアニメ好きなら「最近オススメのアニメは?」と尋ねる。

相手が関心を持っていることを質問することで、答えやすいのはもちろん。「気が合いそう」「自分に関心を持ってくれている」と感じてもらうことができます。

お願いする

質問をするときに、可能ならばお願いする形をとりましょう。

例えば「最近オススメのアニメは?」と尋ねる場合には、「最近オススメのアニメがあったら教えて欲しいな」とお願いする。「サッカー好きなの?」と聞くよりも「サッカーに興味があるから、今度ルールを教えて欲しいな」とお願いする。

そうすることで、男性は「頼られている」と感じます。また『自分の好きなことを話せる相手』が出来たことに、喜びを感じる男性も多いです。

ついでに褒める

質問をするときに、少し工夫して『褒め言葉』を加えましょう。

「○○君って運動神経いいんだね!何か部活をやっていたの?」「○○君って子供や動物に好かれそうだよね。動物好き?」

こんな具合です。
ただ「部活やってた?」「動物好き?」と尋ねるより、ずっと効果的です。

メールを作成するときには『ただの質問文』ではなく『相手をキュンとさせる質問文』をいれるように心がけましょう。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたに素敵な彼氏ができますように……☆