相手に親近感を抱かせるメール

相手に親近感を抱いてもらう

前回の記事で、メールには相手をキュンをさせる質問文をいれることが大切と解説しました。

今回は、さらに相手との距離を縮めるメールテクニックを紹介します。

相手に親近感を抱かせるメールとは、一体どのようなものなのでしょうか?

文を真似する

相手に親近感を抱いてもらう簡単な方法は、『真似をすること』です。

まずは文や言葉を真似することから始めましょう。

例えば、相手が『携帯』を『ケータイ』と表記するなら、あなたも真似する。『そぅだょね』などと可愛らしい仮名小文字を使うのであれば、あなたも真似する。

それによって『自分と同じタイプの人間だ』という気持ちを抱いてもらうことができます。

絵文字や顔文字を真似する

文章だけではなく、絵文字や顔文字、あるいはlineのスタンプなども真似してみましょう。

あまりやりすぎて『あきらかに真似してる』と思われてしまうと逆効果なので、例えば相手が『動物系の絵文字』を使うなら、あなたも動物系の絵文字を。

絵文字ではなくて顔文字を使うなら顔文字を……という具合に、雰囲気を合わせることがオススメです。

返信のタイミングを真似する

例えば、相手がいつも3〜4時間後にメールの返信をくれるのに、あなたがメールを受け取って30秒後に返信してしまうような状態だと、相手にせわしない印象を与えてしまいます。

メールの内容だけではなく、返信のタイミングも相手に合わましょう。「やりとりしていて心地よい」「なんとなくテンポが合うな」と感じてもらうことができます。

そのうち、『朝返信して、夕方に相手から返信がくる』などという具合に二人のリズムが出来てくるはずです。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたに素敵な彼氏ができますように……☆