以前紹介した、

 シミやソバカスが「かさぶた」のようにポロッととれるカソーダ

 

 なんですが、

 自作する方法があるの、ご存知でしょうか?

 ※この方法は、drawrysikinの体験談です。
 
  人によって合う、合わないがあります。

  何かあっても、責任は追えませんので、

  試してみる際は自己責任でお願いします。

 カソーダの原材料は、

 重曹とひまし油。

 ひまし油は「神の薬」と呼ばれるほどの万能薬ですし、

 重曹はといえばお風呂に入れればお肌がツヤツヤになる、

 歯磨きに混ぜればホワイトニング効果がある…

 しかも、キッチンの掃除などにも使える、こちらもまさに万能薬。

 この二つを混ぜると…たしかに、なんだか凄い事になりそうです。

 魔法の薬の作り方

 用意するもの:ひまし油(無香料)

        重曹(出来れば手作り化粧品用)
 
        ※両方とも、なるべく余計な成分が入っていないものにしましょう。

 drawrysikinが使ったのはこれと全く同じものです。(下記のものは楽天のリンク)

 

 重曹はこちら

 

 ちなみに、両方ともこの「生活の木」という店で購入したのですが、

 ロフトやデパートなどを結構歩いて回りましたが、

 この店以外には取り扱っていませんでした。

  

      
 作り方:重曹とひまし油を:2:1の割合で混ぜるだけ。

 (※drawrysikinはこの割合でやりましたが、

 人によって丁度いい割合は違うと思います。)

 それを寝る前にお肌に「チョン」と爪楊枝で乗せて、寝る…

 それを2週間ほど続けていたら、本当にそばかすがかさぶたのようになってきました。

 跡に残ったらいやなので、焦らず、慎重に、さらに続けること一週間…

 ついに、そのそばかすが「ポロ!」っと取れてしまいました。

 

 ちなみに、寝る前ではなく日中も塗っておいたり、

 寝ている間に取れてしまわないようにガーゼを張っておく…など、方法は様々です。

 ですが、

 なにより大切なのは自分の肌の状態を見ながら進めて行く事。

 綺麗になりたくてはじめたこの方法で肌が荒れてしまっては意味がありません。

 

 最初のうちは、

 腕や脚など目立たないところでパッチテストをやってみてくださいね。

 drawrysikinは、最初は腕のホクロに試してみたのですが、

 こちらは根が深いのか、何も変わりませんでした(笑)

 ですが、

 今日から2つ目のそばかすに取りかかります♪

このエントリーをはてなブックマークに追加